鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)

  • 167人登録
  • 3.22評価
    • (2)
    • (8)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 佐藤信之
  • 中央公論新社 (2013年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022455

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 津軽鉄道のスタイルとか
    列車そのものを付加価値とする考え方、ストーブ列車

  • 憲法の生存権に絡んで、鉄道への公共投資の必要性を説く。

  • 読了。

  • 14/12/22、ブックオフで購入。

  • 上山に疎開した過去のある山之内秀一郎さんが山形のスキー場が閑散していることを憂い山形新幹線の実現に奔走したことが書いてあり、嬉しくなりました。

  • 意外に面白かった!!

  • 鉄道経営の実態が分かりやすく記されている。反面、JR東日本の具体的事例に片寄った印象もあり、体系的というよりは事例集に近い内容である。

  • 一応仕事用。
    鉄道会社がどうやって利益を上げ経営をしているかを解説した本である。
    やたらとJR東日本の経営活動に詳しかった。

  • 面白かったです。

  • 面白く読めました。
    幅広いテーマ、別な言い方だと一貫性がなかなか取れなかった印象があります。

    住んでいた家の近くにあった山口線など、西武線の歴史について、また鉄道会社の経営についての部分が印象に残っています。

全18件中 1 - 10件を表示

佐藤信之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)の作品紹介

通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線…。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)はこんな本です

鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)のKindle版

ツイートする