今夜もひとり居酒屋 (中公新書)

  • 95人登録
  • 3.25評価
    • (4)
    • (8)
    • (19)
    • (3)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 池内紀
  • 中央公論新社 (2011年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021182

今夜もひとり居酒屋 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今日も居酒屋が方々の町の片隅で慎ましやかに提灯を掲げている。よく知る店もよし、見知らぬ町の見知らぬ店もよし。酒に食べ物店主と客が織りなす独特の時間がそこにある。 そんなことを思い出しました。一人酒最高。

    著者の経歴を見てみると、『ドイツ文学者、エッセイスト』とかかれており、僕自身はタイトルに惹かれて読んでいたので、こういうエッセイを読んでイイナと思うのは筆者と、偏屈だけど、心を開いた人間には優しい主人との交流。酒と肴。個人的には離れて久しいものがこの本にはあって、こういうものに出会いたいからこそ酒場を巡っていたんだよな、と。そんなことを思い出させてくれる一冊でした。

    『飲み物は?』と聞かれ、『まずはビール』と答える。その注ぎ方にも一家言書かれてあって、多分、そういう機会がなければこの先覚えることはなかったろうな、などということを思い出してしまいました。

    個人的に行きたい店は、チェーン店でもいいんですけれど、主人がおかみさんと一緒に切り盛りして30年。店の壁は脂ですすけているようなやきとん屋など、まず女性を連れてはいけないような店をいくつか連想したので、因果な自分のことを考えつつ、こういう品のいい居酒屋についての本も読んでみるとこれまた面白かったので、ここに紹介するしだいでございました。

  • こんなタイトルで、一冊の本を出版するなんて、池波正太郎か。

    とは言え、読み進めるごとに、頷かざるをえないな、こりゃ。

    女性が懇意にするネイルサロンや美容院、果てはメゾンがあるように、酒呑みにも行きつけの店があるもんで。
    たまには、違う店にも入り、あれが良いだの悪いだの。
    店も変われば、客層、料理、色んなものが変わるわけで。

    ああ、酒場って良いですね。
    最近のハマってるアテは、潤目鰯と銀杏です。

    本書は居酒屋、割烹、小料理屋に特化されており、バー、パブなどには触れられておらず。今でこそのバルは、昔はスタンドって呼んでたんだなんて、いかにも赤提灯で横隣になったオヤジが言いそうなことも書かれていて、話の種にはなりそうな節が多々。

  • 図書館で借りてて、返却日前に飛ばし読みで。

    割烹と小料理屋の違い等が面白かった。

    他は飛ばしすぎて、あんまり残ってない。

  • 東海林さんの丸かじりシリーズのエッセイをいくぶん学術的にして新書にまとめればこうなる。日本の居酒屋文化を、店のしつらえ、店主、客、酒、肴それぞれに着目し、適切な分析により愉快に考察する。確かに、こだわりを強く持ち、料理も店構えもきっちり仕上げた店があれば、工夫もやる気も欠落した店主が惰性でやっている店もある。当然前者が流行って、後者は閑古鳥かと思いきや、必ずしもそうでもないのが居酒屋の不思議。なるほどそうだ。居酒屋とは読んで字の如く、心休まる我が居場所となる酒屋でなきゃならない。家庭と職場に次ぐサードプレイスだ。

  • ほんとに僕の親くらいの世代が営んでいる「飲み」の生態だなあという印象。
    こういった飲み方を自分はやりたいとは思わないが、ある年代以上の人にとっては楽しくて仕方がないのはわかる。そういった意味で興味深い。

    あとときおり出てくる分類が微妙。

  • 居酒屋観察もいい。abcに分ける書き方h如何なものか。

  • このひとのスタンスは読んでていやにならないのがありがたい。こういうのは新書が一番。

  • これは具体的な居酒屋のガイドではない。居酒屋論である。居酒屋の分析はなかなか面白く、客であることの修行を思わせる。大人が分かる文化なのだ。

  • ドイツ文学者の池内紀(1940-)による居酒屋哲学。エッセイ。

    のれん、赤提灯、カウンターと小上がり、突き出しへのこだわり、メニューの書き方、そして主人と客あるいは客同士の人間風景。居酒屋という不思議な世界。実のところ、
    酒の話はあまり出てこない。

    いい酒飲みになるためには、居酒屋という空間をていねいに興味深く観察する必要があることを教えられる。

  • お金を取れる文章ではない

全22件中 1 - 10件を表示

池内紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

今夜もひとり居酒屋 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今夜もひとり居酒屋 (中公新書)の作品紹介

居酒屋に人一倍したしむようになったのは、「二合半のおじさん」のせいである。三十代初めに出くわして三十年ちかくつき合った。そしていろんなことをおそわった-へんくつだが、心をひらいた者にはこよなくやさしい。そんな居酒屋が、方々の町の片隅で慎ましやかに提灯を掲げている。よく知る店もよし、見知らぬ町の見知らぬ店もよし。ふらりと入れば、酒に食べ物、店主と客が織りなす独特の時間がそこにある。

今夜もひとり居酒屋 (中公新書)はこんな本です

今夜もひとり居酒屋 (中公新書)のKindle版

ツイートする