都知事―権力と都政 (中公新書)

  • 144人登録
  • 3.69評価
    • (8)
    • (20)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 佐々木信夫
  • 中央公論新社 (2011年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020901

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

都知事―権力と都政 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 2011年1月に発行されたわりと新しい本です。
    無知な私としては、第2章「都知事と都政」が都政の歴史を知る上で役に立ちました。
    久しぶりに東京都の政策に触れました。。。たまにはお勉強本を読まなくてはですね。

  • 東京都の行政について、東京都の特徴、都庁の組織、戦後歴代知事の政策、今後の課題等について、網羅的に解説した本。

  • 都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。(2011年刊)
    ・はじめに
    ・第1章 都知事とは何か
    ・第2章 都知事と都政ー戦後六〇年の軌跡
    ・第3章 都議会ー真の立法機関へ
    ・第4章 都庁官僚ー「二〇万人体制」の現在
    ・第5章 都知事と政策決定
    ・第6章 都財政ー常態化する危機
    ・第7章 独自の大都市制度ー都と特別区の関係
    ・第8章 石原都政の大都市経営ー転換を試みた一二年
    ・終 章 大都市東京の行方ー三つの焦点
    ・あとがき

    以前読んだ岩波新書の本と勘違いして購入。読み進めていく内に情報が新しい事に気がつく。
    ネットの書評を読むと、結構評価が高いが、自分としては、それほど感銘も受けなかったし、新鮮味も感じなかった。(あとがきには2003年刊の東京都政と一部類似の部分もあるとしている)

    万事に渡って、完全無欠な政治というものは無いと思うので、著者が過去の都政の功罪を論評するのがどうにも気になる。限られた時間と経営資源(人、物、金)の中では、万人の納得を得る回答は無い。価値観も多様化しており、賛成する人もいれば反対する人もいるのだ。
    その中で、何を優先するのか。本書にも答えがある訳ではない。結局は、有権者と選挙で選ばれた政治家が決めるしかないのだろう。

    制度面での課題や見直しについても言及されているが、現時点では学者の空論に過ぎない。著者は、現在、大阪市の特別顧問を勤めているというが、今後、大阪がどの様になっていくのか、大阪市政を通して、仮説が実証されるところを注視したい。

  •  東京都知事とは東京の行政システムについての入門書。

     戦後の東京都知事の歴史や、副知事や議会、官僚との関係、これからの課題まで幅広い内容が網羅されている。
     読んで知って驚いたこと二つ。一つは東京都は国や他の地方自治体みたいなⅠ種とかⅡ種という区分がないということ。もう一つは地方交付税を唯一もらってない東京都だが決して財政的な余裕がないということ。東京について知らないことだらけだと気づかせてくれる。

     都知事候補は必読の一冊。

  • 題目こそ都知事ではあるが、
    都政について議会や官僚なども含めた仕組みから、
    戦後の都政史、直近の石原都政など広く解説する一冊。
    国との関わりやビジョンの確率など、都知事の影響は強く、
    またその一方でそれらが過去あらゆる面で困難を産んだことから
    都市経営の難しさを感じさせる。
    議会に求められる役割については非常に共感でき、勉強になった。

  • 都知事とは
    歴代の都知事の時代背景と特色
    政策決定パターン
    財政
    東京都と23区の関係
    石原都政
    今後の地方自治における東京都

    さまざまな角度から、過去から今、さらに今後について論じています。
    「東京都政」より分かりやすいかも。


    ざっと流れを把握するにはとても良い一冊でした。

  • 都知事、都行政、都議会について概略が書かれている。普段都民に馴染みの薄い都政についての入門書として適切かもしれない。

  • 表題のとおり、歴代の都知事の政策についての記述が軸となっているが、都財政や特別区制度などにも触れられており、読み応えがあった。都採用試験の対策にも使えるだろう。

  • 財政に余裕があると思っていた東京都。しかし、地方交付税の不交付団体でもあるものの、財政状況は厳しく、歴代の知事も行政改革を断行してきたことが分かる。財政に余裕がない理由として、投資に「選択と集中」がなされてこなかった理由もあるが、東京一極集中と言われるように、他の都市にはない公害問題や渋滞問題、人口過密問題が山積していることが挙げられる。行政サービスの需要の急増により、一人勝ちとされる東京都ですら、財政は厳しい局面を迎えている。この局面を打開するためには、現行の都道府県制度そのものを見直す必要があると筆者は警鐘を鳴らしている。既に大阪都構想や中京都構想が打ち出されているが、筆者は道州制の導入を提言している。
    筆者の描く理想の地方分権型社会についてはあまり紙面が割かれておらず、十分なイメージを持つことはできなかった。しかし、本書では都知事のほか、都議会、都財政、都職員、都の歴史についても詳しく書かれており、地方自治を幅広く知る上での良い参考書となる。また、都の予算規模が韓国に匹敵することや大江戸線の名称を知事が独断で決定したことなど、ちょっとした豆知識も得ることができ、都民以外の人が読んでも為にはなるだろう。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。

