スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)

  • 198人登録
  • 3.82評価
    • (11)
    • (26)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 横手慎二
  • 中央公論新社 (2014年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • スターリンが「非道の独裁者」であったことは確かだが、むしろ彼はレーニンの赤色テロに学んでいる。1990年代以降の解禁文書で明らかになったレーニンによる戦慄すべき指示が、そのことを示している。

    さらに言えば、当時のロシアの経済状態や、干渉戦争・侵略戦争にさらされるという強い留保が必要だとはいえ、国家権力を奪取して「プロレタリア独裁」を通じて社会主義革命をおこし、革命プロセスを遂行するということは、こうした暴力によらざるをえないのではないか、ということになってしまうのではないか。

    とすると、国家権力の奪取によって社会主義革命を成し遂げるということそれ自体に、「スターリン」がすでに内在していたのではないか。逆に言えば、「スターリン」を出現させないような社会主義革命がもし可能だとすれば、それはどのような道によるのか。そうした問いが立てられるのではないか。

    旧左翼が言うように、「別の道」は本当にありえたのだろうか。

  • 「毎日新聞」(2014年9月28日付朝刊)で、
    加藤陽子さんが紹介しています。
    (2014年9月29日)

  • スターリン 鋼鉄の人

    なんと、本名ではない。何となく知っていたスターリンのことがよくわかる。 辺境の少数民族に対する迫害、
    テロルを行ったが、自分自身もグルジアの出身。 よくわからないメンタル。 大局を見据えての行動か、はたまた他人の痛みに鈍感な権力の亡者…。 人口が多いと扱いも雜。毛沢東然り。

  • スターリンという人物ほど評価の分かれる人はいない。しかも、ソビエト連邦を率いた独裁者だけあって経歴の謎の部分が多い。
    本書はスターリン関係の研究や書物を幅広く取り上げ、スターリンの経歴や評価について紹介されている。

    読んでて、スターリンの人生の中でのポイントと思われるのは、まずはグルジアに生まれた育ったこと。いわゆる「ソソ」の時代。そしてカフカース地域で生きたことで民族問題に取り分け関心があったこと(これが現在のロシア民族問題につながっていく)。幼少期の家庭環境や神学校時代に馴染めなかったことなど様々な事象がある。

    次に神学校から退校処分後の「コーバ」の時代。社会革命に共鳴し、地下活動を開始。1903年にはロシア社会民主労働党ポリシェヴィキに属し、潜伏活動。捕まればシベリア流刑という死と隣り合わせの時期である。この時期にスターリンの疑り深い人格が形成されていく。
    この時期に出会ったレーニンの影響も計り知れない。レーニンの「赤テロル」など強硬な手法は後のスターリンにも引き継がれていく。

    ロシア革命後の政争、カーメネフ、ジノヴィエフとの争い。トロツキーとの争い。この時期になるとスターリンのしたたかさが滲み出てくる。

    1928年より、スターリンの否定的評価の土台となる数度の「5ヵ年計画」が実行される。当時はイギリスとの関係も悪化しており(後に対ドイツで協調に転換)、目下の課題は工業力であり軍事力であった。
    工業力を高めるためには資本を工業分野に投入する必要がある。そのためスターリンは農民の中でも富裕と見なした者から膨大な税を課し、その他農民からも搾取した。この施策により、死者数は数百万とも数千万人とも言われている膨大な人数であり定かではない。

    さらに1930年代以降は粛清の嵐である。三人法廷(トロイカ)を設け、ジノヴィエフやカーメネフ、トゥハチェフスキーらが処刑されていく。さらにキーロフやトロツキーの暗殺などもある。

    そして第二次世界大戦では例えば1939年フィンランド戦争、1941年から始まったドイツのソ連侵攻の際の攻防戦では、大人数の軍隊の突撃戦を繰り返して膨大な死者を出している。これは1939年ノモンハン事件の際にソ連軍死者数は日本軍死者数の約10倍という数からも無謀な作戦であるということが分かるだろう。
    ただし、結果的にスターリンは第二次世界大戦の勝者となり、戦後すぐもアメリカとの協調関係は維持する必要性も理解していたらしい。この点は政治家スターリンの凄さと言えよう。

    そういう意味では戦後の医師団事件やメグレル事件などのでっちあげ事件はスターリンの晩年ということもあり、耄碌した末に起こしたのかもしれない。

    上記に書き連ねたようにスターリンの歴史を紐解くと人間スターリンが垣間見えると同時に、スターリンの功罪も少し見えてくる。この功罪を今後どう評価していくかが課題となるのだろう。

  • スターリンという人物の概略を知りたかったので読んでみた本。著者のいうところでは,一般に持たれているような残虐非道の政治指導者ではなく,国内外での評価も相半ばしているそうだ。

