近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)

  • 213人登録
  • 4.11評価
    • (11)
    • (20)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 清水唯一朗
  • 中央公論新社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 江戸末期、明治、大正の各時代の官僚の動態がいきいきと描いた良書だろう。十分な史料に基づき官僚という集団の特質をあぶり出し、その際重要な役割を演じたのが、立身出世の登竜門である旧制の高等学校・帝大、さらには私大を含めたその他の大学という高等教育機関という見方もできよう。この視点を持ちながら本書を読んだ。第2章では実際に大学の生活の描写も多く、勤勉さだけではないやんちゃぶりも書かれており、現代に通ずる大学生の生態がよくわかった。今日、大学のヒドゥン・カリキュラムの効用より正課における授業内外学習時間が話題になるが、時代を問わずに、ある程度時間的余裕は必要だと感じた。そうした余裕があった上での、試験制度による官僚登用システムなのだろう。

  • 本書の主張:
    日本の官僚制=開放された能力主義(試験至上主義)
    →官僚システムは極めて制度として安定しており、かつ能力さえあれば誰もが昇進機会を持つという点で、公平性が保たれている。

    …これだけだといいことばっかりだが、本書の後半で指摘されているように、官僚制は硬直し制度疲労を起こしたということになっている。
    優れた日本の官僚制の下、なぜ国家主義へと走り戦争を止める事が出来なかったのかというパズルが湧いたが、それについては答えていない。本書の続編が気になるところ。
         

  • 幕末維新時代から大正デモクラシーまでの官僚たちの像に迫った本。制度史と当時の人々の考えの両面を丁寧に調べあげていて素晴らしい。維新時代にかき集めた、維新雄藩のお偉方や各藩の士族たちの官僚組織から、伊藤博文をはじめ広く頭脳を集めるとして官僚登用試験を開始するとともに大学を普及させて官僚養成校とした時代、大学が普及するとともに
    学士官僚が官僚政治家として国政を支えた時代、そして1890年に帝国議会が幕開けし徐々に官僚や学生が政党政治家としての道を模索していく時代と、時代の流れがよく描かれている。それぞれの時代が移り変わっていく時の旧勢力と新製力の摩擦、時代の移り変わりを機敏にとらえていく学生の回顧録など、読んでいて飽きない。

  • 「坂の上の雲」の官僚版であると同時に、近代日本の成立の過程を詳細に学ぶことができる。今現在の日本の官僚制度が今後どうなっていくべきかを考えるための基礎知識。

  • 2013年個人的ベスト新書。鳩山と小村の関係性とか面白い。

  • 大学生協で着実に売れているという話を聞き、手に取る。

    明治政府誕生前後から大正時代までの間に、日本において官僚(および制度や行政機構)がどのように成立したのかを、丹念に描き出す。新書らしからぬ硬派な中身と厚さの新書である。

    ・徴士は大久保、西郷など維新元勲らによる第一期とそれらのもとで大量登用されて第二期がいる。
    ・大隈重信は外交問題で成果を認められた。信教と布教の自由を訴えるパークスを代表にたてた列強に対して、大隈はキリスト教徒の意義を認めた上で、国家の統一の妨げとなった歴史をあげつつ、懸念を表明したそう(p38あたり)
    ・1870年7月に布告が発せられ、大学南校という洋楽教育機関に各藩からのエリートをあつめた課程を設けることとなる。これを貢進生という。ここで抜群の博覧強記ぶりをはっきしたのが鳩山和夫であり、鳩山一族繁栄の足場をつくった。1874年に貢進生の中で選抜された一期10名が留学する。留学先は米英仏の超一流大学であった。

    官僚制度の歴史をいきいきと描いていて読み物としておもしろい。当時のエリートたちは留学した先で成績優秀者として表彰されたものが少なくない。当時の日本と列強の国力や知的水準の差を考えると、彼らがいかに抜きん出た知力をもっていたかが察せられる。

    「地方閥の形成ー長野県の場合」として、長野県出身の高文官僚の数などのデータが掲載されているのが長野県民としてはうれしいところ。青木一男の名前もでてくる。

  • 愛媛新聞『読書 今年の収穫』
    京都大学 佐藤卓己氏選定。

  • たくさんの参考資料に基づく労作。維新期の藩閥による官僚制度が、専門的知識を持った学歴エリートによって構築されていくさまが描かれている。「制度が人をつくり、人が制度をつくっていった」と「はじめに」にある通り、官僚たちの生きざまや思想が強調されている。現代の官僚批判に一石を投じるような、現代の官僚の成り立ち。

