集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)

  • 478人登録
  • 3.62評価
    • (15)
    • (39)
    • (25)
    • (9)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 西垣通
  • 中央公論新社 (2013年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
エリック・ブリニ...
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  議論に飛躍が多く,根拠も薄弱で,「独自の理論」に聞こえる。風呂敷を広げすぎたんだろうか。
     専門知が無批判に受け入れられる時代は終わった,これからは集合知だ,というコンセプトはわかるが,ではどうするかというのがあまり詰められていない。ネット集合知への過信を戒めるのは当然として,それ以上の意義ある提言は見いだせなかった。

  • 集合知とは何か?
    共同体知、コミュニケーションにおける暗黙知。
    自己の深層の活性化。

    知識とは「主観的」なものである。
    専門家の知識は、あてにならないことが、近年示されている。
    「客観知」二人称の知として蓄積することが必要?

  • 原発事故発生時のネット書き込み(集合知)の正しさなどの実例あり。そして集合知が正しいための条件が説明されている。

  • 「グローバルでフラットなIT社会」を目指すというような最近の画一的な風潮に,「個人的な知」からの切り口で批判的に論じた一冊.めちゃくちゃ面白い.

    全体的に少し感情的な表現に感じるところもあったけど,何より,「本当にコミュニケーション活性化とか,情報共有とか,徹底的に推し進めていいのかな?」という疑問を持ちながら推進していた自分にとっては刺激的でためになった.

    集合知の他の本でも記載があったが,あまり緊密すぎる関係性は,多様性を損ない効率が低下する.というような話があったが,
    ここでは「開放系と閉鎖系」の集団モデルの安定性の比較の例で紹介されていた.
    どちらにしろ,単純に数値のサマリーを行うように人の活動を取り扱おうとするとダメにしてしまう,というリスクを考えなくてはいけないようだ.

    西垣先生の本も数冊読んでたら,ようやく「客観的で科学的な物事の解析」とは少し視点の違う「主観的で閉鎖的な人の意識を起点にした世界認識の組立」のような感覚が掴めてきたかも..?

    おもしろかったー.

  • 西垣通の新刊。集合知は、ゼロ年代のweb2.0のときに微妙に流行って、オープンとかシェアとかあのへんのネットカルチャー的な耳あたりのよいバズワードとも相性が良かった。ノマドだとか新しい民主主義だとか一般意思2.0だとか、10年代の議論にも連なるかもしれない。
    しかし、著者はそんな意識が高くナイーブな理想論に与しない。その一見新しく見える思想自体が、20世紀を通じて支配的であった論理主義的な前提に依拠していると指摘する。それらは20世紀においてさんざん議論されたことの変奏あるいは焼き直しでしかなくすでに限界が見えているとして、彼らのユートピア的な幻想ははっきりと否定される。
    そうした問題意識のもと、知のあり方そのものをあらためて検討し再定義を行うこと、そうして再構築された前提から集合知の可能性を見出していくことが本書の目指すところとなる。
    では、知とはなにか、知のあり方いかなるものなのか。著者は、知の原型を、徹底的に主観的で身体的な、本来的には共有不可能な一人称的なものだとする。それらは再帰的・循環的な閉鎖システム(オートポイエーシス)において生じる。
    そのような閉鎖系からいかにしてコミュニケーションが生まれどのように知が共有されるのか。ここで著者が提示するのがHACS(階層的自立コミュニケーションシステム)であり、ここに至って著者の研究の集大成ともいえる大著「基礎情報学」「続 基礎情報学」との接続が果たされる。
    さらにマーク・ハンセンによるSEHS(システム環境ハイブリッド)、あるいは西川アサキによる数理的な検討であるアサキモデルを手がかりに、閉鎖システム間のコミュニケーションから知識や秩序が生成されるメカニズムを紐解いていく。
    こうして丹念に考察してきた集合知とその可能性は、いわゆるバズワードの集合知とは大きくことなり、地味で面白みのないのものである。社会の状況を一変させるような即効性もなければ、意識高い系を喜ばせる派手さもない。そこでにあるの生命と技術とか並存する社会状況であり、それを冷静に見つめる姿勢が求められる。
    一時期もてはやされた集合知という言葉も、いまとなってはすでに過去のものになりつつある。しかし、一過性の流行として消費され尽くす前に、集合知の可能性をあらためて検討し直すことは決して無意味なことではない。

