気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)

  • 124人登録
  • 4.15評価
    • (18)
    • (14)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 深井有
  • 中央公論新社 (2011年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021205

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
古賀 茂明
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 2009年、ICPPによる気候変動の資料ねつ造事件、いわゆるクライメートゲート事件から、世界的に「地球温暖化脅威論」への懐疑の眼が広がり始めたのだが、日本のメディアではなぜかほとんどこの事実を取り上げない。そのため、世論としては未だにCO2削減という言葉が呪文のように残っている。
    それでも民主党政権のこの体たらくと京都議定書を批准できないことが確実な昨今、「チームマイナス6%」という合い言葉はいつのまにかフェードアウトしているが。。。
    ともあれ、先の東日本大震災で福島原発の事故があってから、この温暖化問題は、エネルギー問題へとすりかわった感がある。

    自分は環境至上主義に全面賛同するつもりはないのだが、本書はメディアに踊らされずに、地球が、そして日本が直面している現実を考えるには十分な良書であると思う。

    少なくとも自分は、世界情勢の駆け引き・政策といった物差しで環境問題すらも扱われてしまうことに、非常に恐ろしさを感じる。

    ポスト京都議定書などという滑稽な取り組みを進める前に、もう一度その辺を「ちゃんと」考えてほしいものだ。

  • 理系的部分はむずかしくて歯が立たなかったけど、二酸化炭素主因論は、見事に論破されている。

  • 力作。
    2011年7月発行の本ですので「今さら」なのですが、恥ずかしながらこの本に書かれていることをきちんと認識していませんでした。
    もしもまだ
    ・地球は温暖化している
    ・その理由は主にCO2の排出増加による温室効果だ
    という認識をお持ちの方がいらしたら、必読です。
    「京都議定書」を批准しないアメリカはけしからん、という辺りで私の認識は止まってしまっていました。10年、少なく言っても5年は世界の認識の趨勢から取り残されていたようです、私。(恥)

  • 人為的起源による二酸化炭素は地球温暖化には寄与していない。
    地球温暖化の原因は、我々の産業活動による二酸化炭素排出量の増加によるものであるという言説を当たり前のものにしていたため、頭を殴られたような衝撃を受けた。
    確かに、二酸化炭素による温室効果は存在するものの、地球システムによる氷期間氷期の繰り返しのメカニズムに比べたら微々たるものであるとのこと。
    現に、人為的起源による大気中の二酸化炭素濃度は増加傾向にあるものの、2000年代以降温度上昇は横ばい、あるいは寒冷化へと向かいつつある。
    IPCC報告書は気候変動、地球温暖化におけるバイブルのようなものと考えていたが、クライメートゲート事件により権威の失墜が著しいと聞いて落胆もした。
    人為的起源による二酸化炭素濃度の変動よりも、天の川銀河系内における太陽系の占める位置に起因する宇宙線量の変化が気候変動をもたらすという言説のダイナミックさ、明快さには目から鱗が落ちる思いだった。
    勿論、並行して地球温暖化の是非を学ぶ必要はあるが、気候変動を学ぼうとするものにとって必読の一冊であるように思う。

  • 誰もが賛同しそうな「地球温暖化防止」キャンペーン。実は、不適切なデータ処理に基づくものだという。

  • 気候変動学のこれからのバイブルとなるであろう一冊。同テーマを扱った広瀬氏の「二酸化炭素温暖仮説の崩壊」に比べて、水蒸気の温暖化への寄与率についてあまり深く立ち入ってないように感じたが、化石燃料に代わる新エネルギーとして慣性核融合のいまを原理まで分かりやすく書かれている。もちろん、エネルギー効率を最大化するコジェネから気候変動の本質まで正確な情報をもとに分かりやすく伝えてくれている。

  •  2009年11月、イギリスのイーストアングリア大学気候研究所がハッキングされ、13年にわたる交信記録とデータが流失した。この結果、二酸化炭素(CO2)による地球温暖化の危機を訴えて世界を動かしてきたIPCCの報告書が、多分に捏造されたものであったことが知られることとなった。
     この事件を序章に置く本書の主旨は明快で、地球温暖化とCO2の増加に因果関係はないということだ。ではなぜ、地球は温暖化傾向が続き、世界規模での気候異変が起こるのか。この問いに応えるため、著者は気候変動の歴史や要因、これまでの科学的な研究方法までを多数のデータを用いて説明するのだが、これが抜群に面白い。
     先の問いへの著者の答えは、「地球は宇宙につながっている」から。地球温暖化を考える上で、当たり前だが新しい視点を提示しており、その姿勢は後半のエネルギー問題へも引き継がれていく。