  • 終章を含め全部で7章構成(1.維新の時代ー誰が統治を担うのか、2.明治政府の人材育成ー身分の超克、3.立憲の時代ー1870年代〜80年代、4.帝国憲法制定前後ー高等教育の確立、5.憲政の時代ー1890年代〜1910年代、6.大正デモクラシー下の人材育成、終章 統治と官僚の創出)の本書は、近代日本を支えてきた官僚に焦点を当てて、人材と時代の相互関係をコンパクトに叙述している。類書が少ないだけに非常に有用であろう。

    時代と人材のダイナミクスの向こうには、3つの構造、すなわち制度としての民主主義、集団としての官僚、個人としての自己達成という3つが存在していると著者はいう。中でも公議輿論の達成(民主主義)がもっとも重要であり、それは国会開設と議会政治に体現されたが、もう1つ行政の開放によって達成された。試験制度を通じて国家統治に参画できる制度の実現がやがて藩閥政府から横断型政党政治への転換を実現していった。

    大正デモクラシー期、第1次大戦期以降、官僚は再び活気づく。新しい問題の出現(とくに経済問題、社会問題)によって官僚の専門性が脚光を浴びたからだ。同時に政党の弊害も露わになってくる。やがて官僚が「中立的な立場」からの国家改造を目論むようになる。新官僚、革新官僚の出現がそれである。本書は、こうした新官僚・革新官僚出現の手前で筆が擱かれているが、戦時体制を経て戦後へ続く政治と官僚の協働のあり方を考える上でも非常に示唆に富んでいる。

  • 明治国家を担う官僚たちの悲喜こもごも。初期の官僚、学士官僚の誕生など。

  • 所謂文系と理系を分けたのはここにあるのか〜と。結局統治は儒教ベースで、それは武士が学ぶもので、政治の仕組みは海外からの輸入だから全部翻訳もの。技術みたいな実学は下士が学ぶものっていうことなんだろう。だから理系っていうのは下々の者が学ぶものっていう位置づけなんだろうな。。

  • 近代化によって急遽必要となった国家統治のしくみ。試行錯誤の維新期から,制度が確立する大正デモクラシー期まで,官僚を軸にしてその変遷をたどっていく。
    行政を立ち上げていった維新官僚,藩閥官僚から,専門知識を活かし実務を支える学士官僚への世代交代,大学・高等文官試験といった人材登用制度の移り変わり,政治や政党との関係,有名無名個々の官僚の立身出世エピソードなど,読みどころが満載でなかなか良かった。この後の昭和も含めた官僚通史,それほど専門的でなければ読んでみたいかも。

  • 明治維新後、新政府の急務は近代国家を支える官僚の確保・育成だった。当初は旧幕臣、藩閥出身者が集められたが、高等教育の確立後、全国の有能な人材が集まり、官僚は「立身出世」の一つの到達点となる。本書は、官僚の誕生から学歴エリートたちが次官に上り詰める時代まで、官僚の人材・役割・実態を明らかにする。激動の近代日本の中、官僚たちの活躍・苦悩と制度の変遷を追うことによって、日本の統治内部を描き出す。
     第一章 維新の時代 誰が統地を担うのか 
     第二章 明治政府の人材育成
     第三章 立憲の時代
     第四章 帝国憲法制定前後
     第五章 憲政の時代
     第六章 大正デモクラシー下の人材育成
     終 章 統治と官僚の創出

    骨太の1冊。350ページ余りの大著であるが、退屈することなく面白く読める。明治維新以降、国家がどの様に人材を育成して来たのかを丁寧に追っている。二君に仕えずといったメンタリティーを持った武士が、主君を変え天皇に仕える事になるが、出身藩の代表者として競い合い、海外留学を経て指導者となる。当初は藩閥主体であったが、国会の開設、政党政治の始まりにより、官(藩閥)と政(政党)がせめぎ合うこととなる。やがて官僚たちにも政党の色が付き初め、政権の交代に伴い大幅な人事異動が行われるようになる。本書を読むことにより、維新官僚から学歴エリートへという大きな流れを知る事が出来た。

