文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)

  • 216人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (24)
    • (18)
    • (4)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 渡辺靖
  • 中央公論新社 (2011年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021335

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 本書はソフトパワー(文化、サブカルチャー)の発信が外交や国家のイメージに与える影響力について、日本、欧米、中国等の成功例、失敗例から、その価値について考察したもの。
    パブリック・ディプロマシー(文化外交)、プロパガンダの歴史や概念の説明もあり、文化発信の基本を理解できる良書。国際マーケティング等、海外展開において文化の役割や利用方法を学ぶ入口としても有用だろう。

  • 著者は、文化人類学者の渡辺靖。その文化への関心は主題の「パブリック・ディプロマシー」と通底するが、しかし、本書の理論的背景は国際政治学ないし国際関係論である。これらの分野への関心から読むとより一層面白いだろう。翻って言えば、関心がないと苦痛かもしれない(第Ⅳ章の日本外交史についての記述は、率直に言って理解できなかった)。もっとも、近年注目されつつある「パブリック・ディプロマシー」の入門書として、その概念の歴史的変遷から現代の実践に対する期待と批判に至るまで豊富な事例が紹介されているため、実際には通読に困らないかもしれないが。また、「文化国際主義」や「グローバル・シビリアン・パワー」といった聞き慣れない概念を規定することなく話が進んでいってしまう点は、(例のごとく)どうにかならないものかと思った。

  • 政府要人同士の伝統的外交と異なり、相手国世論に直接働きかけ、相手国国民の「心と精神を勝ち取る」ためのパブリック・ディプロマシーについて、その中国や欧米による最前線から始まり、その起源と今日に至るまでの概念的変遷、代表的な手法と事例、注目すべき近年の動向、それに対する懐疑や批判、そして、日本におけるパブリック・ディプロマシーの歴史と課題まで、幅広く論じている。パブリック・ディプロマシーについて考えるには最も適した一冊だと思われる。
    ただ、いろいろな要素が詰め込まれているので、通読した後、「で、パブリック・ディプロマシーとは何だったか」と思い返そうとしても、あまり浮かんでこなかった。パブリック・ディプロマシーというのは、一言ではなかなか語り難い概念であることを感じた。他方、パブリック・ディプロマシーに対する著者のスタンスがいまいちよく掴めなかったことも、理解が十分に進まなかった一因であるように思う。
    パブリック・ディプロマシーへの批判として、その「政治性」や「戦略性」への批判が取り上げられていたが、個人的には、プラグマティックに考えて、文化が政策遂行の手段となることにあまり抵抗はない。むしろ、現在の日本のパブリック・ディプロマシーには、明確な政策目的や戦略性が足りないことが問題だと思う。

  • 『文化と外交 --パブリック・ディプロマシーの時代』
    (中公新書、2011年)
    著者:渡辺靖(文化政策論・文化外交論・アメリカ研究)

     広報文化外交ことパブリック・ディプロマシー(Public Diplomacy)についての文化人類学者による解説。

    【メモ】
    ・本書を読んだキッカケは、偶然読んだこの講演記事。この記事も渡辺靖氏が執筆している。
     なお、このサイトは、“国際社会における対日理解を促進するための. 多言語発信ウェブサイト”だそうな。
     あれ?それって……
     
     『パブリック・ディプロマシーの時代(1):「損なわれた対話」を取り戻す試み』2013.11.29
    http://www.nippon.com/ja/features/c00718/


    ・広報文化外交に関連するそれっぽい記事・ブログのメモ

    『文化外交:外交におけるソフトパワーの可能性と限界』(BYクルト-ユルゲン・マース)
    前編<http://www.wochikochi.jp/relayessay/2013/09/cultural-diplomacy01.php
    後編<http://www.wochikochi.jp/relayessay/2013/12/cultural-diplomacy02.php

  • パブリック・ディプロマシー入門書。外交政策よりも文化人類学寄りの視点からのものなので国際政治に興味がある人もない人もそれなりに得るものがある気がします。
    パブリック・ディプロマシーとは?から、その歴史、影響など縦軸横軸共に述べてあるので内容が物足りない感は否めませんが、それはそれ。輪郭をとらえるには良書だと言えると思います。

  • ソフトパワーを活用した外交、パブリック・ディプロマシー(PD)について書いてある本。2011年発行なので最近の情勢が反映されている。特に東日本大震災と中国との関係の変化は大きい。
     大まかな流れはPDの今、歴史、具体例、批判、日本のPD、となっている。ソフト・パワーはジョセフ・ナイが提唱したものとして知っていたがこの本はアメリカだけでなく世界各国でソフト・パワーがどのように機能しているのかが解説されている。
     重要なことは、外交という点からすれば効果が無ければ打ち切られてしまうのもやむを得ないが、PDは確かに効果が目に見えにくいが効果は確かにあるということだ。狭い国益に縛られればかえって国益を損ねかねない。日本は特に中国との関係改善のためにPDを活用したい。しかし現状はPDの規模は驚くほど小さく、まずはPDの重要性を認識することが必要である。

