チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)

  • 517人登録
  • 3.59評価
    • (21)
    • (45)
    • (44)
    • (9)
    • (3)
  • 75レビュー
著者 : 武田尚子
  • 中央公論新社 (2010年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三島 由紀夫
シーナ・アイエン...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 国立科学博物館の「チョコレート展」が面白かったので読んでみた。中米の神々の食べ物から大西洋三角貿易でヨーロッパへ渡り、宮廷の飲みものから庶民のココア、チョコレートになるまでは、チョコレート展とほぼ同じ内容。イギリスのチョコレートの大衆化、産業化がクエーカー教徒によってなされた部分が詳しく書かれている。特に、キットカットのロウントリー社の歴史は、興味深い。19世紀から従業員の福祉制度を重視し、社会の貧困問題にも関心を持っていたとのはなしには驚いた。「近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石」とのサブタイトルどおりの内容で、チョコレート展で得た知識の整理と新たな情報により満足度が高い。

  • かつて苦い「薬」だったココアが、ヨーロッパにわたり砂糖と混ざり合いチョコレートとして「スイーツ」となるまでの歴史を描く。カカオの歴史から奴隷貿易、産業革命、経済のグローバル化を読み解く構成になっており、チョコという身近な存在から世界史を理解するという意味で良書といってよいだろう。

    今の職場との関係で興味深かったのは、チョコレート工場の大手だったロウントリー社の経営に、20世紀前半、産業心理学が導入されたこと。「(社長である)シーボーム・ロウントリーが産業心理学部門設置を強く望んだ根底には、ベルトコンベヤーで機械にコントロールされて働く労働者ではなく、自分のなすべきことを自主的に達成できる、「人間的」な労働者に成長してほしいという願いがあった」(p.146)という。労働問題がチョコレートの歴史にからまっているというのは、非常に面白く印象的な話だった。

  • コンパクトによくまとまっている。ただ、多少はイギリスの歴史が分かっていないとつらいかも。
    カカオ、ココア、チョコレートを縦軸に、植民地経済、世界システムが形成され、工業国家、福祉国家に変遷していく様子がよく分かった。

  • ヨーロッパ諸国の歴史にはチョコレートが関係していた。黒人奴隷の廃止、保護貿易から自由貿易への転換、名誉革命。チョコレートと歴史の思いがけない接点がいくつも書かれている。世界史、地理に詳しい人はより楽しんで読めそう。

  • なぜか意外と知っていたチョコレートの歴史。とは言えもちろん、初めて知ることもちらほら。
    お茶とコーヒーとチョコレートってほぼ同時期にヨーロッパに入って来たんだけど、他の2つよりはいまいち席巻しなかったんだよね。そのあたりの関係も整理できて、ちょいとすっきり。

    最近『〇〇の世界史』を何冊か読んで、歴史の面白さを再認識。ある出来事が、ある事象に思いがけぬ因果をもたらしていた、と喝破することが歴史の醍醐味だと個人的には思う。

  • 後半は20世紀前半の福祉中心の話とキットカットの話になる。高級チョコより、労働生産物としてイギリスのチョコ史を見れて面白い。ただ、チョコの世界史というかイギリス史なのは留意点、

  • カカオは原産地の中米では飲み物であると同時に薬品であり、貨幣にもなった。ヨーロッパに到来したときも、この珍貴な実の食用について激論が交わされたが、一九世紀にはココアパウダーや固形チョコレートが発明・改良され、爆発的に普及する。イギリスの小さな食料品店だったロウントリー家もまた、近代的なチョコレート工場を作り、キットカットを開発、世界に販路を拡大するが…。ヨーロッパ近代を支えたお菓子の通史。

    ココアとチョコレートの誕生から現代に至るまでの歴史が丁寧にわかりやすく語られます。知っているようで知らない、カカオのこと、ココアとチョコレートの違いなどの知識に触れるとともに、チョコレートが歴史にどうかかわってきたか、どう歴史を変えてきたかを知って驚くことも多かったです。以前読んだ『砂糖の世界史』とも共通する奴隷貿易などの問題や、チョコレート工場の巨大化にともない企業の在り方、労働環境がどう変化していったかについても深い内容でした。特にキットカットを生み出したロウントリー社(現在はネスレ社に吸収)については紙面も多くさかれて読み応え十分です。いつも見慣れた赤いキットカットが戦時中に姿を消して、原材料が不十分なキットカットを「青いキットカット」として作らざるを得なかったロウントリー社の苦悩のくだりには感銘するものがありました。

  • チョコレートを通して近代を見つめることができる。

    カカオを含む三角貿易。カカオにまつわる宗教。チョコレートの誕生から産業革命をへて大量生産へ。チョコレート販売のマーケティング。戦争時の食料事情。そして、現在の菓子会社の合併とグローバル化へ。

    チョコレートを核として、世界史や経済学、経営学で学んだことを思い出していく。学んだことがチョコレートに結びついていく感覚がとても楽しい。

  • 褐色の宝石は世界を魅了した!?
    読み終えたら、青いキットカットが食べたくなる!!