  • 慶應義塾大学総合政策学部准教授(日本政治外交史)の清水唯一朗(1974-)による明治・大正期の官僚育成・任用制度の成立過程。

    【構成】
    第1章 維新の時代-誰が統治を担うのか
     1 明治国家の誕生-行政機関の樹立
     2 藩士から官僚へ
     3 維新官僚の登場-旧秩序を飛び出した人材
     4 公議輿論と人事一新
    第2章 明治政府の人材育成
     1 立国の人材登用策-身分の超克
     2 大学南校貢進生-全国から集まったエリートたち
     3 大学生たちの留学
    第3章 立憲の時代-1870年代~80年代
     1 維新官僚の台頭-総合調整と分担管理
     2 岩倉遣外使節団と制度調整
     3 明治十四年の政変
     4 内閣制度の創設-責任政治の模索
    第4章 帝国憲法制定前後-高等教育の確立
     1 学士官僚の誕生
     2 専門官僚への道-藩閥支配を超えて
     3 高等文官試験-試験採用制度の導入
     4 学士官僚たちの肖像
    第5章 憲政の時代-1890年代~1910年代
     1 隈板内閣の挑戦-初の政党内閣と官僚
     2 政権交代と官僚の党派化
     3 二大政党の誕生
     4 政党内閣の時代へ-官僚か、議員か
    第6章 大正デモクラシー下の人材育成
     1 試験至上主義の到来
     2 新しい階層化と派閥化
     3 デモクラシーの時代と官僚
    終章 統治と官僚の創出

    近代国家の成立・確立とともに需要が一挙拡大した官僚。

    本書は行政機構としての官庁というよりは、その官庁に出仕する官僚たちを国家がどう育成し、選抜・任用してきたのかという視点を通して、日本の官僚制度そのものの特質を描き出そうとするものである。

    徳川将軍家から政権を奪取した明治政府であったが、新たな行政組織を形成するには決定的に人材が不足していた。そこで、「五箇条の御誓文」で謳われたように、有為の人材を広く全国から集めようと試みた。しかし、版籍奉還を経てもなお、彼らは「藩」という垣根を越えられずにいた。

    明治政府の方針は、実力主義の人材登用である。藩という意識に凝り固まり、西洋の学問を受け付けない頑迷な雄藩藩士などはもとより願い下げであったろう。明治政府の凄みは、早くも1870年に大学南校(開成学校を改組、のちの東京大学)に貢進生と呼ばれる全国の俊英を集めたところにある。
    各藩から選出された貢進生はエリート中のエリートであり、官僚の促成栽培を目指す政府の方針によりさらに選抜され、海外留学を送り出されていく。

    原語を操り、欧米の産業・工業力の水準を目に焼き付けた彼らが、明治10年代の行政機構の中で本格的な官僚として実績を積んでいく。

    各藩から選ばれた貢進生はやがて、大学予備門、第1高等学校をはじめとする難関入試を突破した学生へ置き換わっていく。そして高校を出、帝国大学を卒業した学歴エリートたる学士官僚が誕生する。
    初めての学士官僚が出た1888年から5年を経た1893年、ついに文官任用令が制定され、官僚機構の担い手は東京帝国大学をはじめとする高等教育機関の卒業生が主流となった。
    当然の帰結として、藩閥政府の縁故によって採用されてきた明治初期の官僚達が舞台から去って行くこととなる。

    面白いことに、学士官僚達は巨大な官僚組織の中核として国家行政を担うに飽き足らず、議会の政党政治色が強まるに従って、「政治化」「政党化」していく。明治末期から大正にかけて各省の次官級は政党との関係を強め、官僚から政党員として選挙に打って出る者も出てくる。

    高等教育、官僚選抜制度、内閣-議会間の関係性といったマクロな視点をベースに、立身出世を果たした官僚たちの群像を描くことで、元勲や党人派の政治家だけでは語りきれない近代国家を形成した枠組みが立体化される... 続きを読む

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:312.1//Sh49

  • 前半・中盤にある制度設計の話はあまり面白いと感じなかったが、
    人材登用や人材育成の話は面白かった
    面白いというより実感が湧きやすかった
    教科書的な一冊としては非常に有用だと思う
    近代史を考える上での最低限の知識は身につく
    ただ、この本から新しい「問い」を作るのはちょっとだけ苦労しそう・・・