  • パブリックディプロマシーの意義について、他国の例も挙げながら非常にわかり易く説明。ナイのソフトパワーを如何に実務的に国策として展開していくか、まさに今の日本に必要とされている。
    縦割り的(国内、国外)に取り組むことで、その効果は望まずにどんどん他国に流されるのでなく、マンガやAKB、相撲などフルに活用して、親日の波が市民レベルで拡がるきっかけ作りを国としても取り組むことを期待したい。
    ODAなども、貧困削減なども大事であるが、ある程度の新興国に対しては、パブリックディプロマシーを事業計画に取り入れながら進めることも必要ではないかと思う。

  • パブリック・ディプロマシー(文化・広報外交)について書かれた本で、経済・軍事力といったハードパワーと対比される文化・国際交流のソフトパワーについて、各国の事例・日本と外国との対比を交えながら解説した良書。

    そもそも文化・広報外交やパブリック・ディプロマシーという言葉自体に一般のなじみは薄く、British Councilを知っている人も日本に国際交流基金という日本の文化・国際交流を担う組織が存在していることはあまり認知されいないように思う。

    中国が孔子学院という名で日本の大学の中に中国語教育センターを増やしていることへの言及もあったが、私自身中国語を勉強しようと思ったときに検討していた学校でもあり、かなり身近なところにもこういった各国の活動は浸透しているんだな、と思いました。

    短期的な成果をもとめるのではなく、文化の交流とともに長期的な実を結ぶことを目標に活動していくには、やはり営利目的や短期的な成果を必要とする民間企業でカバーしきれない部分を補う役割があるのではないだろうか。民間にできることは民間にというのが昨今の時勢ではあるが、各国も国をあげてのパブリック・ディプロマシーへの注力と公的組織のネットワークの広がりを見ると、日本も再びこの分野についてどうあるべきか、と考えざるをえない。

    クールジャパンに代表されるような民が主導になるべきところや、一方で公が広げていくべき分野はどうかといったような様々な文化・広報外交の議論の前提となる背景・基礎知識を勉強するには最適の書です。

  • 「クールジャパン」を活用することで達成しようとしている政策目標は極めて曖昧で、働きかける対象も不明瞭。省エネ・リサイクルの取組み、環境や公衆衛生への取組み、復興・平和への取組みなどは、「もう一つのクールジャパン」を十分形成しうる。

  • 国益の最大化を図るための政治家や官僚による外交、さらには武力行使というハードな手段に対し、様々なソフトを通じた国際交流や文化の流布による対外戦略についてコンパクトに解説されてます。TwitterやSNSなどで個人による広範囲な情報発信が容易になった現在、もっと強く意識すべき観点を説いてくれる良書です。

  • パブリック・ディプロマシー(民間外交)について
    日本と他国の実状を細かに綴った本。

    発展過程から現状に至るまで勉強になるところが多々あり、
    かつ企業のPRにも活かせそうな部分も感じられた。
    対世界との思考戦、
    これからの日本がどのような策を講じるかを
    考える上で参考になる一冊。


    序 章 最前線
    第1章 変遷
    第2章 作法
    第3章 懐疑
    第4章 日本のパブリック・ディプロマシー

  • 帯の軽い印象(カワイイ大使の女の子たち)に反して堅実な良書だった。各国の文化・広報外交の歴史的変遷と現況に関する話だけでなく、パブリックディプロマシーと文化人類学との接点についても勉強になった。

  • 文化・外交ということを考えた時の、いかに自国の道義性や存在感を示し、国際世論の「心と精神を勝ち取る」ことの重要性を認識した。
    日本はここが圧倒的に弱いことも痛感。

  • memo:

    パブリックディプローマシーとは、相手国の政府ではなく相手国の国民に働きかけて、国際社会における自国の存在感やイメージを向上させ、自国についての理解を高めて行く外交政策である。

    - -

    参考:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4121021339?tag=booklog.jp-22&linkCode=as1

     パブリック・ディプロマシーとは、「政府や議員が国家を代表して相手国のカウンターパートと行う伝統的外交とは異なり、政府が相手国の国民に対して行うこと」を最大の特徴とした外交活動を指します。
     古くはローマ帝国にもその例を見ることができます。ローマは征服した異民族を要職に登用し、彼らが信仰する宗教を容認し、固有の言語の使用を許可するなど、寛容と同化に基づく施策を徹底したことで知られます


     アニメなどの文化を世界に紹介するクール・ジャパン政策について著者は、その現状の難点を指摘しています。
     クール・ジャパンを活用することで達成しようとしている政策目標は極めて曖昧で、働きかける対象も不明瞭な印象は免れない。国家全体のイメージを漠然と、不特定の対象に向けて高めようというのはムリだと著者は言います。

