シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)

  • 182人登録
  • 3.66評価
    • (7)
    • (17)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 酒井健
  • 中央公論新社 (2011年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020949

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
村上 春樹
J・モーティマー...
國分 功一郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 先日、ルネ・マグリット展を見に行った。一番好きな画家かなと思い、自分も絵を描いてみたいなとも思う。改めてシュールレアリズムとはを知りたくて、読んでみる。

    出だしには「シュールレアリズムとは、1920年代、フランスで生まれた文化運動である。第一次大戦が終ったが、その後も根本的に社会は変わらない事への憤り、西洋の近代文明を根底から批判し、新な人間の可能性を表現した、文化運動である。」
    から始まり、寄与した人物が何をやったなどの説明が続くが、私のイメージするところの
    「シュルレアリスムは、思想的にはジークムント・フロイトの精神分析の強い影響下に、視覚的にはジョルジョ・デ・キリコの形而上絵画作品の影響下にあり、個人の意識よりも、無意識や集団の意識、夢、偶然などを重視した。(wikiより)」と繋がらず、途中までシュールレアリズムとは2種類有るのではないかと思うほど、私のイメージ、または今回知りたかったこととかけ離れ、また繋がる気配が無いので、混乱した。私のチョイスが悪かったのだと思うが、シュールレアリズム初心者には向かない。
    本書から得られたイメージは「シュールレアリズムとは、終わらない革命」と言うものだが、府には落ちない。

  • 近代国家への闘い。西欧の若き芸術家?たちの悪戦苦闘が興味深くたどっていける。社会の変革と芸術作品へのこだわりという永遠の課題に挑んだ人々だったのだろうか。彼らの理論は弱いところも多いが、その作品の多くが、今の私をこんなにも惹きつけるのは何故だろうか。

  • 興味が広がる1冊。

  • シュルレアリスムが第一次世界大戦の後に生まれたムーブメントであることを初めて知った。
    そして、学生時代に読んだバタイユの「眼球譚」のその意味するところも。

  • シュルレアリスム思想をその誕生から探った。
    ブルトン、バタイユ

  • 美術の方では様々な流れを作りながらいまも確実に息づいているシュルレアリスムだが、この運動のリーダーだったアンドレ・ブルトンの名聞くくことがめっきり少なくなってしまったのは、詩文学の不人気とポスト・モダン思想の奔流に負けてしまったからだろうか。
    本書はバタイユ研究者が、そのブルトンに敬意をこめて語りつくした現代思想史の一断面である。ブルトンの発想、行動力、影響力は稀有なものであり、フロイトとマルクスを初めて目に見えるモノと言葉に表現した。唯一音楽に価値をおいていなかったことが残念だがそのユニークな解釈と方法は意外なところまで広がっている。

  •  ジョルジュ・バタイユの研究者として知られる著者による、おそらくは国立新美術館における大規模な「シュルレアリスム展」に合わせて刊行されたこの20世紀を代表すると言ってよい芸術運動の紹介書。シュルレアリスムが生じてくる背景をなす、第一次世界大戦の経験から説き起こして、1924年のシュルレアリスムの誕生からその基本的な芸術変革の方向性を取り出すとともに、さらにはその運動の政治との関わりについても見通した好著。所与の現実を乗り越えるところに、新たな唯物論の可能性を見て取ろうとする第二宣言のテーゼや、ベンヤミンのシュルレアリスム論が検討されている点も興味深いが、後者の捉え方がやや表面的なのが惜しまれる。

  • 第一次世界大戦の後の時代背景とフロイト。

  • 名前しかしらなかったシュルレアリスムについて、歴史的背景とか詳しく知ることができて新鮮だった!
    初心者だから読むのに集中力必要だったけど、おもしろかった。

    ただ世界史あんまり知らないから、政治絡みの第?章は理解するの大変だった。

    シュルレアリスム展楽しみ。

  • 1920年代のフランスで生まれた文化運動についての本。

    欺瞞的世界を否定し、そこから発展させていく思考などが哲学的で、ニーチェの思想が大きく影響しているのが、大きく感じられた。

    ブルトンの詩からはうかがえなかった。泥臭く進んでいく感じをうけた。

    ナジャとブルトンの関係は非常に興味深いものだった。著書の『ナジャを愛してたのでなく、痙攣する美をナジャに感じて追いかけていた』なるほどとおもってまった。

    アラゴン、バタイユに興味をもった。

  • ブルトン、バタイユを中心にシュルレアリスムの思想的意義を明らかにする著作。シュルレアリスムと革命の関係に関する考察は、ベンヤミン「シュルレアリスム」と比較しつつ読むとさらに面白いかもしれない。新書という形態のせいもあるが、末尾はやや迫力に欠けるか。

全16件中 1 - 16件を表示

シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)の作品紹介

シュルレアリスム(超現実主義)は、第一次世界大戦後のパリで生まれ、世界に広まった文化運動である。若い詩人、文筆家、画家が導いた。戦争、共産主義、ファシズム、無意識、エロス、死、狂気などアクチュアルなテーマに取り組んで、近代文明の刷新をもくろむ。個人の壁、国境の壁を超えて多様な生の共存をめざしたその革命精神は、情報と物に充足する利己的な現代人に、いまだ厳しい批判を突きつけて、生き続けている。

シュルレアリスム―終わりなき革命 (中公新書)のKindle版

ツイートする