  • 原発は省CO2、温暖化対策だ、という話をよく目にした。震災後もしばらくはそういう言説が目立っていたけど、いつの間にかコストの話に入れ替わって、そして政治の取引材料の一つとして収斂している。
    科学と政治の関係は、この本が糾弾するクライメート事件の渦中の一人、ブラッドレー(謀議の中心ではないようだ)の「地球温暖化バッシング: 懐疑論を焚きつける正体」は、そういう点で面白いが、やはりCO2だけを悪者にしてよいのかという疑問は残る。論争を超えて、とはいうけれど、やはり表と裏のような本である。
    ともあれ、最後に著者は、温暖化対策費をすべて災害復興に向けよ、と訴える。僕もそう思う。

  • いわゆる懐疑派の主張ですが、なかなかに説得力がありました。論争に関してはどうとも言えませんが、エネルギー問題についてなど勉強になりました。

  • IPCCのスキャンダルを平易に紹介し、盲目的な温暖化問題を疑問を呈する。気候変動の「科学的根拠がある」要因の一例として、宇宙線が与える気候変動への影響を解説している。(原子未満サイズの宇宙線が、分子以上のサイズの雲に関係するのは不思議な気がしたが、つまりは地球の大気圏全体が巨大な霧箱と思えば納得もいく)
    ただし、この宇宙線の話が本書の真意ではない。公正で客観的な姿勢を欠いて、CO2のみを悪者に導いた科学界への警鐘として受け取るべきだ。ただ、CO2が悪者扱いされるに至った経緯を見るに、単に科学者のモラル・ハザードと言い切るのもちょっと厳しく、そこには政治力学や経済原理が絡まった現実を認めざるを得ない ---- だからこそ科学の姿勢が重要になるのだが。。。そうした俗世構図の延長に、CO2問題とエネルギー問題(要は原発)のもたれあいがある。化石燃料vs核燃料という二元論的な視点を避けるべく、現在のエネルギー源と将来のエネルギー源候補についての前広な解説にも多くの紙面を割いている(ただし解説すべき事項が多すぎるので、それぞれ記述はちょっと物足りない感あり)。
    某大国が京都議定書にサインしない「客観的な」理由のひとつがわかったのは、本書の大きな収穫だった。

    かつて、太陽が地球を回っていた頃、科学の対立項は宗教だった。21世紀の科学の前には、政治や経済という壁が立ちはだかっている。数百年経て、科学と宗教は共存と棲み分けができるようになった。次の世紀には政治経済と科学が共存共栄が可能になって欲しい。そう思った一冊。

  • 環境・エネルギーに興味がある人は読むべき!研究者ならではの深い視点がいい。

  • 1章の気候変動に関する分析は良い。環境問題への反省も含めて一読の価値はある。
    2章以降のエネルギー問題の提言等は、現状においては、必ずしも地に足の付いた議論とは言いがたいが、研究者という立場としては普通の構成だろう。勿論技術的なブレークスルーに過度に依存するのはあまりに危険だが、さりとて枯渇する資源利用に固執しなければならない理由など無いのだから、研究は尊重すべきだ。
    もっとも、クライメートゲート事件を通して、学術研究にすらバイアスが大きくかかりうる事が明るみに出た以上、これから環境問題を考えていく上で求められるのは、専門家ではない我々の判断の成熟さかもしれない。

  • 地球温暖化現象を、二酸化炭素を原因とする説に疑義を唱え、宇宙線の変動が原因だという説とその裏付け、古代の気象変動をどう調べるかといった話から、ボトリョコックス(本文まま・Botryococcusなので「ボツリオコッカス」と読む方が一般的らしい)という油を生成する藻の話、最近のニュースで話題になった核融合の話など、かなり幅広い分野にまたがった話で大変興味深かった。

    地球温暖化が宇宙線の影響っていう話はおもしろかった。銀河の公転速度より太陽の移動速度の方が早いので、銀河の星が密集している"腕"の部分を太陽が通過する。星が密集しているところは超新星爆発が起こる可能性が高いので、宇宙線の量も多い。その周期と、地球の温暖化~寒冷化の周期がほぼ一致するとかね、もうなんかスケールが凄い。

