梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)

  • 109人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 山本紀夫
  • 中央公論新社 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021946

梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 今日の読書人にとって、梅棹忠夫という人物のスケールを正確に知ることは難しいのではないかという気がします。

    私が初めて梅棹の名前を知ったのは、『知的生産の技術』(岩波新書)でした。パソコンが当たり前になり、さまざまなライフ・ハック本が溢れている現代では仕方がないと思うのですが、そのときには半世紀も前にこういう人がいたのか、という程度の感想しか沸いてきませんでした。次に『文明の生態史観』(中公文庫)を読んだときは、そのスケールの大きな議論が大風呂敷としか思われず、戦後日本が復興を果たしていく中でこういう本が受けたのだろう、と納得していました。いわゆる新京都学派や国際日本文化研究センターを中心とする文明論的ナショナリズムの流れの中に梅棹を位置づけるならば、こうした見方もけっして的外れではないと思うのですが、その後廣松渉の『生態史観と唯物史観』を読んで、ようやく梅棹の仕事がどれほど大きなインパクトを持っていたのかが見えてきました。そして、『情報の文明学』や『情報の家政学』(ともに中公文庫)を読んで、梅棹がさまざまな分野で時代に先駆けるような鋭い視点を示していたことが徐々に理解できるようになり、その仕事の全体像を知りたいと思って本書を手に取りました。

    ただ、本書を読み終えての感想は、やはり梅棹ほどスケールの大きな人物を扱うには、新書サイズでは難しいのだろうか、というものでした。何よりもその業績が広範な範囲に渡っており、その意義を同時代の学問水準や時代状況の中で位置づけなければなりません。さらに、それらの研究が梅棹という人物の一貫した関心のもとで捉えなおされる必要があります。

    梅棹と同様に領域横断的な思想家でも、たとえば梅原猛であれば、その強烈な実存を中心に据えることで全体像を把握することも可能だと思われますが、梅棹の場合にはそうした実存的条件が彼の仕事の中に明瞭に認められるわけでもなく、やはりそれぞれの分野の中で彼の仕事の意義をはっきりさせなければなりません。こうした意味で、梅棹ほどその全体像を把握することの難しい思想家は珍しいように思います。近代以降では、梅棹の師である今西錦司や、南方熊楠くらいではないでしょうか。

  • 文明の生態史観はもとより、その思想の変遷を辿ろうとするには物足りない。

  • このタイトルを見て買わないわけにはいかない。梅棹先生の自伝的な読み物は何冊か読んでいるので、知った話が多いけれど、いわゆるお弟子さんから見た師匠の生涯ということで興味深く読ませてもらった。梅棹先生の本を読み始めて10年くらいになるだろうか。古本屋で見つけては買って読むようにしているのだけれど、やはり著作集にはかなわない。読んでいないものが多すぎる。特に読みたいのは、「狩猟と遊牧の世界」「女と文明」(妻無用論を最初から最後までちゃんと読みたい。上野さんの本はまだ出ているのだろうか。)「情報の家政学」「日本とは何か」それから岩波の写真文庫も。私の自慢は、「行為と妄想」のサイン本。たまたま古本屋で見つけました。ラッキー。偽物サインということはないですよね。きっと、どこかの読書家が亡くなられて、遺族が値打ちも分からずに全部売りはらったとかでしょうね。とにかく絶版になっている本が多すぎる。いまさら著作集は買えないし。これからも、古本屋で梅原、梅田、・・・梅棹と探していこう。見つかったときの感動は大きいのだ。先日も奈良で、「二十一世紀の人類像をさぐる」を見つけたところです。

  • 外国へでてみて、日本のことがはじめてわかった。これが、旅行というもののもつたいせつな効果のひとつである。旅行は、訪問さきの国ぐにについて、ゆたかな知識をあたえてくれるとともに、自分の国についての、あたらしい認識をもあたえてくれるものなのだ。(p.74)

    ヨーロッパの人たちは、自分たちはつねに調査研究の主体であって、客体はつねにヨーロッパ以外の地域にすむ人たちであるとかんがえてきたのである。自分たち自身が調査研究の対象になるとは、夢にもおもっていなかったのだ。(中略)そのような、ヨーロッパに対するヨーロッパ人自身の態度が日本の学会にそのまま移植されて、今日にいたるまで、ヨーロッパ調査研究の対象になるという発想は、ついにうまれでることがなかったのであろう。(p,143)