  • あとがきの日付が「2012年11月」となっているので、3年と5ヶ月前になる。
    この間にITがいかに進歩したかを感じる。
    なんといっても今月、AlphaGoがリ・セドル九段を破った事実は、ディープラーニングがITの世界にパラダイム・シフトをもたらした。
    本書は、このディープラーニングという閉鎖システムがIT上で実用的になることを前提にしていない。
    著者は従来の開放システム(=与えられたプログラムで処理するだけのもの)だけですべてが処理される世界になることを望んでもいないし、予想もしていない。
    ディープラーニングによるパターン認識と学習は、主観知の相互作用による合意形成と根本的なところは同じものではないかと思う。
    また、タイプIIIと呼んでいるものは、今、IoTと騒がれているもの。
    IoTとディープラーニングを活用し各自の主観知から合意を作る世界、すなわち著者が望み予測するものに近い将来が実現に向けて歩み始めたのではないかと思う。

  • 著者の知識量や多岐に渡る考察には感心したが、
    脈絡がなく文章として読みづらい部分が多い。
    前半部分はタイトルと合致した内容だが、後半は
    脱線している印象。

  • 基礎情報学の祖、西垣氏の本。内容は、基礎情報学がベースとなっていて、おさらいしつつ集合知を考えていく。文中で紹介されている、平野啓一郎「私とは何か」、西川アサキ「魂と体、脳」に出会えたことが収穫。

  • 前半部分,西垣通にしては分かりやすいと思ったが,やはり途中から難解に.
    しかし,おぼろげながら雰囲気は分かったかも知れない.
    逆に雰囲気しか分かっていないのかも.
    とりあえず「みんなの意見は案外正しい(The Wisdom of Crowds)」というのは読んでみないといけないな.

  • クイズミリオネアでは、その問題に対してくわしそうな知人にたずねるのと、オーディエンスにたずねるのとを選ぶことができる。どちらが正解率が高くなるかというと、後者のほうなのだそうだ。少しの計算結果などを示しながら、その理由が語られる。なるほどと思う。「みんなの意見は案外と正しい」のだ。だからと言って、短絡的に、ネットを使ってみんなの意見を聞けば正しい答えが得られる、ということが本書に書かれているわけではない。集合知とはそんな単純なことではなさそうだ。クオリアあたりまではついていっていたと思うが、サイバネティクスからオートポイエシスあたりでは、字面を追うだけでほとんど頭に入らなかった。したがって、著者の意図するところをしっかり汲み取ることはできなかった。それでも、専門知から集合知へ、ネットをうまく活用していけば何らかの新たな解決策が見つかるような予感だけはする。ネット通販などがそうそう盛り上がっていかないというくだりは、人はそう単純な生き物ではないということを思い知らされた。

  • メモ
    ⅠⅡⅢコンピュータ
    社会集団の下位レベルにある暗黙知や感性的な深層をすくいあげ、明示化するような機能が、ITに期待される

  • 現時点の集合知研究の動向について紹介。


    ref.
    集合知への期待は領域を超える。
    東『一般意志2.0』、山口『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』

  • 数学的には、個人の知より、集合知の方が正しい。ただし、そうなる条件としては、多様性の高い集団であることとのこと。多様性が低ければ、結局、個人が間違うのと同じ様に間違うという当り前のこと。

