旧約聖書の謎 - 隠されたメッセージ (中公新書)

  • 135人登録
  • 3.35評価
    • (0)
    • (15)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 長谷川修一
  • 中央公論新社 (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022615

旧約聖書の謎 - 隠されたメッセージ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 『聖書考古学』の姉妹編ということで、前編で取り上げられたものを含め、旧約聖書の物語の史実性を検討している。やはり、面白い。そもそも聖書は正確に史実を記すための書物ではないということもなるほどと思わせられた。

  • 読みかけではあるが、今現在キリスト教に興味がない時期なのでこのまましばらく塩漬け(笑)

  • 楔形文字は、非セム語のシュメール語のためのものだったが、古代セム系民族はこれらの文字を採用した。代表的な言語はアッカド語
    シュメル語の洪水伝説、ギルガメシュ、アトラハシースの3つが洪水伝説として有名
    メギドでギルガメシュ叙事詩の粘土板断片が発見

    上エジプトのベニハサンには、紀元前19世紀のへきががあり、そこにはセム系遊牧民がアビシャルという名前の指導者に率いられて連れてこられるシーンが描かれている

    古代エジプト王朝は自分が負けた記録は残さないことで有名

    もしこうしたらこうなる、という条件法はハンムラビ法典など幾つかあるが、十戒にあるような、父母を敬え、殺すなという人類全体に対する絶対法は他に類がない

    1920年代に起こったとされるエリコ近辺でのヨルダン川せき止めは、たぶん虚偽

    何れにしても、エリコには城壁はなかった
    今ヨシュア記の制服記録とアッシリアの征服記録の類似性に学者たちが注目している

    ダビデ以外にもゴリアテを倒した人物がいる エルハナン しかし歴代では修正

    列王第一20:24の長官という言葉はペルシャ時代

    ヨナの時代はまだニネベは栄えていなかった
    ヨナ3:4の滅びるというヘブライ語には、転覆すると変化するという二つの意味があり、変化なら良い変化もあるので何れにしても成就する

  • 旧約聖書を考古学と歴史学から、史実なのか神話なのかを問う。
    勝手に「全部神話だろ」と思っていた。でも「出エジプト」って世界史で習ったような。てことは、それは史実?
    旧約聖書って日本の古事記みたいな存在なのかも。歴史的事実を伝えることが第一義なのではない。けど、なぜそのエピソードが伝えられてきたのかを考えることがとっても大切なんだ。

  • 20150906-0918  前著『聖書考古学』の続編?
    旧約聖書に書かれている出来事を考古学的アプローチを使って実際に起きた出来事なのか、年代の同定、人物の特定等を行っている。そもそも旧約聖書の年代なんて、私は正確なはずがないと思っているのだけど、大真面目に信じている人たちもいるのね・・・

  • 聖書って読んだことないんだけど、いろんなことが書いてあるんだね。

  • 著者の前作『聖書考古学』に引き続き、旧約聖書に書かれているエピソード史実性を調査するという内容。

    私はそもそも旧約聖書を読んだことがないけど、そういう読者にもわかるようにそのエピソード自体も解説してくれるのでとても読みやすい。

    旧約聖書自体を勉強しながら読むこともできて面白かった。

    Memo:
    エリコの征服とは:出エジプトを果たしたモーセの後継者ヨシュアが、パレスチナという約束の地へ入る際の快進撃の最初の戦い

  • 前半は面白いのだが、中盤以降は間延び。
    学者としての良心からか、意見表明がなされず(厳密に言えば明確な結論が出ないというのが意見表明だと思うが。)、ダラダラつき合わされた感じ。
    聖書学に多少なりとも通じていれば、興奮できたのかなぁ?

  • 長谷川修一『旧約聖書の謎 隠されたメッセージ』中公新書、読了。旧約聖書に記された物語は神話として扱われるものもあれば、史実のそれも混在する。本書は7つの物語を取り上げ、その史実性を学問的に検証する。語られるメッセージを読み解き、聖書の豊かな世界を案内する好著。『聖書考古学』続編。


    本書が取り上げるのは、ノアの方舟と洪水伝説、出エジプト、エリコの征服、ダビデとゴリアテの一騎打ち、シシャクの遠征、アフェクの戦い、ヨナ書と大魚。ちなみに古代イスラエル史研究から「出エジプトは聖書の描写そのままの事件ではなかっただろう」。

    ただし高校世界史の教科書には出エジプトは史実として記載されている。ユダヤ・キリスト教徒の多い国の教科書であればさもありなんだが、日本の場合、研究動向が教科書執筆者に十分知られてないだけでなく、その研究が日本の歴史学界から遊離もしているのだろう、と。

    著者は、史実性の検証によって物語のメッセージを読みとること、正典化されるまえの複数の存在とその一本化への経緯を理解することこそ、霊感的充実主義でも科学主義を装い突き放すことでもない、人間理解になるのではと指摘するが、これは旧約聖書だけに限定される問題ではない。学問としてテクストを読むということが、真性な人間理解につながるということは、どの分野においてもはずすことの出来ない観点か。

  • 勉強になりました。

  • 前年に発行された同じ著者の「聖書考古学入門」の姉妹編ともいうべき本で、考古学の基本を解説した後、旧約聖書の7つのエピソードについて、考古学的に解説している。

    考古学の基本も簡単ではあるが一番大切なことを解説しており、そのうえで数字をどのように読むのか等考古学的手法の解説が述べられており、結論というよりもこのようにも考えられるという学説の紹介で終えていることが多い。考古学も進歩しているので、数年たったら、どのような発見があって進歩したのか読んでみたいと思った。

    また中公新書の分類によると、聖書考古学は世界史、本書は宗教に分類されていた。個人的には同じ分類がよいような気がするのですが。目次から、ノアの方舟と洪水、出エジプト、エリコの征服、ダビデとゴリアトの一騎打ち、シシャクの遠征、アフェクの戦い、ヨナ書、

  • 旧約聖書の「ノアの方舟」「出エジプト」「エリコの壁」「ダビデとコリアテ」「シシャクの遠征」「アフェタの戦い」「ヨナ」、7つのエピソードについて考古学・歴史学的考察を加えた本。大変興味深いとともに、最後に記される聖書の文化的価値についても考えさせられる好著。

全15件中 1 - 15件を表示

旧約聖書の謎 - 隠されたメッセージ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旧約聖書の謎 - 隠されたメッセージ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旧約聖書の謎 - 隠されたメッセージ (中公新書)の作品紹介

「天地創造」をはじめとして、旧約聖書に描かれた物語は現在、その多くが神話と見なされている。だが、他方で「バビロン捕囚」のように、世界史の教科書で史実として扱われているものもある。本書では「ノアの方舟と洪水伝説」「出エジプト」「ダビデとゴリアトの一騎打ち」など七つの物語を取り上げ、その史実性を学問的に検証。物語に込められたメッセージをも読み解き、聖書が秘めた豊かな世界へと読者をいざなう。

ツイートする