イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)

  • 82人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (10)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 原田勉
  • 中央公論新社 (2014年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022608

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 確率の論理から経営を考える視点が新鮮。今後、結論の部分で述べられた理念合理性の概念の事例を伴った詳述を期待する。

  • 読了。

  • なんだか論点がぼやけている。要点のまとめが欲しい。他人の言葉を引用してあたかも正論的な語り口にしているとしか思えない。もっと理論に基づいた分析を期待する。

  • 戦略としてのイノベーションを語る。
    実に手法は多様。
    だが、その確率をあげる手を選択しないといけないのが伝わる。
    技術の本質は知識。その背後に能力。

  • イノベーション戦略を経済学で解説。
    技術をボトルネックか並列か、コア/周辺技術、などで分け、それぞれの探索費用、期待リターンを出して戦略を決定することが基本。前提となる確率は主観的でも構わないし、事後検証可能なものとする。
    確率の高いと思われるものを数打つことと事後的に検証フィードバックできることが基本となる。

  • 8月新着

  • 勉強になりました。

  • イノベーションを生むために時間とお金を投じても失敗に終わる可能性があり不確実性が高い。本書は、イノベーションを生みやすい組織にしていくにはどうすればよいか、結構わかりやすくまとめられていて、参考になる。フランク・ナイトの不確実性、組織能力構築型戦略、技術の階層、知識の地図など、理解のポイントがいくつかある。また、事例も適切である。

  • イノベーション成功の確率を高めるとして計算式を含む論理展開をするも、数多くやれ、時間を掛けて修正しろ、と当たり前のようなところに着地。長期的な視野に立ちイノベーションを生みやすい組織を作れには、同感するも、これこそが難しいのだな^^;;

  • イノベーションは辺境から生じる。イノベーションはその業界の主要企業からではなく、新規参入した企業や新興企業などが主な担い手となる。

    技術とは結局のところ人であり、その人が持つ能力に大きく依存する。特にイノベーションの段階では、鍵となるのは個人的能力である。

全13件中 1 - 10件を表示

原田勉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)の作品紹介

日本経済再生の鍵とされるイノベーション。だが、膨大なお金と時間をつぎ込んでも革新的な技術やサービスが生まれるとは限らず、現実には失敗に終わる可能性が高い。イノベーションを生みやすい組織にするにはどうしたらよいのか。本書では、米国流コーポレート・ガバナンス論に基づく短期的な業績の重視がむしろマイナスであることを指摘し、長期的にイノベーションの成功確率を高める経営戦略を具体的に示す。

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)はこんな本です

イノベーション戦略の論理 - 確率の経営とは何か (中公新書)のKindle版

ツイートする