歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)

  • 464人登録
  • 3.93評価
    • (40)
    • (55)
    • (38)
    • (3)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : 磯田道史
  • 中央公論新社 (2012年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021892

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 『武士の家計簿』で一躍有名になった磯田道史さんが、あちこちで書いたエッセイをまとめた一冊。楽しく気軽に読めます。歴史が苦手な人でもさらっと読めるのではないでしょうか。
    中でも震災についての章は必読。読みやすい文章ですが、重要なことが書かれています。日本列島に住む人間がこれからの時代を過ごすにあたって読んでおかなくてはいけない本だと思います。

  • 「武士の家計簿」で有名な著者が、読売新聞に連載を持っていたころのコラムをまとめたもの。
    一つのコラムについて、ページ数にして大体3ページ。
    著者得意の古文書からの気付きなどについてつらつらと語られ、話題はバラバラだけど、歴史好きな人なら読んで面白いでしょう。

  • 他の著作と同様、歴史なのにとてもリアリティがある。
    忍者がどのくらいお給料をもらっていたとか、城攻めの時、最初に石垣を登ったのは彼らだったとか、知らなかったことがいっぱい。
    読むと他にも知りたい事がどんどん出てくる。
    とても読みやすい本です。

  • やはり僕的には忍者の実像を探る章が一番面白かったです。「忍びの国」(和田竜、新潮社)のように、想像力豊かに描かれる忍者像も面白いのですが、古文書を根気良く紐解いて真の忍者の実態に迫る本書は新しくて面白かったです。

    著者は古文書を読み解くプロですが、東日本大震災を超えて自分には何ができるのか模索した結果、震災に関する古文書から地震研究を行うことを思い立ち、より調査のしやすい地域に移り住むということをしています。

    ただ通説をなぞるだけで権威を振りかざし多くの可能性を潰す学者より、忌憚なく立場を超えて自らの説を発信していける著者のような歴史家が増えて行くことを願います。

  • 今まで読んだ歴史関連書籍の中で、断トツに面白かった。学生時の古文書の授業は退屈だったが、古文書のそのものは、おもしろワンダーランドなんだよなあ。そこに至れない人生をとても残念に思う。
    新幹線で関ヶ原を通過する時の態度から直すべし。

  • 本当に面白うございました。ぷっと噴き出す部分も。
    地震に備える為に生活を捧げる著者の姿勢に頭が下がる思いも致します。

  • <目次>
    まえがき
    第1章 忍者の実像を探る
     忍者の履歴書
     秘伝書に残された忍術
     忍者の俸禄
     赤穂浪士と忍者
     甲賀百人組の居所
     江戸の化学者たる忍者
     毒物が語る闇の歴史
    第2章 歴史と出会う
     「武士の家計簿」のその後
     ちょんまげの意味
     北陸の妖怪目撃記録
     幕末に飛び交った不気味な声
     連月焼のぬくもり
     頼山陽の真贋
     皇族旧蔵品の発見
     斎藤隆夫の命がけの色紙
     子どもと歴史の感動
     古文書が読めるまで
     司馬さんに会えたらという反実仮想
    第3章 先人に驚く
     天皇土葬化のきっかけ
     江戸の狆飼育
     殿様のお世話マニュアル
     江戸の食品安全基準
     江戸時代の倹約効果
     日本人の習性は江戸時代に
     手塚治虫と幕末西洋医
     トカラ列島宝島の薩英戦争
     龍馬暗殺時の政局メモ
     陰陽師の埋めた胎盤
     この国の経理の歴史
     福澤諭吉と学者の気概
     皇族・華族・不登校
    第4章 震災の歴史に学ぶ
     和本が落ちてきて
     小早川秀秋の墓
     心の丈夫なる馬を用ゆべし
     東北の慶長津波
     地震活動期に暮らす覚悟
     江戸時代の「津波避難タワー」
     フロイスの地震記事を追う
     津波ではじけた干拓バブル
     地震の揺れ時間
     津波と新幹線
    第5章 戦国の声を聞く
     石川五右衛門の禁書を読む
     五右衛門が獲ろうとしたもの
     国宝犬山城の見方
     小田原城主、大久保忠隣
     家康と直江兼続
     江戸城の弱点と攻略法
     毛利が西軍についた瞬間
     島津の強みは銃にあり
     井伊直政はなぜ撃たれたか
     関ヶ原見物作法①家康編
     関ヶ原見物作法②三成編
    文献索引 
    人名索引
    初出一覧

    ***

    著者は映画化された「武士の家計簿」の原作者であり、歴史学者である磯田道史氏。
    武士の家計簿は当然知っていましたが映画、本とも見た事なく、この著者との結びつきも自分の中でなかったので、今回まるっきり初対面(?)で読みましたが、ものすごく面白かった…!!!