  • クオリア,暗黙知,APS,HACS,ネオサイバネティクス,SEHS,分人,アサキモデル...色々な学説が出てきて、思ったよりヘビーな新書だったが筆者の要点としては、
    ①多様な価値観が混在する人間集団において閉鎖性・不透明性が保たれれば、メンバー同士の二人称対話(信用のキャッシング行為)にもとづき、社会は安定性と動的適応性へ向かう(→盲目的にオープン/フラット化した社会への反対)
    ②人間(生命体/心)はリアルタイムで閉鎖的な自律システムであり、機械は静的な時間で開放的な他律システムと、異なる性質ゆえに、ITエージェントはAI(Artificial Intelligence)からIA(Intelligence Amplifier)へ転換し、人間の対話協調を補助するものになるべきである(→自己言及のパラドックスに陥る汎用的人工知能への警告)

    人間がどれだけ身体機能を機械に依存しても、人のクオリア(心)や対話能力はそれに代替できないから、ドラえもんとかタチコマみたいなのはやっぱりSFの世界ってことかぁ。。

  • 正直、今の私には少し専門知識が不足していて咀嚼しきれない表現が多かった。通常、新書を読むペースより2倍の時間をかけ、目次を写してメモをとりながら2度読む方法をとった。
    西垣通氏の著書は以前に何度か読んでいて社会学的な視点で興味のある眼差しを持っている方だという印象を持っていた。本書も、第一章で今沸き立っている一般意思2.0に安易に乗っかることへの警鐘を鳴らしている。この本を読む一年程前に読んだ『一般意志2.0』東浩紀氏著を読んだ時は、集合知の活用による新しい社会システムを待望したものだ。第三章・第四章と難しく感じたが、第六章は総まとめ的にわかり易く本書を振り返ってくれている。

  • 集合知の本でありつつも「ビッグデータの集合で、最適な回答が導き出せる」という立場とは真逆の本。

    情報学をベースにしつつ、認知学、心理学、組織論などの分野と関わりながら、人間と機械の違いに注目し、「人間の知が機械に取り込まれる」のではなく、「機械を使って人間がどのように知を流通させるか」がテーマ。

    途中までの議論に比べると、最終的に示される方向性がかなり抽象的で、少し迷子になる感じ。

  • 「知とは何か」という問いかけは、決して、暇つぶしのペダンティックな質問などではない。むしろ、命がけの生の実践にかかわる問いかけなのだ。


    前書きの1文を見ただけで、購入して失敗したと実感
    小難しい単語を並べて、自己満足している学者チックな著者なのだと。案の定、本書は権威がありそうな他人の主張を参照するのみで、著者の意思が感じられない、いわゆるつまらない論文チックな文章となっている。

    題名だけを見てネットで購入すると、たまに買ってしまう残念な一冊でした。

    ペダンティック:pedantic

    物知り顔の、学者{がくしゃ}ぶった、学者{がくしゃ}ぶる、知識{ちしき}をひけらかす (www.alc.co.jpより)

    まさに、あんたのことだと著者に言いたい。

  • あとがきから引用

    20世紀は、専門家から天下ってくる”客観知”が絶対的な権威を持っていた時代だった。21世紀になると、一般の人々の多様な”主観知”が、互いに相互的な位置を保って交流し、ネットを介して、ゆるやかな社会的秩序を形成していくのではないだろうか。個々の血のにじむような体験からなる、繰り返せない主観的世界こそ、生命体である人間にとって最も大切なものだからだ。

    著者は工学部出身で、情報学が専門。このため、難解な箇所も見られたが、知のあり方はどうあるべきか、という問いに迫る読み応えのある一冊。

  • 久々にパンチ力の新書を読んだ思いを深く。一般意志2.0以降続いているネットやらビッグデータやらの集合知イメージをリセットし、今一度、「知」というものが人の集合、群からどう生成するのかという過程をきっちりと追った本。

    オートポイエーシス、サイバネティクス、社会システム理論ほか、予備知識があったからよかったけれど、未学習者は置いてきぼりになってしまうかもなー、と思ったり。でも新書って、そもそも教養レベル高いものだし、天下の中公新書さんだし、納得。