  • “薬としてのココア”から“スイーツとしてのチョコレート”への変遷。前に読んだコーヒーの歴史と重なる部分も多く面白かった。特に4章以降のイギリスのチョコレート工場の話が興味深い。クエーカー教徒が運営する、労働者を大切にするチョコレート工場。かつてカカオ生産の現場でインディオや黒人奴隷を使い捨てたのとは対照的だ。福利厚生を充実させることで、労働力を再生産する。青いパッケージのキットカットからは、消費者に対する誠実さも感じられる。食品偽装問題が騒がれている昨今の日本でもぜひ見習いたい精神。

  • ページの多くを割いているのが、ロウントリー社が行った貧困・労働環境改善への取組み、キットカット関連の取組みについて。データが豊富で、読み応えのある興味深い内容だった。ココア/チョコレートの基本から歴史までじっくり味わえる良書。次回、チョコレートを買いに行くのが楽しみだ!

  •  中南米原産のカカオ豆から作られるココアとチョコ。西欧は当初いかに受容していったか。どのように変化して世界に広まったか。知るほどにチョコが食べたくなる一冊。
     19世紀以降の話が,イギリスの事例(そのなかでもロウントリー社の例)に偏ってるきらいはあるけど,カカオのたどった歴史がざっくりわかる。16-17世紀にスペインから,砂糖を加え熱くして飲む習慣がヨーロッパ中に広まった。当初は宗教的事情から「カカオは薬か食品か」論争が繰り広げられる。
     カカオ豆の胚乳部分を炒って,すりつぶしたのがカカオマス。それをプレスすると油が分離して,ココアケーキとココアバターが得られる。現在のココアはこのココアケーキからできる。プレスの技術は,1828年にオランダのヴァン・ホーテンが発明。それ以前は長らく油分の多いチョコレート飲料を飲んでいた。
     カカオマスにココアバター・砂糖・ミルクを加えるとチョコレートができる。油分を含むカカオマスにさらに油を加えて,砂糖を溶かし込みやすくしている。ミルクを加える技術は,1876年スイスのネスレらによる。だから固形チョコレートの誕生って,19世紀でだいぶ遅い。
     ヴァン・ホーテンやネスレ以外にも,リンツやキャドバリーやキットカットなど,ココア・チョコレートで有名な固有名詞がいろいろ登場。
     安定で安価な供給が可能になると,ココアもチョコも大衆化し,広告もいろいろ工夫される。ポスターなどの図も豊富に紹介されていて楽しい。有名なキャッチコピー「Have a break, Have a Kit-Kat」は1962年に始まったらしい。50年とは息が長い。
     あと,イギリスのカカオ産業を率いた会社が,いづれもクエーカー教徒の創業者をもつことは興味深い。大衆飲料を酒からココアへ,工場の労働環境を改善,など社会改良を目指す思想が,カカオ産業の成長を後押しした。
     本書では詳しく触れられていなかった,ベルギーなどヨーロッパ大陸のチョコレート産業。イギリスで大量生産チョコレートが確立した後,20世紀に消費の多様化が進んでいくにつれて家内工業的だった非規格品のチョコにも注目が集まる。業界再編も経て,今世界には多様なチョコレートが出回っている。ありがたいことです。

  • 新書の歴史書。

    発祥の地南米大陸での扱いと、大航海時代後の拡散、イギリスでの広がりに焦点を当てる。

    チョコレートメーカーの老舗が社会運動を起こしていたというのは初めて知った。

  • テオブロマ=神の食べ物であるカカオから生まれたココアが、中南米から欧州へ伝わる様は面白い。
    たしかに起源は違えど流れはコーヒー豆に似てる。
    薬品であったココアから、オランダのバンホーテンさんが脂質抜く術を開発し、イギリスではさらに脂質加えて食品のチョコを作ってしまう流れにも感心。

    ただ、そっからはチョコの世界史から離れて、ひたすら現ネスレ傘下・ロウントリー社の福祉制度と、キットカットのマーケティングの変遷。少し退屈に。

    産業資本家になったクエーカーの新種の気質みたいなものも興味深かったが、同様に黒人奴隷の犠牲の上でできあがったココアを喜んで飲む聖職者、それを是認する世の中ってどんなもんだろう、と思った。