     一方、中国のパブリック・ディプロマシーは日本に比べてはるかに大規模であり、この本を読む限り、日本はますますジャパン・パッシングの憂き目にあうのではないかと暗澹たる思いにとらわれます。

  • パブリックディプローマシーとは、相手国の政府ではなく相手国の国民に働きかけて、国際社会における自国の存在感やイメージを向上させ、自国についての理解を高めて行く外交政策である。

    しかし、ソフトパワーやクールジャパンといった掛け声は手垢まみれで、明確なターゲットの不在、情報の操作可能性への過信など、戦略の不在と過剰を問題視する。

    むしろ自国の負の現実も含めて事実を伝える自己批判力のある発信が国際的発信力をもたらす、透明性や対話力が示す懐の深さが対外政策を円滑にする、という著者の意見に耳を傾けたい。

    実際に、スイスがマネー・ロンダリングにより悪質な組織の運営を間接的に支援しているとのグローバル社会の批評に対処した例や、東日本大震災でのトモダチ作戦などの好例がある一方で、ベトナム戦争時の米国への批判をかわそうとして失敗したパブリック・ディプローマシーの例、が紹介されている。

    外交は一部のエリートではなく、市民社会レベルでの相互理解の努力が必要であること。そして、ハードパワー、ソフトパワーの両面での外交努力が必要であることを学ばせてくれる。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:319//W46

  •   著者は、文化人類学から国際政治を分析。

     先日、リアルの講演会に参加したので、著書を読んでみた。

     リアルの講演会は、大統領選予測など、報道ものが多かったが、この本は、パブリック・ディプロマシーという文化外交の部分に焦点をあてたもの。

     例えば、最近中国が豊富な経済支援とともに、孔子学院を世界中に立地させているというような話。

     ユニセフのような理想主義、各国の国民が高い水準の文化と知識を持つために活動するのか、それとも自国のための国益追求のためのソフトパワーとして実施するのか、著者はその中間領域があるとの立場。

     自分は、端的にいって、国益を実現するためのソフトパワーとして位置づけた方が税金を支出する理屈がたつと思う。もちろん、相手国に対して、どうお化粧するかは別にして。

     最終的には国益に資するような効果を生まなければ、政策と長続きしない。

     アイドルをかわいい大使に任命したり、トムクルーズを観光大使に任命しても、結局、それが日本の国益にどう役立っているのか、説明できなければ、国の役所のやる仕事ではないと判断される。

     そういう厳しいチェックに、別に事業仕分けであっているというよりも、税金を支払う国民の目からあっているという意識が重要。

  • 政府同士の外交ではなく、相手国の世論に働きかけるパブリック・ディプロマシー。現在のいわゆる韓流や、戦後の米国の対日政策が思い浮かぶ。マーケットの小さい韓国が外に向かざるを得ないのは国家の方針としてしょうがないが、ちょっと前の男優さんたちや女性グループの露出の多さで日本における韓国の好感度は全般的に上がっているように思える。(同時に反発もあるが)
    日本を占領した米国も、その政策によって瞬く間に敵からあこがれの対象になってしまった。
    「パブリック・ディプロマシー」という言葉自体は、意味合いこそ現在と違うものの、19世紀半ばには確認できて、その実践例ははるか昔のアレクサンドロス大王の対ペルシア人政策にまで遡るとのこと。
    クール・ジャパンという言葉を聞くようになって久しい。しかし、そのポップカルチャーが日本発の文化と認知されていないところも多いようである。
    国のバックアップを呼びかけたいところだが、ここがソフトパワー外交の難しいところで、政府の関与が露骨になるとその魅力が低減されてしまうという。著者は、ソフトパワーの原動力はあくまで民だとし、政府の関与は知的財産権の整備など最低限にすべきとしている。
    「「美人コンテスト」ではない。好感度やブランドばかり気にするのでは、世論調査の浮き沈みのみを杞憂する政治家と何ら変わるところがない。むしろ、必要とあれば「美人」の概念そのものを変えてゆくこと、そして、そのために人びとの「心と精神を勝ち取る」こと。それがパブリック・ディプロマシーの要諦に他ならない」(193ページ)

  • jpfoundatione twiレコメンド

全21件中 1 - 21件を表示

渡辺靖の作品一覧

渡辺靖の作品ランキング・新刊情報

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)の作品紹介

いかに相手国の人びとの「心と精神を勝ち取る」か-。政府要人同士の伝統的外交と異なり、相手国世論に直接働きかけるパブリック・ディプロマシー。世界各地の反米主義へのアメリカの対抗策として急速に広まったこの文化戦略は、対外広報、人物交流、国際放送など多彩であり、日本でも「クール・ジャパン」といった形で取り入れられてきた。欧米中韓が積極展開する中、文化と外交の融合戦略の実態と思想を明らかにする。

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)はこんな本です

文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)のKindle版

ツイートする