    ------------------------------------

    都政の優れた入門書。都政の歴史や、その複雑で巨大な組織をハンドリングする都知事という職、都のさまざまな組織や今後の課題、特別区との問題等々、一般の人にはまったく見えてこない世界をここまで丁寧に描いたのは労作。
    ただ、本作は、石原都知事が二選目の末期であった2010年12月に執筆され、翌月出版されている。現時点では、石原都知事は三選し、2011年3月に東日本大震災が発生した。
    こうした点を踏まえて、本書のアップデート版を出してくれるよう切にお願いする。

  • 雑誌の記事レベルの難解さで割りと読みやすい本。
    よく言えば平易。悪く言えば中身は薄い。

    東京都の戦後行政を、
    歴代の都知事とその政策に焦点をあてて解説している。

    議会や官僚との関係、他の府県とは違う特別区制度など
    都政とはなんぞや?に応えてくれます。

    大都市制度のあり方についてもう少し記述が欲しかったので、
    この著者の別の本を探すとします。

  • 題目が「都知事」であるが、「都知事と都政」という題目にした方がよいと感じた。都知事と都政について包括的に扱った本。
    公務員を目指す者として参考になった部分が多い。特に大都市制度に関して日本は立ち遅れているというところは気づかなかった点である。これからグローバル化が進み、さらなる激しい都市間競争が見られることとなろうが、その中で東京がどのようにプレゼンスを発揮すべきか考えないといけない。そう思った。

  • 『都知事』/中公新書/都庁の知事の権力構造や議会、東京都の情勢についてまず解説して、その後に都庁の課題、今の時代の自治体の課題について論じている。勉強にはなるが、構成とか提案が場当たり的(?)な気がした。ま、勉強になりました。

  • 東京都庁出身の学者による書籍
    大阪都構想が注目を浴びている中で参考になる

  •  首相より強い権力者と言われる都知事。そのほか都議会,都庁官僚,都政について。勉強になる。選挙前に読了。都民じゃないんだけどね。
     都知事の権力の源泉は,一千万の有権者に直接選ばれるという正統性。また十二兆円の予算をどう使うか,都知事の裁量権は大きい。身分が安定しており,基本四年の任期が全うできる。国政では全会一致の閣議を要するが都知事は一人で意思決定できる。ただ,都財政は景気の影響をもろに受ける法人二税(法人住民税と法人事業税)に大きく依存しているので,けっこう危ない橋。石原就任前年(98年)から7年間は赤字だったそうだ。
     都知事って,歴代わずか6名しかいないとは知らなかった(戦前は官選の府知事,市長,長官)。安井誠一郎,東龍太郎,美濃部亮吉,鈴木俊一,青島幸男,石原慎太郎。革新都政で有名な美濃部は,天皇機関説で有名な達吉の長男。東以降,都知事が交代する度に政策は左右に振れた。
     都知事の交代は,例外なく前知事の退陣による交代。つまり,前の都知事が立候補しない時に限る。今回の選挙でも,そのジンクスは守られ,歴代都知事は計7名にならなかったわけだ。
     都知事経験者って長生きが多い。東さんは90まで生きたし,美濃部さんは80,鈴木さんは99まで。石原さんは今年79になるが,すごい元気そう。政治家って長生きが多い気がする。中曾根さんなんか今年93歳だし…。
     ていうか,有名人って長生きする人多いよね。レヴィ・ストロース100歳,バートランド・ラッセル97歳,シャガール97歳,白川静96歳,ジョン・ホイーラー96歳,ピカソ91歳,シベリウス91歳…。平均して明らかに庶民より長生きぽい。聖路加病院の日野原さんは今年100歳!

  • 2011年都知事選にあわせて発売され、まんまとその戦略に乗せられ購入、読了。
    色々考えるヒントにはなったが、色々考えた末の個人的な結論は、都知事選に限らない話だが、結局この人になって欲しいと思える人を選ぶことは本当に難しいなと思った。それは、選びたいと思える魅力的な候補者がいないこともあるだろうし、選ぶ側としてもどういう基準で選べばいいかわからなかったりして。
    選ぶ側も選ばれる側も、もっとより良いかたちができていくといいなと。