  • 二酸化炭素は地球温暖化の重要な要因ではない、その他の重要な問題から目をそらすための施策である。重要になってくるのはエネルギー問題と財政問題である。という説。

  • 温暖化二酸化炭素原因説は本当か。かねてから僕の頭にある疑問です。
    僕は、たかだか0.038%の大気中の二酸化炭素がそれほどの気候変動を引き起こすことを理解できずにいます。
    それよりも、ヒステリックとも思えるほどの「エコ・キャンペーン」が嫌でしょうがなかった。

    この本の著者は、温暖化を引き起こしている主たる要因は二酸化炭素以外にあると述べています。
    例えば、宇宙線の量。
    二酸化炭素濃度と気温変化がリンクしていないことも指摘しています。

    2008年に開かれた洞爺湖サミットのとき、17基の原子炉の契約が成立したとか。
    一体、IPCCとは何なのか。
    今や地球温暖化問題すら、経済に組み込まれているのでは??
    と思ってしまいます(というか、僕はそう思っているのです。その確証が欲しくてこの本を読んだのでした)。

  • 「二酸化炭素の削減」を優先目標にするのは間違い。
    今必要なことは、省エネと新エネルギーの開発。

  • IPCCは、この気温急上昇が人間活動のもたらした大気中二酸化炭素の増加によるものとして、地球温暖化抑制のキャンペーンを始めた。
    IPCCは1988年に世界気象機関と国連環境計画によって設立された国連の組織で、本来、研究機関ではなく地球温暖化に関する科学的、技術的、社会経済的な評価を行ってその知見を世界の人々、特に政策担当者や政治家に伝えることを目的とする広報機関である。

    IPCCは第5次報告書を作成することになっている。
    IPCCの登場は冷戦終了と同じ時期。
    IPCCのモデルは過去100年間の気温上昇をすべて二酸化炭素によるものとしたために、二酸化炭素による気温変化を過大評価することになってしまった。

  • クライメートゲート事件というIPCCの中心的気候学者によるデータ捏造や学会への圧力等の知的に不誠実な事件の詳細が解説されています。この事件が日本ではまったく報道されなかったことは大変残念だ。
    この本では、温室効果ガスによる地球温暖化説の誤りを、宇宙線による低層雲の発生メカニズムや古気象学の成果を説明しながら批判している。
    私の理解としては、気温上昇への温暖化ガスの影響はIPCCの想定よりもかなり低く、ヒートアイランド現象や不適切な場所での測温、地球の周期的な気候変動によるものと思われる。
    21世紀に入ってから、二酸化炭素の排出量は増えているが平均気温の上昇は減少している。また、地球規模の気候変動により気温が低下する可能性もある。多分、10年後には地球温暖化説は消えてなくなっているであろう。
    人類にとって重要なことはエネルギーや石油の効率的な利用である。そのことを考えると電気自動車のようなものはエネルギーロスのなにものでもない。温暖化ガス説のマイナス面を早く払拭することが重要である。

