黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)

  • 79人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (10)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 飯倉章
  • 中央公論新社 (2013年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022103

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 横禍論が国際政治に与えた影響、それに対する日本の対応。
    風刺画を通して明らかにする。

  • 海外の諷刺画において、日本がどのように見られてきたのか、数多くの実例を交えながら概観していて興味深い。ヴィルヘルム2世の原案による黄禍の図がいろいろとパロディ化されているが、そもそもこの図を知らなかった・・・。

  • ○この本を一言で表すと?
     日本を表した諷刺画で近代を語る本


    ○面白いと思った点・考えた点
    ・諷刺画から日本を見ることで、国家レベル・政府レベルではなく、民間レベルでどういう考え方が受け入れられ、ウケていたのかがわかり、面白い視点だなと思いました。

    ・日清戦争前後では日本と清が一緒に皮肉られ、チビの日本人がデカい弁髪の清人をやっつけて、その周りでヨーロッパ諸国が観戦しながら漁夫の利益を得ようとしている図が多く、格下同士で序列が決まったという印象を持って書かれているなと思いました。(第一章 諷刺画の中の日清戦争)

    ・黄禍思想(黄色人種が白色人種をいつか脅かすことになる恐れ)はドイツ皇帝ヴィルヘルム二世が提唱し、日本だけが真に受けて他の国では笑いの種にされていたというのは面白いなと思いました。ヴィルヘルム二世もドイツの権益のために東西両面に敵をつくらないために日本とロシアを対立させていという考えがあり、当時はドイツ国民が日本に対して悪い印象を持っていないこともあり、政治的な意味も込めて皇帝自身が主導して「黄禍の図」を作成したというのは、なかなか複雑な背景があるなと思いました。(第二章 黄禍の誕生)

    ・「黄禍の図」がいろいろな形でパロディの図が作られ、対立構造とその片側もしくは両側を皮肉ることに使われているのは面白いなと思いました。(第三章 「黄禍の図」のパロディと国際関係)

    ・「義和団事件」については、中国の民衆が立ち上がって清政府がそれに乗っかって列強がそれを潰したというように認識していましたが、欧米諸国からすればキリスト教徒迫害に対する報復というイメージを持っていて、日本も中国におけるキリスト教の保護者として位置付けられていたというのは初めて知りました。(第四章 疑似人種戦争)

    ・国際的には孤立していた立場からイギリスと同盟を締結し、アメリカとも友好関係を持ってロシアと対立するという構図がうまく書かれた諷刺画がありました。やはりイギリスとアメリカは強国で日本はそれに付随するオマケ国というように描かれています。(第五章 異人種間の同盟成る)

    ・日露戦争後に日本の印象が大きく変わり、日本にも学ぼうとする姿勢の絵と、日本を怪物として見る絵があって、それぞれ日本に対する見方の典型的なパターンだったのかなと思いました。(第六章 黄色人種と白色人種の戦い)

    ・アメリカにおける日系移民排斥運動はアメリカ全体としての態度を表しているようなイメージを持っていましたが、それは日本でそういう解釈をされていただけで、アメリカ側ではサンフランシスコだけでそういう強硬な姿勢があり、アメリカ政府としてはその仲裁を試みて失敗していたり、日本で過剰に解釈されることになった原因は東洋人向けの学校への集約(日本人も中国人もまとめる)が原因だったというのは、単純で感情的な経緯が大きく膨らんだような経緯だなと思いました。(第七章 移民紛争から戦争論へ)

    ・第一次世界大戦における日本の参戦とドイツが租借していた山東半島への侵略が火事場泥棒として受け止められている絵や、アジア地域におけるイニシアティブを握った日本に対して欧米諸国が媚びている絵、日本が中国の権益を一人占めに仕様としている絵、日露戦争直後に日露同盟を締結した日本を揶揄する絵など、欧米諸国の日本に対するイメージがわかるような気がしました。全体として、日本がある意味では欧米諸国と国力の上では対等であるように見られているような印象を受けました。(第八章 甦る黄禍のイメージ)

    ・国際連盟における五強国の一国となった日本が国際連盟の規約に人種差別撤廃条項を盛り込もうとして受け入れられなかったことが、欧米諸国で諷刺画にされているのは、ある意味では日本の言い分にも一理はあ... 続きを読む

  • 風刺画を交えつつ日清戦争以降から第一次世界大戦以後までの
    他国の日本観を解説する一冊。
    多くの風刺画を紹介しており見ていて面白く、サッと読みきれる。
    黄禍論とひとくくりにするのではなく、
    日本そのものが世界にどう見られていたのかが掴める。
    また黄禍の図のパロディについても多数掲載しており興味深い。

  • 1.飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、読了。20世紀前半の脅威・陰謀論の代表の1つが黄禍論。本書は、日清戦争から第一次世界大戦後までの「風刺画」の表象を検討する誹謗中傷の言説史。日本の虚像と実像を描き出す一冊。図版も多く立体的に理解できる。

    西欧列挙の帝国主義の背景に潜むのは文明/野蛮という二項対立だが、そこから生まれる脅威論が黄禍論。しかし文明に自信があれば脅威論は論理的に噴出しないはずだ。その錯綜した感覚を風刺画を辿ることで鮮やかに浮かび上がらせることに本書は成功している。