  • 本を開くと、むせかえるようなチョコレートの匂い


    などは一切しない。

    しかし、内容はチョコレート一色で、非常に濃いものとなっている。
    カカオ分78%ほどであろうか。

    チョコレートマニアの必読書であろう。

  • 世界史というより、イギリス産業史をチョコレートから垣間見ている感じだ。

    クエーカー教徒が築いたロウントリーの会社が非常に厳格、しかしとても魅力的。この会社からキットカットが生まれたというのは不思議な気がする。

  • カカオ豆は労働集約的な産品。インディオや黒人奴隷を酷使して増産され、ヨーロッパに輸入されて来た。また、その加工にも多くの労力がかかり、産業革命の進行と生産技術の発達は切っても切り離せないものであった。
    一方、チョコレートの需要も、貴族の贅沢品から工場労働者のカロリー補給、子供のおやつへと移り変わるのは社会の変化と無縁ではなかった。

  • だれもが甘い思い出を持つチョコレート。そんなチョコレートの歴史は、近代成立の歴史でもある。本書は、大西洋三角貿易、市民革命、重商主義、マニュファクチュア、戦争と歩んできた世界の歴史を、チョコレートとともに追いかけるという精力的な一冊である。

    ◆本書の目次
    序章:スイーツ・ロード 旅支度
    1章:カカオ・ロードの拡大
    2章:すてきな飲み物ココア
    3章:チョコレートの誕生
    4章:イギリスのココア・ネットワーク
    5章:理想のチョコレート工場
    6章:戦争とチョコレート
    7章:チョコレートのグローバルマーケット
    終章:スイーツと社会

    チョコレートの原料であるカカオは神々の食べ物と言われ、世界各地に広がる間に、飲み物になったり、薬品になったり、貨幣として使われることもあったそうである。チョコレートは原料のカカオ栽培から加工食品の製造まで非常に手間のかかる食べ物である。そして、手間がかかるということは、すわなち労働力を必要とすることを意味する。労働力が投入されるプロセスは大きく分けて「原料生産のプロセス」「加工生産のプロセス」の二つ。そして、その二つのプロセスをつなげる役割を果たしたのが「貿易」であった。

    ◆原料生産のプロセス
    アステカ王国の時代、カカオ生産の労働力はインディオであった。やがてアステカ王国が滅びインディオ人口が減少すると、不足した労働力を補うために、大西洋三角貿易を通して黒人奴隷が移入されるようになったと言う。カカオの生産には「褐色の涙」と称される、実に暗い過去があるのだ。のちに、奴隷貿易は廃止され、貿易の仕組も保護貿易から自由貿易へ変わると、カカオの値段は一気に下がり、これが世界中にチョコレートが広まるきっかけとなった。

    ◆加工生産のプロセス
    かつてポルトガルの宮廷には「チョコラテイロ」という担当官がおり、スペシャリストとして加工を行っていたと言う。17~18世紀になるとカトリック諸国でカカオ豆の摩砕を専門にするココア職人のギルドが形成されてきた。さらに19世紀に入ると、イギリスでキャドバリー家、ロウントリー家というクェーカー教徒の一派が良質なココアを販売して名を馳せ、成長していったそうだ。クェーカー教徒はプロテスタントの一派であるが国教徒に属することができず、弾圧を受けていたため、商業に邁進せざるをえなかったようである。このクェーカー集団が、やがて資本主義的生産体制に移行し、大規模化した工場で大量生産されるようになったと言う。

    ちなみに、ロウントリー社のヒット商品でもあるのが、赤いラッピングペーパーでおなじみの「キットカット」。そのキットカット、過去に青いパッケージで出された時代があるという。第二次世界大戦中のことだ。そのパッケージには「チョコレート製造に使うミルクを充分に入手できないため、平和な時代に召し上がっていただいていたチョコレート・クリスプを、いまは作ることができません。」と書かれていたと言う。青いパッケージには、平和な時代への願いが込められていたのだ。チョコレートの社会的な味わいは、決して甘さだけではないのである。

  • 再読
    主にキットカットの歴史(創業社ロウントリーの社会事業)を軸に、カカオ食品の世界史をたどる。
    チョコレートといえば、フランス、ベルギーじゃ、というのは、また別の話。チョコレート自体の歴史の本ではないが、大航海時代、産業革命、戦前、戦中、前後、近代化、カカオ食品がいかに世界史の流れとともに歩んできたかがよくわかる。

  • イギリス留学経験のある都市社会学の教授が描くチョコレートの世界史。砂糖の歴史と同様に奴隷貿易の過去が暴かれるが、それだけでは終わらない。カカオが薬品だった時代、薬局の化学知識とクエーカー教系の菓子会社の活躍により、カカオは今日のチョコレートに変わる。クエーカー教の奴隷制廃止への貢献、クエーカー系のロウントリー社の労務管理など社会学っぽさを踏まえ、ロウントリー社のキットカット誕生話がクライマックス。戦時中の物資不足を背景に赤と白から青にパッケージ色を変えたこぼれ話は読んで良かった。

