都知事―権力と都政 (中公新書)

  • 145人登録
  • 3.69評価
    • (8)
    • (20)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 佐々木信夫
  • 中央公論新社 (2011年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020901

都知事―権力と都政 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年1月に発行されたわりと新しい本です。
    無知な私としては、第2章「都知事と都政」が都政の歴史を知る上で役に立ちました。
    久しぶりに東京都の政策に触れました。。。たまにはお勉強本を読まなくてはですね。

  • 東京都の行政について、東京都の特徴、都庁の組織、戦後歴代知事の政策、今後の課題等について、網羅的に解説した本。

  • 都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。(2011年刊)
    ・はじめに
    ・第1章 都知事とは何か
    ・第2章 都知事と都政ー戦後六〇年の軌跡
    ・第3章 都議会ー真の立法機関へ
    ・第4章 都庁官僚ー「二〇万人体制」の現在
    ・第5章 都知事と政策決定
    ・第6章 都財政ー常態化する危機
    ・第7章 独自の大都市制度ー都と特別区の関係
    ・第8章 石原都政の大都市経営ー転換を試みた一二年
    ・終 章 大都市東京の行方ー三つの焦点
    ・あとがき

    以前読んだ岩波新書の本と勘違いして購入。読み進めていく内に情報が新しい事に気がつく。
    ネットの書評を読むと、結構評価が高いが、自分としては、それほど感銘も受けなかったし、新鮮味も感じなかった。(あとがきには2003年刊の東京都政と一部類似の部分もあるとしている)

    万事に渡って、完全無欠な政治というものは無いと思うので、著者が過去の都政の功罪を論評するのがどうにも気になる。限られた時間と経営資源(人、物、金)の中では、万人の納得を得る回答は無い。価値観も多様化しており、賛成する人もいれば反対する人もいるのだ。
    その中で、何を優先するのか。本書にも答えがある訳ではない。結局は、有権者と選挙で選ばれた政治家が決めるしかないのだろう。

    制度面での課題や見直しについても言及されているが、現時点では学者の空論に過ぎない。著者は、現在、大阪市の特別顧問を勤めているというが、今後、大阪がどの様になっていくのか、大阪市政を通して、仮説が実証されるところを注視したい。

  •  東京都知事とは東京の行政システムについての入門書。

     戦後の東京都知事の歴史や、副知事や議会、官僚との関係、これからの課題まで幅広い内容が網羅されている。
     読んで知って驚いたこと二つ。一つは東京都は国や他の地方自治体みたいなⅠ種とかⅡ種という区分がないということ。もう一つは地方交付税を唯一もらってない東京都だが決して財政的な余裕がないということ。東京について知らないことだらけだと気づかせてくれる。

     都知事候補は必読の一冊。

  • 題目こそ都知事ではあるが、
    都政について議会や官僚なども含めた仕組みから、
    戦後の都政史、直近の石原都政など広く解説する一冊。
    国との関わりやビジョンの確率など、都知事の影響は強く、
    またその一方でそれらが過去あらゆる面で困難を産んだことから
    都市経営の難しさを感じさせる。
    議会に求められる役割については非常に共感でき、勉強になった。

  • 都知事とは
    歴代の都知事の時代背景と特色
    政策決定パターン
    財政
    東京都と23区の関係
    石原都政
    今後の地方自治における東京都

    さまざまな角度から、過去から今、さらに今後について論じています。
    「東京都政」より分かりやすいかも。


    ざっと流れを把握するにはとても良い一冊でした。

  • 都知事、都行政、都議会について概略が書かれている。普段都民に馴染みの薄い都政についての入門書として適切かもしれない。

  • 表題のとおり、歴代の都知事の政策についての記述が軸となっているが、都財政や特別区制度などにも触れられており、読み応えがあった。都採用試験の対策にも使えるだろう。

  • 財政に余裕があると思っていた東京都。しかし、地方交付税の不交付団体でもあるものの、財政状況は厳しく、歴代の知事も行政改革を断行してきたことが分かる。財政に余裕がない理由として、投資に「選択と集中」がなされてこなかった理由もあるが、東京一極集中と言われるように、他の都市にはない公害問題や渋滞問題、人口過密問題が山積していることが挙げられる。行政サービスの需要の急増により、一人勝ちとされる東京都ですら、財政は厳しい局面を迎えている。この局面を打開するためには、現行の都道府県制度そのものを見直す必要があると筆者は警鐘を鳴らしている。既に大阪都構想や中京都構想が打ち出されているが、筆者は道州制の導入を提言している。
    筆者の描く理想の地方分権型社会についてはあまり紙面が割かれておらず、十分なイメージを持つことはできなかった。しかし、本書では都知事のほか、都議会、都財政、都職員、都の歴史についても詳しく書かれており、地方自治を幅広く知る上での良い参考書となる。また、都の予算規模が韓国に匹敵することや大江戸線の名称を知事が独断で決定したことなど、ちょっとした豆知識も得ることができ、都民以外の人が読んでも為にはなるだろう。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。

    ------------------------------------

    都政の優れた入門書。都政の歴史や、その複雑で巨大な組織をハンドリングする都知事という職、都のさまざまな組織や今後の課題、特別区との問題等々、一般の人にはまったく見えてこない世界をここまで丁寧に描いたのは労作。
    ただ、本作は、石原都知事が二選目の末期であった2010年12月に執筆され、翌月出版されている。現時点では、石原都知事は三選し、2011年3月に東日本大震災が発生した。
    こうした点を踏まえて、本書のアップデート版を出してくれるよう切にお願いする。

全21件中 1 - 10件を表示

佐々木信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

都知事―権力と都政 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都知事―権力と都政 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

都知事―権力と都政 (中公新書)の作品紹介

都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。

都知事―権力と都政 (中公新書)のKindle版

ツイートする