  •  金属物理を専門としていた著者が,人的温暖化論で歪められたエネルギー問題を見つめ直し,将来への展望を語る。太陽光,バイオマスを繋ぎとして,将来は核融合の利用へ。
     本書の前半は気候変動について。序章でクライメートゲート事件を取り上げ,一章で気候変動の科学の説明。クライメートゲート事件とは,一連の電子メールの漏洩によって明らかになった不祥事。CO2削減の根拠となった人為的温暖化論のかげに,科学者たちの陰謀めいた策動があったという。 
     著者は,クライメートゲート事件によって人為的温暖化論の根拠は全面的に崩れたとしていて,日本だけこの点報道もせず,律義にIPCCを信仰していると述べてるが,はたしてどうだろうか。地殻に眠っていたCO2を人類が急激に大量放出していることは確かで,これは好ましくないだろう。
     気候変動について,近年いろいろなことがわかってきたという話は端的に面白い。地球は過去に,灼熱の世界だったこともあるし,表面がすべて氷河に覆われた全球凍結も経験した。数十万年単位でも,気候は大きく変動してきていて,現在の地球が特に温暖化しているというわけでもなさそう。
     興味深いのは,宇宙線と気候の関係だ。太陽活動によって地球の気温が変化するというのは「あーなるほどね」と思うのだが,単に日射量の変動が影響するというだけではないらしい。太陽活動が活発になると,太陽の磁場が強くなり,それが太陽系外から飛来する宇宙線をより多く遮蔽する。
     宇宙線は,雲の形成に関わっており,宇宙線が太陽磁場で減少すると,雲の量が減って,地表に届く日射が増える。そのために温暖になる。太陽の黒点数は,「11年周期」で変動するが,磁場は反転するので,太陽磁場と地球磁場を合わせたものは「22年周期」で変動。
     この「22年周期」に合う宇宙線強度の記録が,樹木のC14の解析で,過去1200年にわたって得られているという。最近の宮原氏の研究成果による。これは確かNHKの「コズミックフロント」でも紹介されてたっけ。
     後半はエネルギー問題について。著者はやや門外漢な感じがするが,よく調べてまとめているような気もする。植物バイオマスの活用はよく聞かれるが,さほど注目されていない藻類も大きな可能性をもっているという。太陽エネルギーの11%に相当する水素を発生する緑藻クラミドモナスなど。
     核融合は,トカマクなどの磁場閉じ込め型よりも,慣性核融合を評価。DT混合固体に四方から強力なレーザーを当て,急速加熱された試料がもつ慣性を利用して,飛び散る前に核融合反応をさせてしまうというもの。これで入力したレーザーのエネルギーを何倍にも増幅して取り出すことができる。
     水素爆弾では原子爆弾を引き金にして核融合を起こすが,それに似ている。しかも,レーザーを止めれば,核融合は止まるので,安全。ただ,著者は「四個のプロトン(H)が融合してヘリウム(He)になるという太陽で起こっている反応を…」(p.196)等,不審なことも言っているので…。

  • 卒論を執筆以降、気候変動に対して懐疑的な見方をしていた自分にとって疑惑から確信へ変える1冊でした。

    「科学者というのは出てきたデータに対して忠実に分析しなければならない」

    しかし、そのデータそのものがいい加減なものでなおかつ修正が加えられていたとするのならば、忠実に分析したところでまたその分析結果もまたいい加減なものになるであろう。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、開架図書(1階) 請求記号:451.85//F71

  • 前半は地球温暖化 二酸化炭素説に対する疑義。後半はエネルギー問題の議論。レーザーによる核融合点火が、2012年に予定されているというのは驚き。自然エネルギーより本命になるかも。
    現在の太陽電池は製造にエネルギーを消費しすぎる割には発電効率が悪いから基礎技術開発に力を注いだ方がよいのでは?という提言は同感。

  • 気候変動懐疑論の本。
    基本的に科学のトレーニングを十分に受けている人だという印象を随所で受けるにもかかわらず、IPCCの評価報告書の記述に関してはなぜか原文もろくに読んでいないような不正確な記述や批判が多い。それでも武田本などよりいくらかはマシか…

    以下で詳細に解説中。
    http://d.hatena.ne.jp/sus-edu/

  • 地球温暖化懐疑論の本。

  • 出版は3.11以降だが、関連する記述はほとんどない。
    むしろ、震災前後も一貫した姿勢をとっていると評価できるのでは。
    ただし、後半のエネルギー論議は大風呂敷な印象も受ける。


    クライメートゲート事件
    気温を左右するのは宇宙線
    日本の温暖化対策費1兆円の費用対効果

    もし知らない項目があれば、ぜひ一読して下さい。
    原発推進派の主張する「CO2の削減」が本当に必要なのか考えさせられます。
    「二酸化炭素排出削減は炭素資源を子孫に残すことにこそ意味がある」という主張に感銘を受けました。
    エネルギー問題に揺れる今こそ読むべき一冊。

全30件中 1 - 25件を表示

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)の作品紹介

地球温暖化の議論をリードしてきたIPCCがスキャンダルに揺れている。温暖化を印象付けるためのデータ操作や、不都合な報告の黙殺など、あるまじき行為が明るみに出た。本書では、気候変動の真因を最新の知見から解説、さらに化石燃料を温存する上で必要な、バイオマス、核融合など代替エネルギー技術の最前線を紹介する。震災復興が急がれる今、莫大な国費を根拠薄弱なCO2削減策のために浪費することは許されない。

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)はこんな本です

ツイートする