近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)

  • 214人登録
  • 4.11評価
    • (11)
    • (20)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 清水唯一朗
  • 中央公論新社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022127

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸末期、明治、大正の各時代の官僚の動態がいきいきと描いた良書だろう。十分な史料に基づき官僚という集団の特質をあぶり出し、その際重要な役割を演じたのが、立身出世の登竜門である旧制の高等学校・帝大、さらには私大を含めたその他の大学という高等教育機関という見方もできよう。この視点を持ちながら本書を読んだ。第2章では実際に大学の生活の描写も多く、勤勉さだけではないやんちゃぶりも書かれており、現代に通ずる大学生の生態がよくわかった。今日、大学のヒドゥン・カリキュラムの効用より正課における授業内外学習時間が話題になるが、時代を問わずに、ある程度時間的余裕は必要だと感じた。そうした余裕があった上での、試験制度による官僚登用システムなのだろう。

  • 本書の主張:
    日本の官僚制=開放された能力主義(試験至上主義)
    →官僚システムは極めて制度として安定しており、かつ能力さえあれば誰もが昇進機会を持つという点で、公平性が保たれている。

    …これだけだといいことばっかりだが、本書の後半で指摘されているように、官僚制は硬直し制度疲労を起こしたということになっている。
    優れた日本の官僚制の下、なぜ国家主義へと走り戦争を止める事が出来なかったのかというパズルが湧いたが、それについては答えていない。本書の続編が気になるところ。
         

  • 読了。

  • 幕末維新時代から大正デモクラシーまでの官僚たちの像に迫った本。制度史と当時の人々の考えの両面を丁寧に調べあげていて素晴らしい。維新時代にかき集めた、維新雄藩のお偉方や各藩の士族たちの官僚組織から、伊藤博文をはじめ広く頭脳を集めるとして官僚登用試験を開始するとともに大学を普及させて官僚養成校とした時代、大学が普及するとともに
    学士官僚が官僚政治家として国政を支えた時代、そして1890年に帝国議会が幕開けし徐々に官僚や学生が政党政治家としての道を模索していく時代と、時代の流れがよく描かれている。それぞれの時代が移り変わっていく時の旧勢力と新製力の摩擦、時代の移り変わりを機敏にとらえていく学生の回顧録など、読んでいて飽きない。

  • 「坂の上の雲」の官僚版であると同時に、近代日本の成立の過程を詳細に学ぶことができる。今現在の日本の官僚制度が今後どうなっていくべきかを考えるための基礎知識。

  • 2013年個人的ベスト新書。鳩山と小村の関係性とか面白い。

  • 大学生協で着実に売れているという話を聞き、手に取る。

    明治政府誕生前後から大正時代までの間に、日本において官僚(および制度や行政機構)がどのように成立したのかを、丹念に描き出す。新書らしからぬ硬派な中身と厚さの新書である。

    ・徴士は大久保、西郷など維新元勲らによる第一期とそれらのもとで大量登用されて第二期がいる。
    ・大隈重信は外交問題で成果を認められた。信教と布教の自由を訴えるパークスを代表にたてた列強に対して、大隈はキリスト教徒の意義を認めた上で、国家の統一の妨げとなった歴史をあげつつ、懸念を表明したそう(p38あたり)
    ・1870年7月に布告が発せられ、大学南校という洋楽教育機関に各藩からのエリートをあつめた課程を設けることとなる。これを貢進生という。ここで抜群の博覧強記ぶりをはっきしたのが鳩山和夫であり、鳩山一族繁栄の足場をつくった。1874年に貢進生の中で選抜された一期10名が留学する。留学先は米英仏の超一流大学であった。

    官僚制度の歴史をいきいきと描いていて読み物としておもしろい。当時のエリートたちは留学した先で成績優秀者として表彰されたものが少なくない。当時の日本と列強の国力や知的水準の差を考えると、彼らがいかに抜きん出た知力をもっていたかが察せられる。

    「地方閥の形成ー長野県の場合」として、長野県出身の高文官僚の数などのデータが掲載されているのが長野県民としてはうれしいところ。青木一男の名前もでてくる。

  • 愛媛新聞『読書 今年の収穫』
    京都大学 佐藤卓己氏選定。

  • たくさんの参考資料に基づく労作。維新期の藩閥による官僚制度が、専門的知識を持った学歴エリートによって構築されていくさまが描かれている。「制度が人をつくり、人が制度をつくっていった」と「はじめに」にある通り、官僚たちの生きざまや思想が強調されている。現代の官僚批判に一石を投じるような、現代の官僚の成り立ち。

  • 終章を含め全部で7章構成(1.維新の時代ー誰が統治を担うのか、2.明治政府の人材育成ー身分の超克、3.立憲の時代ー1870年代〜80年代、4.帝国憲法制定前後ー高等教育の確立、5.憲政の時代ー1890年代〜1910年代、6.大正デモクラシー下の人材育成、終章 統治と官僚の創出)の本書は、近代日本を支えてきた官僚に焦点を当てて、人材と時代の相互関係をコンパクトに叙述している。類書が少ないだけに非常に有用であろう。

    時代と人材のダイナミクスの向こうには、3つの構造、すなわち制度としての民主主義、集団としての官僚、個人としての自己達成という3つが存在していると著者はいう。中でも公議輿論の達成(民主主義)がもっとも重要であり、それは国会開設と議会政治に体現されたが、もう1つ行政の開放によって達成された。試験制度を通じて国家統治に参画できる制度の実現がやがて藩閥政府から横断型政党政治への転換を実現していった。

    大正デモクラシー期、第1次大戦期以降、官僚は再び活気づく。新しい問題の出現(とくに経済問題、社会問題)によって官僚の専門性が脚光を浴びたからだ。同時に政党の弊害も露わになってくる。やがて官僚が「中立的な立場」からの国家改造を目論むようになる。新官僚、革新官僚の出現がそれである。本書は、こうした新官僚・革新官僚出現の手前で筆が擱かれているが、戦時体制を経て戦後へ続く政治と官僚の協働のあり方を考える上でも非常に示唆に富んでいる。

全24件中 1 - 10件を表示

清水唯一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)の作品紹介

明治維新後、新政府の急務は近代国家を支える官僚の確保・育成だった。当初は旧幕臣、藩閥出身者が集められたが、高等教育の確立後、全国の有能な人材が集まり、官僚は「立身出世」の一つの到達点となる。本書は、官僚の誕生から学歴エリートたちが次官に上り詰める時代まで、官僚の人材・役割・実態を明らかにする。激動の近代日本の中、官僚たちの活躍・苦悩と制度の変遷を追うことによって、日本の統治内部を描き出す。

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)はこんな本です

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)のKindle版

ツイートする