  • 伝記というには、まだ「生」を感じてしまうのであるが、梅棹の書物を紐解く前に、この本でざっくりの背景を押さえておくことを強くお勧めする。すぐれた著書が生まれた時の背景を感じることで、その素晴らしさが倍増するに違いない。「あくなき好奇心と強力な持続力」、私が梅棹に魅力を感じるのはここにあったのだ。

  • 梅棹忠夫の「最後の弟子」による評伝。平易に網羅的に書かれているので、梅棹のことをあまり知らない読者にとってはいい「梅棹入門書」と言える。でもある程度梅棹のことを知っている読書にとっては物足りないかもしれない。やはりそこは本書でよく引用されている『梅棹忠夫著作集』にあたらなければならない。とはいうものの、第六章以降、民博云々の話は興味深い。著者の思いも込められているとは思うが、研究者としてのありかたが梅棹の仕事を通して語られている。「学問の横あるき」、「未知なるものに対する好奇心」、「一般社会の理解と認識こそは、科学をおしすすめる最大の地盤」、「初期微動に敏感に」などの梅棹の言葉は、現代知識人に向けた言葉ととることもできる。

  •  高校現代社会で名前だけ聞いて、すごい苗字の人だな、としか記憶になかったのだが、ひょんなことから手に取り、一気読み。あの「知的生産の技術」と評されるように、今のハウツー物のはしりとなる書を数十年も前に著す、慧眼の持ち主。その人の伝記本として読めた。何か、こうなんともいえないパワーをもらったような錯覚に陥っている。
     著者は梅棹氏門下の一人で、もっと突っ込んだ記述を期待もするが、淡々と師の生涯を概括している。おかげで他の著書にも一気に興味が湧いた。

  • 2010年に90才で亡くなった梅棹忠夫さんの評伝。著者が終章で書いているように、日本語論や文化行政の功績についてはあまり触れず、フィールドワークの分野を中心としていますが、「知の探検家」であり優秀なアジテーターであった梅棹さんの魅力が伝わる1冊。

  • 本書は「最後の弟子」に手による梅棹の業績と生涯をたどる評伝。「二番せんじは、くそくらえ」。知的好奇心に満ちたその生き方は少年時代から晩年まで一貫しており、梅棹が常に新らしい挑戦者・開拓者たらんとしたことを証示する。 氏の文明論には、違和感をおぼえるものの、『知的生産の技術』(岩波新書)を再度ひもときなってしまった。

  • 良くわかる梅棹忠夫であります。この評伝を通じて、学問を軽やかに横に飛び越えてゆく、痛快な研究者人生を垣間見ることができるような。読み進むうちになぜか梅棹忠夫の活気というか、元気も伝わってきます。 お勧めの一冊であります。

  • 面白かったです。

  • 梅棹さんも京都大学で助教授を16年もやっていたいんだ。
    未来のことを考える場合、いわゆる初期微動に敏感でなければならない。やがてくる大変革の時代を地震に例えるなら、今各分野で生まれている情報産業はその前兆として微震のようなものであり、その中に飛び込んで色々とやってみれば、地震の揺れ方をとらえるような性質のものである。しかし梅棹さんの情報産業論は当時は受け入れられなかった。時代の皮肉だ。
    あらゆる機会に様々な言語を学ぼうとし、その動機は現地の人々の文化を学ぶためには現地語が必要だから。地球上のさまざまな地域には、異なった社会があり言語があるので、それを尊重しようという態度。
    研究者は博士号を取るべし。

  • こういう生き方っていいよな、と思える本。必ずしも梅棹の思想を掘り下げた本ではない。「知的生産の技術」は読みたいな。

全13件中 1 - 13件を表示

梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)に関連するまとめ

梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)の作品紹介

中学時代から山や森林に分け入り、白頭山や大興安嶺を踏査した探検家、モンゴル、ヒマラヤ、アフリカにフィールドを求め、「文明の生態史観」を提唱した民族学者、厖大な情報の活用を説き「知的生産の技術」を広めた「知のアジテーター」、そして国立民族学博物館を生んだ教育者・経営者-梅棹忠夫は、どの分野においても目的に向けて周到に準備し、全力で未知の問題を追求した。開拓者として生きたその思想と生涯。

ツイートする