イタリア旅行 (中公新書)

  • 52人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 河村英和
  • 中央公論新社 (2011年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021267

イタリア旅行 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • w

  • 2012/01/05

  • 本城 靖久「グランド・ツアー―良き時代の良き旅 」はグランドツアーでイタリアを訪れた英国人貴族の生態を描き,岡田 温司 「18世紀イタリアへの旅」はグランドツアーが行われていた時代のイタリアを書いた本だった.この本は,18,19世紀のイタリア旅行全般をいろいろな角度から取り上げた本.
    前掲二書で取り上げられていない,ヨーロッパ各国からの旅行者をはじめ,彼等が使ったガイドブック,書かれた旅行記,観光地の流行り廃り,母国に持ち帰ったイタリアなど様々なことが取り上げられている.私が知りたかったことはすべて出ているという気がした.出てくる人の名前や土地の名前には知らない名前も多くて,著者の博識には驚くばかりだが,反面いささか羅列的にならざるをえなかったのが残念.しかし,これほどマニアックな本が新書で出版されるのだからとても嬉しいことには変わりはないし,この本を出発点にいろいろな探索が始められそうだ.

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:237.05//Ka95

全6件中 1 - 6件を表示

河村英和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

イタリア旅行 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イタリア旅行 (中公新書)の作品紹介

今も昔もイタリアが人気の旅行地であることに変わりはないが、旅の目的は時代によって大きく変化してきた。古代ローマ芸術への礼賛からローマやナポリが人気だった18世紀。理想風景への憧れから画家たちが田園や海辺に集い、ゴシックリバイバルの影響でフィレンツェなど中世都市にも目が向けられた19世紀。ヨーロッパを席巻したイタリア旅行ブームを追体験し、そこから生まれた多彩な文化を覗いてみよう。

イタリア旅行 (中公新書)はこんな本です

イタリア旅行 (中公新書)のKindle版

ツイートする