    『わたしが知りたいのは「歴史のほんとう」である。歴史のほんとうが、隠されていればいるほど、探り出すことに興味を感じる。 (まえがき p2) 』
    『誰も読んでいない古文書をみつけ、それを解読して、事の真実に迫る。わたしは、そういうものを簡平明な文章で書きたいと思って、本書をまとめた。 (まえがき p3)』

    ということで、 よくある歴史小ネタ本に留まらず、現代語訳化、一般書籍化されていない古文書から引っ張ってきたネタが多いため、私もこの本で初めて知ったことがたくさんありました。「孫引き」ではなく、生史料からのお話は読んでいてワクワク!歴史ってこうなのね!とか、こうやって出会うのね!とか、まさに歴史の「愉しみ方」をまとめられています。
    とにかく読んでいて面白い。

    『そういうわけで、ずいぶんとたくさんの古文書を読み、さかんに現地を歩いてみたのだが、率直にいって、楽しかった。 (まえがき p3)』

    理由はこの一文に尽きると思うのですが、著者自身がほんとうに歴史が好きで好きでしょうがないんだろうなと。

    また、まえがきにも触れられている通り、東日本大震災を受けて著者は茨城から東海地震エリアの浜松に移住。

    『しかし、古文書を解読でき、なおかつ歴史時代の地震を研究する大学の日本史研究者が、東海地方には一人も常駐していない。これは困ったものだと思い、機会があったので、自らのぞんで、浜松の大学に転職し、江戸時代以前の地震や津波の古文書を探して研究する仕事をはじめた。
    第4章は、この過程で書いていったもので、これから起こる地震について、歴史から何が予見できるのか。 (まえがき p... 続きを読む

  • 古文書を読めるのって良いなぁと、羨ましく思った歴史エッセイ。
    歴史考察探偵というべきか、
    興味を持ったらとことん古文書を読み解いていく著者の姿。
    大変・・・だけど、愉しそう(#^.^#)
    文章も読みやすいので、読んでいる私までも興味を持ってしまう。
    忍者、殿様のお世話マニュアル・・・そして、江戸時代の大災害まで。
    TVの歴史番組で司会をしている著者の姿を思い浮かべながら、読むのも一興。
    それにしても、日本史に関する知識の深さには驚嘆します。

  • 面白い良書だとは思うが、繰り返しも多く、一つ一つの話題については、アッサリと片付けている。もっと書き込んでくれれば、より面白くなったと思うので、そこが残念である。

    磯田さんの歴史に向かい合う姿勢には共感を覚えるので、今度は一つのテーマを深く追求して書き込んで欲しい。(そういう著作もありますが)
    本書にも出てくるが、個人的には横井小楠についてもっと知りたいと思った。

    内容的には新書より文庫の方が似合う本だと思う。

  • 5月 *移動図書
    請求記号:C-2189 図書ID:10019148

  • 面白いのだが、終わった後に記憶に残らない軽い本。あとから知ったのだがエッセイをまとめたもので、テーマはバラバラ、忍者、家計簿、津波と多岐に渡り、各テーマのは数ページ単位のため、読みやすい反面、消化不足なまま次のテーマに映ることもある。歴史ラノベといった感じ(ノベルではないが)。とはいえ、裏付けは古文書からとっているようで、いい加減な感じはない。歴史ファンが気楽に楽しむ本としてオススメ。

  • 戦国時代の武士は血みどろになって頭の毛を抜き、ちょんまげを結っていた。頭頂の毛を抜くのは兜をかぶったとき蒸れないためとされる

  • 第1章 忍者の実像を探る
    第2章 歴史と出会う
    第3章 先人に驚く
    第4章 震災の歴史に学ぶ
    第5章 戦国の声を聞く

  • 28年12月20日読了。

  • 読みやすく、歴史に興味を惹きつけられる良作。地震の記述には本当に考えさせられる。

  • あぁ、もうこれはいけない。
    タイトルに『愉しみ方』とあるが、そんなレベルでなく面白い。
    歴史が嫌いな中学生や高校生がいたら、すぐさま渡してあげたい。

