腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)

  • 34人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 坂井建雄
  • 中央公論新社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022141

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)の作品紹介

一つ減っても大丈夫。そう軽視できるほど、腎臓の人体における役割は小さくない。主な働きは尿を作ることだけだが、それがなぜ生命の維持に必須なのか?一日二〇〇リットル作りその九九%を再吸収する尿生成の方法から全身の体液バランス調整のしくみ、脳と同じくらい複雑で繊細かつ壊れにくい構造、一三〇〇万人以上と推計される慢性腎疾患の治療まで。背中に収まるソラマメ型の臓器について、第一人者がすべてを解説。

腎臓のはなし - 130グラムの臓器の大きな役割 (中公新書)はこんな本です

ツイートする