物語 シンガポールの歴史 (中公新書)

  • 274人登録
  • 4.02評価
    • (22)
    • (52)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 岩崎育夫
  • 中央公論新社 (2013年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022080

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユニークな発展を遂げてきたシンガポールの歴史が、この一冊でよくわかる。

  • [昇り竜解剖図]羨望を集めるほどの急激な経済成長で、東南アジア諸国の経済や投資を牽引してきたシンガポール。ほとんど顧みる人すらいなかった19世紀初頭の「発見」から、急速な経済成長を経た21世紀初頭までの歴史を概観した作品です。著者は、シンガポールをはじめとした東南アジア諸国の研究で知られる岩崎育夫。


    非常にコンパクトにシンガポールの経済、政治、そして社会についてまとめられているため、同国に関心を持つようであればとりあえずオススメしたい一冊。現実主義に徹したシンガポールの世界観がどのように形作られ、成功を収めることになったかがよくわかるかと思います。シンガポールと東南アジア諸国の関わりについても頁が割かれているため、広く同地域に興味を持つ人にもオススメです。

    〜比喩的に言えば、シンガポール株式会社の社長が創業者オーナーのリー・クアンユー、副社長がリーの片腕のゴー・ケンスィー、第一線の営業部長がエリート開発官僚、一般国民が事務職や現業の社員に相当する。そして、株式会社である以上、シンガポール株式会社は利益獲得に経営原理が置かれ、社長の大号令以下、社員全員が一丸となって会社の発展に励んだのである。〜

    いつかあの不思議な形のホテルに足を運んでみたい☆5つ

  • 上司がいるので最低年一回は出張するシンガポール(笑)実はそれまで行った事なくて、その歴史って知ってるようで知りませんでした。
    占領下での残忍な行動にもかかわらず親日が多いので謎でしたが、これ読んでプラグマティズムゆえだなとハラオチしました。
    英国、日本、中国、マレーシア、インドネシア、米国など関係諸国と様々なバランスで成り立っており、
    政治的自由を制約してまで経済成長を追求するのはともかくとして、日本も学ぶべき所は多いですね。
    この都市国家が経済戦略、政治面、文化芸術面など含めて今後どう変わっていくか注目したくなる一冊です。

  • 同国が1819年にラッフルズがスルタンからの土地購入により英国植民地になり、以来仕事を求めて来た中国人の増加が人口の7割を占め、現在に。そして日本の占領下、マレーシアの一部としての独立、そしてマレーシアからの追放と国としての生き延びていけるのかという悲壮感、リー・クアンユーが作った人民行動党のほとんど一党独裁と民主主義の関係など、現在の繁栄への流れが数奇な運命を感じさせられた。マレーシアからの独立が、むしろ残留を望んだのに追放だった!は驚きの発見だった。逆に分離したことが両国にとって現在の繁栄を招いたのだろうと思う。なによりも社会が存在しないところにいきなり国家誕生というユニークさ、それが成功した例としての国家のように思える。日本占領下での中国人弾圧、マレー・インド人優遇という日本軍の政策は驚きだったが、それを考えると同国の日本との現在の親密な関係は奇跡のように思われる。

  • シンガポールの歴史書。シンガポールが今のような姿になるまでに、どのようなことが起きていたのか。前からシンガポールは経済発展のための政府という感じを受けていたが、その理由がわかった。今度行く時は、ちょっと視点が変わるかも。

  • シンガポールについてよくわかる本。

    なぜシンガポールがこんなにも発展できたのか、そのストーリーが非常に論理的で納得できる。
    また今後のシンガポールの課題までもが指摘されており、ただシンガポールがすごいというだけの感想で終わらずに済む。
    この本を読むと、シンガポールに対する見方がより深く鋭くなることだと思います。
    シンガポールに何らかのつながりがある人、興味がある人はぜひ読んでみてほしいです。

  • 2016.8読了
    シンガポール赴任となり、現地の書店で購入。とても勉強になりました。著者はシンガポール人とご結婚されるほどのシンガポール研究の第一人者のようです。歴史を客観的に示しつつ、物語としても面白く読める、秀作です。

  •  ラッフルズがインド・中国の貿易の中間点で、便利な港として「発見」したジャングルの島が、イギリス植民地、日本占領時代を経て、マレーシアの一部になるも追い出され、「誰にも祝福されない」独立を成し遂げてから、いかにして水も資源もない小国が今の経済発展を成し遂げていったか、ということを分かりやすく解説する本。
     イギリスの分割統治の話(p.21)や、日本占領時代はナショナリズム意識を生むための「膨大な犠牲を払った学習機会」(p.56)としても捉えられる話なんかは納得だった。本書にも書いてあるが、シンガポールに行って、国立博物館の展示を見ていて思ったが、日本占領時代は苦難の時代だけれども、イギリス植民地時代はとても良いものとして描かれているのが印象的だった。
     今の旅行者の目に映るシンガポールからは想像もできない独裁が行われていたというのは驚きだった。例えばインド人弁護士のジャヤレトナムという人(p.100)は、1980年代に国会で不適切な言動を行ったとして潰されてしまったし、2011年ですら「野党の立候補届けが受付時間を三〇秒ほど超えたため立候補を認められなかった」(p.209)ということがあったらしい。「野党候補者を選んだ選挙区の公共住宅修繕を後回しにする」(p.208)というのもあったらしく、すごい独裁だなと思った。北朝鮮という国が近くにあるだけに、これくらいのことなら大丈夫なのかなあとか思う。
     シンガポールには宗教はないが、あるとすれば「プラグマティズム」というのは、恐ろしいというか、その中で生きていく人は大変だろうなあと思う。例えば「成績の悪い者には、これ以上の教育は無駄という『効率』が、教育でも原理とされている」(p.120)なんて、恐ろしい。「生存のための政治」をせざるを得ない状況がそうさせているのだということがよく分かった。(16/07/29)

  • 2016/2/10
    シンガポールの改革を進めてきたリー・クアン・ユーの一生のような本。
    ・極めて合理的な政策により経済成長してきた反動で、この国では文化・宗教といった経済以外の教養が忘れられている。
    ・リー・クアン・ユー時代の人民行動党はこれまで野党の勢力が少しでも拡大すると厳しく弾圧してきた。
    ・ゴー・チョク・トンやリー・シェンロンの時代になり、自由な言論が許されるようになってきたこともあり、海外誘致の姿勢により国内を顧みてこなかったつけが回ってきている状況。

    今後の舵取りは、経済成長一辺倒であった10年前よりも、遥かに難しいだろう。
    資源をもたない経済大国シンガポールの今後の動向は今後も注視していくつもり。

  • 訪問前の予習として。
    華やかで自由そうなイメージしかなかったが、
    こんなにも管理社会の国だったとは知らなかった。

    ここまで繁栄しても、
    ずっと経済成長を目指し続けなければならないのは
    何かしんどそうだと感じた。

全32件中 1 - 10件を表示

岩崎育夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)の作品紹介

一人当たりのGDPで日本を抜きアジアで最も豊かな国とされるシンガポール。一九六五年にマレーシアから分離独立した華人中心の都市国家は、英語教育エリートによる一党支配の下、国際加工基地・金融センターとして発展した。それは表現・言論の自由を抑圧し、徹底的な能力別教育を行うなど、経済至上主義を貫いた"成果"でもあった。本書は、英国植民地時代から、日本占領、そして独立し現在に至る二〇〇年の軌跡を描く。

物語 シンガポールの歴史 (中公新書)のKindle版

ツイートする