    今日我々が理解する黄禍とは、世界秩序における後発国家・近代日本の伸張であるが、実際に西洋が怖れたのは日中連帯だ。しかし、日本は名誉白人的脱アジアを選択する。アジアに対して高圧的に振る舞い、一等国を怖れるねじれもここに起因する。

    第一次世界大戦後、人種平等案を提出するのは日本だ。しかしその優越的眼差しは、次の大戦の内実を予告する。そして人種平等を謳う国連憲章は、中国や南米をはじめとする諸国の声によって反映されるには興味深いし、歴史的に「~禍」は日本だけでない等々、本書で教えられることは多い。

    黄禍論の入手しやすい総論は、H・ゴルヴィツァー(瀬野文教訳)『黄禍論とは何か』中公文庫。こちらと併せてよみたい。

  • 日清戦争から第一次大戦にかけての日本は、「欧米列強」の目にどのように映っていたのかを黄禍論をテーマとした風刺画で追った本。

    日本人を描くモチーフは、良くて芸者、基本的には、子ども、猿。
    日露戦争後から第一次大戦直後、欧米列強と利害関係が一致して日本が彼らとにもっとも近づいた時期には多少扱いが良くなるが、それでも(出っ歯でチビの)サムライ、(出っ歯でチビの)軍人というありさまで、一貫して、まともな人間扱いされていない。

    本書のテーマである「黄禍論」のもたらす偏見のしわざだろうと考えてみたくなるが、黄禍論そのものはドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の妄言で欧米では大して本気にされておらず、せいぜい都合のいい(悪い)時だけ持ちだされた、という本書の立場(ハインツ・ゴルヴィツァー「黄禍論とは何か」もそんな論調)を鑑みると事態はさらに深刻。
    どうやら、黄禍論を抜きにしても、欧米列強は日本人を、ひいては白人は黄色人種を、一貫して人間扱いしていないようだ。

    翻って日本はどうかというと、人種差別には本気で怒る一方、いっそのこと黄禍論を逆手に取ってやろうかと国内で起こる極論を必死に抑えこもうと、涙ぐましい努力を続ける。
    何とも切ない。
    (日本対アジア諸国という場面において、八紘一宇だの五族協和だのの美辞麗句の正体が何だったかはここではさておく)

    本書は第一次大戦後の「第9章 人種平等への萌し」で結ばれるが、実際のところはどうかというと、第二次大戦の人種差別はさらに酷い。このあたりは、ジョン・ダワー「容赦なき戦争」に詳しい。

    さて将来はどうか。
    本書から分かるように、欧米、というか白人様は、(黄禍論に基づくかどうかはともかく)脅威とみなした時には日本人を人間扱いせず、利用価値があるときには人間(もどき)扱いしてくださる。

    かつての日本の、まず軍事力、ついで経済力は、欧米において利用価値が生じたり脅威となったりしたから、欧米人の日本人像も人間もどきと動物の間を行ったり来たりして、それは風刺画に現れた。
    しかし今後においては、日本は、欧米に何らかの影響を与えるだけの経済力や軍事力(まさか)を失っていくことになる。かつて人種差別を緩和したソフトパワーとしての「武士道」の役割を、クールジャパンとやらが担えるとは到底思えない。
    代わって、中国(まさに黄禍論)、韓国やそれに続くアジア諸国が、人種差別的揶揄の対象となるのだろう。

    もしかすると、東アジア内でのギクシャクした情勢を背景として、何故か上から目線の日本人が、揶揄される中国らを指してざまあみろとあざ笑う薄ら寒い光景が出来するのかもしれない。
    もう、日本は揶揄されたり恐れられたりするほどの存在ではないのに。

    どうでもいいが、本書を読んで思ったこと2つ。
    ・ドイツを信用してはいけない。
    ・オーストラリアの風刺画は差別丸出しで本当にえげつない。

  • まだ最初ですが、書店で手にとったら収録されている諷刺画の数がハンパではなくて。どれも面白く。いや、面白いっていうべきものじゃ無いのだけど。

  • アジアの黄色人種たちが自分たち白色人種を脅かして攻めてくる。そんな脅威論を黄禍論という。
    19世紀から20世紀初頭、日清・日露戦争に勝ち帝国主義国の仲間入りを果たした日本。この頃から黄禍思想が欧米メディアのなかで(特に諷刺画において)流布し始める。
    人種主義に基づいた黄禍としての日本は、どのように表象・表現されたか。その変遷を辿った内容。黄禍の起源はわからんが膾炙させたのはドイツ皇帝ヴィルヘルム2世だとは知らなかった。

    当たり前だが、黄禍は日本と対立が激しくなり敵対的になればなるほど露骨に醜悪に唱えられた。大抵、諷刺画において日本人は露骨な人種主義に基づいて小人、猿、小動物、サムライ、妖艶な芸者として描かれる。逆に友好的関係ならば神々しい救世主や摩訶不思議なオリエンタルな国として描写される。
    時々の国際情勢や勢力・敵対関係によって黄禍としての日本と捉えられ、描写され、怖れられ、侮られる。
    これは過去だけの終わったことでなく現在においてもありうることだろう。

    本書の主旨ではないが、逆にこの頃の日本は欧米や同じアジア諸国をどう見ていたのか。興味が湧くテーマだ。

全9件中 1 - 9件を表示

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄禍論と日本人 - 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか (中公新書)はこんな本です

ツイートする