アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)

  • 97人登録
  • 4.04評価
    • (6)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 上杉忍
  • 中央公論新社 (2013年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022097

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • アメリカ近代史を扱った本は数少ない。小生は初めて読むが非常に面白かった。
    アメリカという国の現在の強さと弱さ、光と陰の根源がこの「黒人の歴史」にあることは間違いがない。
    ただ「奴隷制」から「公民権運動」への変転である過去の歴史は実に興味深かったが、昨今の「分極化」の今だに続く悲惨な現状についてはあまりにリアルすぎて読みづらい。まだまだ「歴史」とはなり得ていないとも思えた。

    2017年1月読了。

  • 本著はアメリカ黒人の歴史に関してエッセンス、歴史的事実が網羅的に整理されおり大変参考になり、NYに来て、より身近に感じる問題といいながらも、過去の歴史について知らなかったことが多々あった。
    オバマ大統領が登場して7年もの歳月が経るが、未だに人種差別の問題がこの国の大きな社会問題になっている。
    本著を読んで、この社会問題の根の深さを改めて知ると共に、やはり歴史を知らないで現在の問題を判断することはできないことを再認識した。
    ちょうど、今日はキング牧師の功績を祝う祭日であるが、アメリカの歴史を知る上で避けて通れない公民権運動、また、彼自身のことについても、もっと学ぶ必要があると感じている。

  • 人種差別の歴史の一端を垣間見れた。有意義な読書をした。

  • 評価すべきはキング牧師以後、
    すなわち公民権運動以後に1/3近くのページを割いていることであろう。
    他書では割と公民権運動以後の記載が薄い。

    それはまだこの時代のことを歴史として俯瞰されていないとも言える。
    その様な中で70年以降のアメリカ黒人の歴史についての考察は
    非常に興味深く読める。

    また、様々な人種差別是正政策の裏に、
    政治的意図がどのように働いていたのか、
    公民権運動以降の黒人の中での多様化についても知る所が多かった。
    彼らのアイデンティティはどのように変わっていくのだろうか。

    そしてこれは他人事ではない。
    国内での人種の多様化が進もうとしている今、
    そこに至るまでのバックグラウンドは米国と違えど、
    彼らと同じような課題を我々は持つことになるのではないだろうか。

  •  岩波新書の『アメリカ黒人の歴史』の内容を、「その後の時代状況の変化を踏まえ、また、この間のアメリカ史研究の蓄積に基づいて、書き直すことを目指したもの」(p.213)。読み比べると「この間にいかに歴史認識が変化・発展したかを知」(p.215)ることができるらしい。具体的には岩波新書の方は公民権法が成立してキング牧師が殺されて、というところでほとんどが終わり、20ページ程が90年代の黒人の貧困について、ということだったが、本書では4分の1程度が公民権以後の話になっている。
     でも岩波新書の方を読んだのがだいぶん昔なので、読み比べというのができずに残念。結局、人間平等、とかいう思想はどうでも良くて、政治家の票取りゲームなんだなあということがよく分かる。ブラウン判決が現在では「骨抜き」にされている、というのがちょっと驚いた。現在の状況については、黒人で刑務所があふれかえっているということについての歴史というよりは社会学的な分析になっている。(14/05/06)

  • 上杉忍『アメリカ黒人の歴史』中公新書、読了。副題「奴隷貿易からオバマ大統領まで」、四百年にわたる合衆国の繁栄を支えた裏面の差別史を的確かつ簡潔にまとめた一冊。歩みを振り返るだけでなく、今なお残された課題の指摘も忘れないすぐれた米国史。これぞ「新書」の力か。

    http://www.chuko.co.jp/shinsho/2013/03/102209.html

    黒人は人口比およそ数十%、彼らは一貫して最底辺に沈澱する人々であった。著者は黒人を炭坑ガイドのカナリアに喩える。それはアメリカ社会の危機をいち早く伝える役割を果たしてきたからだ。南北戦争と世界大戦、公民権運動…。エッジに全てが集中する。

    危機をアメリカ社会に知らせる「カナリア」は同時に社会変革の最前線に常に立ってきたことをも意味する。自由と平等の建前の内実を実らしめんとしたのは最も虐げられた人々である。証言でその消息を綴る。読みやすく立体的に理解できるのも本書の魅力である。

    改善と是正の漸進主義が米国黒人史の流れだが、過去四半世紀は白人保守革命の時代。脱人種の「新自由主義」は、かえって差別の構造を肯定し強化する方向へシフトする。このことはアメリカだけに限定される話ではない。多くの人に手にとってほしい一冊。

  • 『ジャンゴ』、『リンカーン』と南北戦争当時の映画を最近見たので興味を持ち読みました。

    南部の奴隷制の酷さもさることながら黒人の公民権が産業や政治に翻弄され続けて現在に至る過程が印象強く残りました。
    インナーシティーと郊外での生活・教育水準の格差や犯罪の多寡、産獄複合体と言う聞きなれない言葉等々、日本からは見え難い現代米国の姿が良く分かります。
    当時の事件や事例も多く、分かりやすい内容でした。

  • アメリカ史を黒人にスポットを当てて説明する一冊。
    内容は非常にスッキリとまとめられており、読みやすくわかりやすい。
    後書きでも触れられているとおり公民権運動以後の内容が
    特におもしろく、産獄複合体に関する話題や、
    監獄を農村部に作ることによる農村部のメリットなど
    現代のアメリカが抱える問題に歴史の文脈の中で知ることができた。
    ひとつひとつの話題に対する掘り下げが薄いのは
    新書である以上仕方ないところか。

  • 奴隷を最大限に働かせるために日常的に暴力が振るわれ、奴隷の衣食住コストは最低限にとどめられたが、奴隷は搾取できる労働力であり貴重な財産だから、価格が高騰してくると奴隷の健康維持、出産にはそれなりの配慮が払われた。
    奴隷も白人、自由黒人の協力を得て北部やイギリスへ脱出した。

    アメリカの黒人大学で学んだ学生が母国に帰って独立運動に参加し、これらの国々が次々と独立したことが南部の黒人学生に勇気を与えた。

全12件中 1 - 12件を表示

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)の作品紹介

黒人たちはアメリカ社会の底辺にいるとされてきた。だが、二〇世紀の後半、徐々に社会的上昇をとげ、中産階級の仲間入りをする者も現れた。政財界に進出した例も多く、文化や芸能、スポーツなどの分野でも活躍は目覚ましい。本書は、アメリカ独立以前から南北戦争、公民権運動を経て現代まで、差別にさらされながらも、境遇改善への努力を積み重ねてきた彼らの歩みを辿るものである。また、今なお残された諸問題も指摘する。

アメリカ黒人の歴史 - 奴隷貿易からオバマ大統領まで (中公新書)はこんな本です

ツイートする