  • 官僚制度の成り立ちがよくわかった。

  • 明治~大正期の官僚の成り立ちと政治参加の歴史。当時の、理想や成り上がり等いろいろな意味での向上心に駆られた人々の熱気が伝わってくる。官僚のみならず、これまで個別の出来事として覚えていた明治~大正期の政治体制の変遷がすべてつながっている事を再認識。なお戦後の話は無しなので注意。

  • 1.清水唯一朗『近代日本の官僚 維新官僚から学歴エリートへ』中公新書、読了。「官僚は顔の見えない巨大な権力であるが、有能な集団であることは間違いない」。だから批判の対象になる。が、私たちはどこまでその内実を承知しているのだろうか。維新~大正(完成期)の歩みを描く本書は一つの標になる。

    2.清水唯一朗『近代日本の官僚』中公新書。近代国民国家の官僚制と常備軍を二つの柱とする。そして日本的官僚の起源は明治維新に遡る。実務行政の担い手のとして経験を積み調整能力を発揮する中で政治家になっていく。水平上昇の立身出世の模範型だが、日本で眼にするこのコースは欧米では少ない。

    3.清水唯一朗『近代日本の官僚』中公新書。その理由は、全ての優秀な人材が「官僚」に集まるべくした帰結であったといってよい。藩閥の後退は、選挙による政治参加に加え、官僚となることで行政参加の道が平等に開かれた(志しを立てる)。官僚→政治家への道は両者が協働する日本政治の象徴でもある。

    4.清水唯一朗『近代日本の官僚』中公新書。官僚を描くことはそのまま日本政治の歩みを描写することになるから本書は、優れた日本政治史の一書ともいえる。そして、人に即した豊富なエピソードは、印象批判の背景に存在する官僚たちの実像を伝える。本書は、安易な官僚批判の前に立ち戻す一冊になろう。

    5.清水唯一朗『近代日本の官僚』中公新書。近代日本最大の成功と不幸は、官僚制に人材が集中したことだろう。終身雇用も高等官僚を嚆矢とするように--。制度が人をつくり、人が制度を生成する。本書は新書としては大部ながら、日本の統治内部を描く「目から鱗」の一冊。大学生に手にとってほしい。

  • 明治維新より大正デモクラシーに至るまでの政治史を官僚制度、
    ひいては官僚個々人にスポットを当て紹介する一冊。
    多くの人物のエピソードが披露される傍ら、制度の解説もわかりやすく、
    明治初期に政治のしくみや大学のしくみをいかに構築するか
    悩み実現する試みは、これまでになく興味をそそり面白く読み込めた。
    筆者の語り口もあり、さながらドラマのような盛り上がりを見せる点も
    飽きさせない一因か。
    今につながる制度に込められた狙いや、それ故に生じた矛盾など、
    非常に興味深い。

  • 明治・大正と、近代国家を作り上げた官僚たちを、彼らの生い立ちから丁寧に見ていく本です。明治期は、夢溢れた若者たちの頑張る様子を読むのが楽しかったです。また、だんだん点数至上主義になっていくところは、現在にも通じるものがありました。官僚、と一言でくくるには、個性豊かな面々。そして、政治との絡み。とても読みごたえのある新書でした。
    著者の清水さんは、小さい頃のご近所さん。今後のご活躍を期待しております。

  • 明治維新から大正デモクラシーまで、藩閥出身者中心だった官僚につき、全国から有能な人材を集める仕組みにどのように変えていったかを描いています。。

全24件中 1 - 24件を表示

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)の作品紹介

明治維新後、新政府の急務は近代国家を支える官僚の確保・育成だった。当初は旧幕臣、藩閥出身者が集められたが、高等教育の確立後、全国の有能な人材が集まり、官僚は「立身出世」の一つの到達点となる。本書は、官僚の誕生から学歴エリートたちが次官に上り詰める時代まで、官僚の人材・役割・実態を明らかにする。激動の近代日本の中、官僚たちの活躍・苦悩と制度の変遷を追うことによって、日本の統治内部を描き出す。

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)はこんな本です

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)のKindle版

ツイートする