    内容も深い。特に開放/閉鎖システムの比較とともに閉鎖システム無くしてシステムの安定は難しいという指摘。不透明性や閉鎖性を維持してきた人類の暗黙知の示唆。いやー、「知」ってすごいすね。

  • 閉鎖システムの意義が良かった。関連することがたくさんあった。

  • 内容が薄くない。それだけに予備知識なしに読み続けるのは苦痛になるかもしれない。
    筆者の知に対する考察の深さには恐れいる。読む価値のある本であり、集合知に興味があれば買うべし。

  • AI から IA ; intelligence amplifier

    平野啓一郎 私とは何か
    西川アサキ 魂と体、脳

    世の中には正解など存在しない問題も多い。これら複雑で込み入った問題は、ネットの中からいくら知識を検索しても、ほとんど解決の役にたたない。

  • 集合知とは何か、というタイトル通りの本です。
    生命体の集合知では、クオリアという感覚質によって外界の情報を無意識にインプットされ、個体の記憶を基にして情報が再編される閉鎖的自律システム(オートポイエティック・システム)。時間や場所や心理状態が変われば、同じものを見ても感じ方が変わるのは当たり前。そしてその感じ方はその人個人のものなので閉鎖的である。
    閉鎖的ならばどうやって他人とコミュニケートできるのか?完全なコミュニケートは不可能(個人の痛みを他人が完全に理解するのは無理!)だが、意識に上ったものは会話等によって意志疎通ができる。
    人間個体を理解することで集合知を深く探求することはできる。
    また、生命体の本質は閉鎖的自律システムなので、所謂『人間みたいなコンピュータ』は作れない。コンピュータは入力したデータに基づいて出力する(しかも出力情報はいつ引き出しても同じである)から開放型他律システムだからである。
    さてネット集合知は専門知を超えることができるのか?その答えはまだ出ていない……。

    読み応えがあり、難しいけれど、面白いです。
    情報学の視点から人間を考えるとなるほどかようになるのかと感心しました。集合知というと、ネットワークや哲学がその学問領域になるかと思いましたが……、機械情報学からの出発が、生命システムに行き着く、そして再び機械情報学に戻るのは何だか不思議ですね。

    インターネットが当たり前の時代において、人間に求められるのは、情報を加工する能力でしょう。知識自体はウェブ上にあるので、それらをうまく組み合わせて知恵を生み出す。
    言ってみれば、レゴブロックがたくさんあっても、それを組み立てて遊ばないと意味がないのと同じです。お城を作ったり船を作ったり、組み立て方のパターンは無限にある中で、どういう組み合わせが適当か、考えなくてはなりません。
    しかし、注意しなければならないのは、知恵が肝心だからといって、知識(レゴブロック)を疎かにしてはならないということです。知識がなければ閃きもない、よって『知識はネット上にあるからわざわざ記憶する必要がない』となってしまうと、知恵を生み出す素地が育たず、よい結果は得られないでしょう。要は下積みが大事ということです。

    平野啓一郎さんの小説が気になりました。分人という概念は、ユングのペルソナと同じだと思いますが、確かに現代人は複数の人格を持ちすぎだと感じます。それらが一貫性をもったものならば、著者の言うように問題はないのかも知れませんが、うまく制御できないときは爆発しそうで恐いです。『いい人を演じるのも疲れた…』なんてのはよくある話で、そこは喜怒哀楽ある人間だから、あまりストレスを溜め込むことなく円滑に人間関係を進めたいものです。

    僕の評価はA+にします。

全43件中 1 - 25件を表示

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)の作品紹介

インターネットの普及以来、アカデミズムの中核を成してきた専門知が凋落する中で、集合知が注目を集めている。このネット上に出現した多数のアマチュアによる知の集積は、いかなる可能性をもち、社会をどのように変えようとしているのか。基礎情報学を中軸に据え、哲学からサイバネティクス、脳科学まで脱領域的に横断しつつ、二一世紀の知のあり方を問い、情報社会の近未来をダイナミックに展望する。

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)のKindle版

ツイートする