新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)

  • 396人登録
  • 3.74評価
    • (18)
    • (66)
    • (32)
    • (9)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 八代尚宏
  • 中央公論新社 (2011年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021236

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了。これほど分かりやすい一冊は久しぶり。資本主義・市場主義を様々な具体例から解説していく。おせっかいですが、一読する事をお勧めします!

  • 小泉改革の基軸とされた「最も嫌われる経済思想」新自由主義を見直す本書では、市場機能を最大限活かし、生活を豊かにする政府の役割と一体的な思想として捉えている。労働市場改革の章で「同一労働・同一賃金、非正社員の待遇改善は新自由主義の論理」というが、雇用保障を揺るがせずにどう展開するかの提言がなく、ただ長期雇用、新卒一括採用を批判している印象。

  • 20160326

  • 消費税は社会保障のための目的税。。。

  • 新自由主義の立場から日本経済の様々な問題点とその解決策を書いた本。
    「新自由主義」=「市場原理主義」という誤解を解き、新自由主義とは何なのかを学ぶにはいい本。

  • 応用ミクロの練習にお勧め。あえて批判的な目で読むとなおよし。

  • 民主党政権下の2011年に書かれた本ですので、やや古くなっておりますが、政権交代後にまた復活してきたタクシー規制など社会主義的政策はどう評価しているのでしょうか。
    先に「日本経済論・入門」を読んだのですが、記述が何箇所かで重複して同じことを書いております。
    著者の主張はわかりましたので、あとは別な方の本を読んでいこうと思います。

  • 新自由主義は市場原理主義に基づく『弱者の切り捨て』ではなく、福祉制度の効率化も大きなテーマとしている。

  • 八代尚宏著「新自由主義の復権」中公新書(2012)
    *問題なのは市場競争の行き過ぎなのではなく、それと対になるべき、政府による生活の安全網の構築が不十分であったこと。企業が従業員とその家族の生活を守り、その企業を国から守る。そんな企業依存型の福祉社会が高い経済成長期の終焉とともに弱体化している。また、企業に守られない層が拡大したにも関わらず、過去の制度がそのまま意地されている事が格差拡大の真の要因となっている。
    *経済学の思想史をひもとくとアダムスミスに代表される、市場を尊重する古典的自由主義は、ケインズが唱えが不況期には政府が積極的なマクロ経済政策を行うべきという思想によって、いったん否定された。しかし、そのケインズ政策も1970年代のインフレと失業の併存という状況で、政府に肥大化をもたらしたと批判された。その批判の主体となったのが本書の中心的なテーマである「新しい自由主義」の思想だ。この経済学の主流の考え方の思想家としては、ハイエク、フリードマン、ベッカーなどがあげられる。

  • 新自由主義は、市場原理主義と同じものであると誤解されることが多い。

    このような誤解が実際には異なることと、イメージ先行で新自由主義を毛嫌いすることがないように、日本でも織田信長の時代や大阪商人の時代から新自由主義が行われていたことを指摘しつつ、政府の役割等がどの程度必要なのかなどをわかりやすく書いている。

    具体的には、歴史に見る新自由主義、サブプライムローン問題、格差が広がったどうか、小泉改革は行き過ぎだったのか、社会保障、労働市場、新産業、TPPと復興、のそれぞれの課題についての分析と新自由主義の点からの解決策を書いている

    議論の文化があまりない日本では、二項対立、イメージ論からの議論になることが多いが、どのような主義・主張であるかと差異を聞き、そのうえで対話をすることが大切であると思う。その意味でも、著者の主張は聞く価値があると思う。

全57件中 1 - 10件を表示

八代尚宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
有効な右矢印 無効な右矢印

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)の作品紹介

「市場競争を煽って格差を拡大し、日本の伝統を破壊した」「世界金融危機を引き起こした元凶」-現在の日本において、新自由主義ほど批判される経済思想はない。だが、その見方は本当に正しいのだろうか。本書では、「小泉改革」や世界金融危機の再検討、さらに日本経済史を通じて、その誤解をとく。そのうえで、新自由主義の思想に基づき、社会保障改革から震災復興まで、日本経済再生のビジョンを示す。

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)はこんな本です

新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか (中公新書)のKindle版

ツイートする