風流 江戸の蕎麦―食う、描く、詠む (中公新書)

  • 13人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 鈴木健一
  • 中央公論新社 (2010年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020741

風流 江戸の蕎麦―食う、描く、詠む (中公新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

風流 江戸の蕎麦―食う、描く、詠む (中公新書)の作品紹介

忠臣蔵の四十七士が討ち入り前に集合したのはうどん屋だったのか、蕎麦屋だったのか?日本における蕎麦の歴史は古く、縄文時代にさかのぼるが、現在の私たちが知る蕎麦(蕎麦切り)が広く食されるようになったのは江戸時代初期。うどんに替わって江戸の町に定着したのは十八世紀中頃、明和・安永以後である。蕎麦が江戸の人々にとって欠かすことのできない食べ物になっていく様子を、川柳、歌舞伎、落語などから愉しくさぐる。

風流 江戸の蕎麦―食う、描く、詠む (中公新書)はこんな本です

ツイートする