  • 子供のような探究心を持った著者だと感じた。彼の発見・意見にたどり着くまでの経緯を題材毎に1-2ページにまとめた本。読みやすかった。

  • やはり磯田さんの本は面白い。日本史のことが書かれたものを読んで、これほど笑ったのは初めてだ。

  • この本に影響されて 「古文書講座」 を受講しています

    今は使われない 変体仮名 くずし字 合字 などなど、解読のための知識を教わっています

    順調にいけば、3年ほどの受講で「古文書解読チーム」のメンバーになれるそうです

    ところで、磯田道史さん、
    「地震の研究のため静岡の大学に転職した」
    と書いていましたが

    今は京都の大学に転職したようで
    「あら、地震はどうなっちゃったのかしら」
    と、いらん心配をする今日このごろ

  • HUMICでの請求記号「中公新書/2189」

  • ずいぶん前の事なんだが「人が人形を選ぶんじゃなくて、人形が人を選ぶんですよ。人形劇を楽しめる人は人形に選ばれた人なんです」というのを読んだことがある(ソースは探したのだが出てこない)

    してみると、磯田先生などは「古文書に選ばれた人」なのではないだろうか。

  •  著者磯田さんは古文書を読み解き、それを一般にわかりやすく書く。その文章は絶品だ。
    本書を読むと、この古文書読解力はなんと15歳のときに家の古文書を読もうとした時から始まっていることがわかった。早熟である。しかも、磯田さんはこれはという古文書を探す名人でもある。この勘は長年の地道な経験から生まれたものである。本書は忍者、災害がやや多くのスペースを占めているが、全体には短い歴史エッセイを集めたものだ。だから、これまでの『武士の家計簿』や『無私の日本人』などと比べるとちょっと物足りなく感じる。忍者なら忍者もので一冊になるまで待った方がよかったのではあるまいか。とはいえ、1篇1篇は概して面白い。とりわけ、関ヶ原の合戦のあとなぜ徳川が薩摩の島津を滅ぼせなかったのかという段落はへーと思った。薩摩では、鉄砲が上層部にまでいきわたっていたからだ。というのは、鉄砲は足軽の持つ者で、武士はそんな卑怯なもので勝負をするわけにはいかないという意識がまだ強かったからである。同時に薩摩藩では、自ら問題を解く教育を下部からしていた。だから強かったのだともいう。薩摩恐るべしである。

  • 古文書が読めるといろんな事がわかるんだなぁ、と楽しく読めた。
    歴史はなかなか面白い。

    ただ、本書では前書きにも筆者が書いている通り、歴史を知る事で厳しい事もある。
    やはり、過去の記録から見ても、日本列島は地震の活動期に入ったと言わざるを得ないのだろう。

    以下、備忘。

    +++++
    薩人には、「もし、こうなったら」とあらかじめ考えておく「反実仮想」の習慣があった。
    →「想定外」を「想定内」に!

    考えてみれば、戦後の繁栄そのものが、たまたま自信活動がない時期の平和を謳歌したものであった。
    自信休眠期ならではの甘い想定で原子力発電を計画し、そのエネルギーを基礎に、鬼の居ぬ間の洗濯のような、危うい経済社会を築いていた。

    太平洋の沿岸には、だいたい500年に一回ほどの周期で、超巨大大津波がきている。この500年に一度の「強いほうの東海大地震」が、最後にこの国を襲ったのは、室町時代で、明応大地震・明応大津波(1498)と呼ばれる。
    運の悪い事に、われわれはこの明応自身からちょうど500年後の世界を生きている。
    ++++++

  • その時代の人たちの息づかいが想像できる魅力的なエピソードが詰まった一冊。江戸~戦国がメインですが、ほかの時代の話も出てきます。堅苦しくないのに深くて面白い!
    最後まで読んだら、意味もなく東海道新幹線に乗って往復したくなるかもしれない。

    古文書がすらすら読める能力を活かし、ちょっと変わった切り口で歴史の魅力を伝えてくれる磯田さん。望遠鏡や縦穴式住居を手作りするなど、子供の頃から人並み外れた好奇心と行動力の持ち主です。
    震災を機に地震・津波の研究のために大学まで移るとは。歴史を学び歴史に生きるというのを体現しているような方だなと思います。

  • 地震のところで、飽きた。

全54件中 1 - 25件を表示

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)の作品紹介

忍者の子孫を訪ね歩き、東海道新幹線の車窓から関ケ原合戦を追体験する方法を編み出し、龍馬暗殺の黒幕を探る-。著者は全国をめぐって埋もれた古文書を次々発掘。そこから「本物の歴史像」を描き出し、その魅力を伝えてくれる。同時に、歴史は厳しいものでもある。地震史研究にも取り組む著者は、公家の日記などから、現代社会への警鐘を鳴らす。

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)はこんな本です

ツイートする