日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)

  • 136人登録
  • 3.72評価
    • (4)
    • (11)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 鳥原学
  • 中央公論新社 (2013年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022479

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本における写真の歴史がとてもよくわかる。
    本書は幕末から戦後復興、高度成長期まで(1974年までの120年間)のながれについて記されており、時代が下がるにつれ、見知った写真家や雑誌の名前が登場してくる。

    下巻が楽しみだ。

  • 読了。

  • 【資料ID】140145
    【分類】740.21/To67 /1

  • 写真を学ぶ・志す人にとって必携の本。
    広告写真など、これまでの写真史ではあまり触れられなかった分野も取り上げていて面白い。
    上・下巻。

  • 勉強になる。教科書的。

  • 1948〜1974年まで日本写真史。時代を彩った写真家や写真集を詳細に解説。新聞・出版における報道写真からプロパガンダ利用、"マッカーサーと天皇"写真の影響力、リアリズムから広告へ展開する写真の変遷と役割。

  • 2014/2/25読了。
    幕末以降の日本の「写真家」に焦点を当てた、写真の歴史。文学であれば「文学史」や「文壇史」と呼ぶべきまとめ方の本である。
    写真というものが時代に連れて報道や美術の表現手段として成熟していく様子がよく分かって勉強になる。
    これから写真で何かを表現しようとする人(中でもそれによって世に出ようとか人に評価されようと思っている人)にとっては必須の知識と思われる。自分がやろうとしていることが、すでに昔の人によって試みられて成功したり失敗したり手垢がついたりしていることかもしれない、と疑うのは必要なことだろう。本書はその調査の手掛かりになりそうだ。
    下巻にも期待。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:740.21//To67//1

  • ものすごいまとまってて読みやすかった
    中でも木村伊兵衛・土門拳の写真をあらためて観たいと思った

  • 写真好きだが、体系だって写真の歴史は知らなかったので大変興味深かった。吉田ルイ子さんの本も同時に読んだので、シンクロ!ユージン・スミスがキーマンだったり、先日展覧会に行った植田正治が土門拳の現実主義に苦悩し家族写真という形で芸術的な作品を撮っていたとか、新たな発見がたくさんあった。

全15件中 1 - 10件を表示

鳥原学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)の作品紹介

19世紀半ば、日本へ輸入された写真。日露戦争を経て新聞・出版メディアが拡大するなか報道写真が成長。第二次世界大戦時にはプロパガンダに利用され、また敗戦直後には「マッカーサーと天皇」の写真のように、社会に大きな影響力を持つようになった。戦後は戦禍や公害問題を追及するリアリズム写真が隆盛を誇ったが、経済成長とともに私的テーマ、広告へと多彩化する。本書は1974年まで120年に及ぶ歴史を描く。

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)はこんな本です

日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)のKindle版

ツイートする