  • 近世に奢侈、薬品として欧州に伝わったカカオ。産業革命期を経てそれは商品となり、大戦時における貴重な栄養補給源となっていく。

  • モノ歴史は大好きですがチョコレートは題材として少し弱い。あとがき読むと筆者は社会学者とあって納得。特に後半は世界がグンと広がるような横の広さや抜け感がなく,産業革命以降のイギリスの生活をかいつまみながら自分なりの図式にはめ込んでいく感じで,表題と内容があっていない。個人的にはアフリカのカカオ生産とかにもっと触れてほしかった。

    (面白かったところ)‪
    ◆ココアやチョコレートの作り方。カカオをすりつぶしてドロドロにしたものが「カカオマス」。これをプレスして「ココアバター」と言われる脂肪分を絞り出し,残った固まりが「ココアケーキ」となる。ココアはココアケーキを砕いて粉にしたもの。チョコレートはカカオマスにココアバターと砂糖とミルクを混ぜて固めたもの(ココアバターの代わりに他の脂肪を混ぜて安く仕上げることも)。このように複雑な作り方をするので,チョコレートができたのは19世紀半ばのことだった。それ以前はずっとココアとして飲まれていた。ココアも砂糖が入るようになったのはスペイン人の手によるもので,それ以前は甘くなく,強精剤や薬として飲まれていた。コルテス以後もずっとカカオの加工は薬屋の仕事であった。ココアケーキとココアバターの分離による近代的なココア製造法や,チョコレートの発明も西欧の薬屋によるものだった。

    ◆‪茶やコーヒーなどと同じでココアも初めは上流階級の嗜好品だった。しかし,しだいに市民層にも広まり,やがて砂糖の価格が低下し産業革命の時代に入ると,労働者のエネルギー源(ジャムやビスケット,キャンディなどの大衆化もこれと軌を一にしている)や子ども向けの食べ物として20世紀には定着することになった。「キットカット」の切れ目も,立ち仕事をしている労働者が手軽にエネルギーを補給できるようにするための工夫だった。‬

    ◆キットカットの起源。‪1935年にロウントリーが販売した「チョコレートクリスプ」は,ウエハースをチョコレートでコーティングする画期的な商品だったが,WWⅡ中の物資欠乏で従来のレシピを維持できなくなり,青のラッピングにその旨を記した代用品として「キットカット」と名を変えて売るようになった。戦後もその名が定着し,現在はそう呼ばれている。現在版権はミルクチョコレートを発明したアンリ・ネスレの名を冠したネスレ社が保有している。‬

    ◆‪穀物法・航海法。穀物価格が高止まりすると労働者の生活を圧迫し,賃金が下げられなくなるので,産業資本家はこれらの法令を批判した。‬

    ◆‪イギリス史におけるクエーカー教徒のはたらき。17世紀半ばに出現したプロテスタントの一派であるクエーカー教徒は,‬非国教徒として弾圧されたが,十分の一税の納税を拒否したため農村部を避け,都会に暮らすようになり,また公職から排除されていたために,信者同士の結びつきを強めて産業資本家として成長する者が多かった。穀物法廃止に尽力したブライトもクエーカー教徒だった。「内なる光」を教義とするため,自然治癒やホメオパシーへの関心が高いのも特徴で,そのため薬として扱われていたココアの製造・販売にも大きく関与した。また,社会貢献=ビジネスと見なした彼らは,労働者の生活改善や奴隷貿易の廃止などの人道的運動においても貢献した。

  • 思っていた内容と違って少し難解だった。
    キットカットの元々の会社の、昔なのに福利厚生がちゃんとしていたことに感心した。

  • 序章 スイーツ・ロード 旅支度
    1章 カカオ・ロードの拡大
    2章 すてきな飲み物ココア
    3章 チョコレートの誕生
    4章 イギリスのココア・ネットワーク
    5章 理想のチョコレート工場
    6章 戦争とチョコレート
    7章 チョコレートのグローバル・マーケット
    終章 スイーツと社会

全75件中 1 - 25件を表示

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)に関連する談話室の質問

武田尚子の作品一覧

武田尚子の作品ランキング・新刊情報

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)の作品紹介

カカオは原産地の中米では飲み物であると同時に薬品であり、貨幣にもなった。ヨーロッパに到来したときも、この珍貴な実の食用について激論が交わされたが、一九世紀にはココアパウダーや固形チョコレートが発明・改良され、爆発的に普及する。イギリスの小さな食料品店だったロウントリー家もまた、近代的なチョコレート工場を作り、キットカットを開発、世界に販路を拡大するが…。ヨーロッパ近代を支えたお菓子の通史。

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)はこんな本です

チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)のKindle版

ツイートする