  • 副題は「権力と都政」~1都知事とは何か:知事の執務室は都庁7階にあり年間2017万円(国会議員には4700万円が税金から支出)が給与,予算編成権を持ち権限は首相より大きいと言われる。2都知事と都政-戦後六○年の軌跡:安井…東→美濃部→鈴木→青島→石原とハード・経済重視とソフト・生活重視に都政は振られている。3都議会-真の立法機関へ:2000年の改革で地方議会は審議権も条例制定権も予算修正権も手に入れたが,まだチェック機関だと考えているようで,議員は与党志向が強い。4都庁官僚-「20万人体制」の現在:3タイプ①国士型官僚②調整型官僚③吏員型官僚があるが,③が多いが②として政策立案をすべきだ。5都知事と政策決定:4類型①稟議制方式②トップダウン方式③諮問委員会方式④側近ブレーン方式があり,知事には内なる闘い(対都議会・都庁官僚)と外なる闘い(対政府)がある。6都財政-常態化する危機:予算規模は一般6.3兆,特別4兆,公営企業2.2兆で合計12兆円,フィンランド・チェコの国家予算に相当。財源は法人事業税・法人都民税に依存しているので景気の影響を受けるため,借金と基金(貯金)は欠かせない。7独自の大都市制度-都と特別区の関係:国と地方の関係に似ている。道州制が導入されるなら都市州となるのがいいだろう。8石原都政の大都市経営-転換を試みた12年:都心回帰と都心再開発。ワンイッシュ・ポリッティクスで財政再建・銀行税創設・ディーゼル車規制・職員削減・羽田空港国際化・外環道凍結解除,公会計改革,東京マラソン,五輪招致運動,築地市場の豊洲移転の決着,温室効果ガス排出量取引を推し進めた。地下鉄の一元化,京浜三港の競争力強化,高齢化に伴う対策は是非。終;大都市東京の行方-三つの焦点:巨大化を積極的に肯定し,副都心育成論(多心化政策)をこれからも推進すべきで,都庁は二十数局体制を七つに再編成し特別職とし一種の内閣制度にし,1都3県で東京圏州とし日本の牽引役になるべきだ~都知事選挙を4月に控えてMXテレビの都政解説者の大学教授が,自分が必要だと言う次期東京都知事は声を掛けてくださいねというアピールに見える。ま,対立候補がいない状態で四選が決まっちゃった

  • 都知事にとどまらず、地方自治に関する内容までを含んだ本。内容はかなり濃い。
    最近、こういう新書が減っている気がしている。

    革新であれ保守であれ、東龍太郎~美濃部亮吉~鈴木俊一~青島幸男~石原慎太郎と、個性の強い政治家が都知事となっている。議会に重きを置かない国政の内閣総理大臣より、公選の都知事の任期は総じて長い4年間、韓国やフィンランドの予算に匹敵する12兆円の予算を左右し、世界の国々と比べても世界第十位のGDPを誇る東京都に君臨する都知事という存在。

    読んでいて思ったのは、美濃部亮吉知事が今の東京の基礎を築いたのではないかと思ったことだ。が政府の許可を必要としていた東京都の地方債を、これは違法であるとして訴訟を起こそうとした。結果は失敗に終わったが、これは自治省が、革新自治体が地方債を発行して福祉政策を行うことを妨害する意図があったとも云われる。結局議会の反対を受けて頓挫するが、地方自治を行おうとしたことは、特筆に値するのではないか。また現在行われている法人二税(法人事業税と法人都民税)の導入を決定したのも、美濃部知事の時代である。
    また鈴木俊一知事になり、行革の結果財政赤字を脱却したと言うが、オイルショック後の景気回復で収入が増加したこと、法人二税のおかげとも云われる。

    また地方分権の一環として、道州制の是非が問われるが、戦時中の遺産として残っているのが東京特別区である。これは戦時中の二重行政を解消するために導入された。これは特別地方公共団体であり、一般的な市町村とは異なる。
    また道州制を導入するに当たっても、今の政令指定都市は諸外国の都市州として別枠にすべきであろうと述べている。これは諸外国にも事例があるし、単純に分割したのでは権力が偏るであろうという配慮である。

    以上のように、都知事の解説にとどまらず、地方自治とはなんぞやという話もできる。

  • 都知事選に合わせて読んだ本。

    今年は各候補の政策・主張の違いが特に見受けられずに、候補の選択に非常に苦労した。震災の影響で軒並み防災面の主張が強くなったイメージだが、それ以前も主要候補間でマニフェストの違いはほぼ見受けられなかったように思う。

    その中で、都政はどのような歴史を経てきたのか、という点を知りたくなり読んでみた。この本は題目が「都知事」だが、都政全般について深く解説しており、歴代知事の評価の他、都庁の官僚システムや財政についても学ぶことができた。
    個人的には、歴代都政がインフラ整備のハード路線か、生活福祉のソフト路線というように、振り子の如く一代ずつ変化しているという仮説が面白く感じた。

    内容は総括的で、かつ深彫りしてあることから、都政を理解するには一番いい本だと思う。

  • 都知事選近くなってから、出版されたので話題先行の薄っぺらい本かなぁと思いながら読んだが、都知事のことだけでなく、特殊な行政単位である都の歴史や現状、地方自治体としての東京都をデータや歴史に基づいた非常に丁寧かつ、平易な文章で書かれており、都知事、そして都政の概要をつかむことができる、オススメの一冊です。

    投票する前に是非。

  • 【読書】 4月10日、都知事選がある。現職の石原氏、宮崎県知事から転身の東国原氏、はたまたワタミの会長の渡邊氏をはじめ、全部で11名が立候補している。そんな中でタイムリーな本。著者は、自身も都庁に勤務経験のある、佐々木信夫氏。「自治体をどう変えるか」などの本を読んだことがある。この激動期に誰がなるのか。

全21件中 1 - 21件を表示

都知事―権力と都政 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都知事―権力と都政 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

都知事―権力と都政 (中公新書)の作品紹介

都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。

都知事―権力と都政 (中公新書)のKindle版

ツイートする