  • スターリンを再検証する一冊。特にソ連後のロシアでの評価が興味深い。国内と外国とでこれだけ評価が分かれる人物ってすごい。
    歴史で語られる、つまり著者が言うところの一般のスターリンに対する評価以上のものは持っていなかった。
    なぜスターリンが集団農場化を進めたのか、大虐殺はどんな文脈のうえにあったのかがよく分かる。非道としか言いようがない。でもどんな革命もテロ無しには存在しない。フランス革命も相当なものだったわけだけど、歴史は敗者が語るものではないからね。
    第二次世界大戦の最大の勝者はスターリンなんだと思う。人道的側面に目を瞑れば、やっぱり凄い人物だったとしか言いようがない。

  • 恥ずかしながら、世界史には明るくない。
    なので、スターリンのことも詳しくない。

    その上で、この本を読んだ。
    そうすると、素直に彼の思考回路が理解できた。
    いや、著者が予想するスターリンの動きが。
    実に、論理的だ。
    これは、史料があったからこそ成せることであり、冷戦下、ましてや戦時中には不可能だっただろう。

    そう考えると、このタイミングに出版されたのもうなずける。
    むしろ、このタイミングだから多くの関心を本書が得られたのだろう。

  • ソ連史について殆ど予備知識なく読んだが、このスターリンという男は、農民を餓死させ、妻を自殺に追い込み、側近を粛清しまくったという、ある意味イメージ通りの超絶非情な人物であった。唯一評価できるのは、ヒトラーを打ち負かしたという一点ではないだろうか。某元都知事や某新聞社オーナーがまるで少年のように思えてきた。

  • スターリンの生涯を概説しつつ、その評価を試みる一冊。
    評伝としてもよくまとまっており、
    分かりやすく彼の生涯を辿ることができる。
    その一方、彼の評価がいかに難しいかを
    多くのページを割いて記しており興味深い。
    人が人の一生涯を裁くことの難しさを垣間見る。

  • 終章に書かれてあるロシア人のスターリンに対する評価が興味深いです。
    これほど手軽にまとまった形でスターリンについて読めることに感謝。
    追記)最近某政党の最高幹部がスターリンについてインタビューに答えたものを目にする機会があったけど、この本を読んでから見たせいか、「お気楽だな、おい」という感想しか出てこなかったです。

  • 有名すぎるソ連の独裁者、その生涯と、その行動に対する分析、国内と諸外国の評価など、多岐にわたる視点から書かれています。スターリンとはどういう人だったのか、なぜあのような判断・行動をしたのか。当時の帝政ロシアからソビエト連邦への変遷の中での人々の思い、希望なども交えつつ書かれていますので、非常に分かりやすかったです。

  • 極悪独裁者のイメージであるスタリーンの人生を振り返り、スターリンの功罪を客観的にみようとする著作。統治者として、現実的な見方をしていた点が意外だった。現在のロシアとの関わりがもっと記述さているとさらに良かった。

  • スターリンとは何者だったのか。非道な独裁者として語られるスターリンの実像を最新の公開資料と積み上がってきた研究成果をもとに描きつつ、スターリンを通してロシアを理解しようと試みた内容。



    残念ながら、この本ではスターリンについてよく知ることはできるが、ロシアについて理解が深まるかどうかは定かでない。スターリンについて肯定的な評価をするロシア国民がいまだにいる理由も本書を読んでも分からない。
    急速な工業化のために農業を犠牲し(農場集団化)大量の飢餓者を出した事実や共産党幹部の大粛清といった暗い過去があっても、ロシア国内でスターリンが歴史的に評価される不思議は外部の人間にはやはり謎である。
    推測するに、ヒトラーと戦い第二次世界大戦に勝利したことと、戦後の冷戦でアメリカと渡り合ったということが、スターリン評価を上げているのではないだろうか。もちろんロシアの国柄や国民性という不確かな要素もあるだろうが、どっちにしろそれはこの本からは見通せない。
    ただスターリンの生涯については糾弾か擁護かどちら一方に終始することなく歴史的事実に即しながら実像に迫っているので勉強にはなる。



    不勉強ながらスターリンがグルジア生まれのグルジア人とは知らなかった。生い立ち、家庭環境、学校で書いた詩からは、子どものころは素朴で優秀そうな少年だったようだ。カフカースの革命家として頭角を現しつつも逮捕、流刑、脱走と潜伏と殺伐とした日々を送った青年時代。こうした革命運動のなかでスターリンは組織をつくることの重要さや集団内で敵と味方を区別する感覚を磨いていったという。
    その後、レーニンに認められ革命運動から共産党に。トロツキーとの対立から党内部での権力闘争、そして最高指導者へと階段を上がっていく様がロシア革命から第一次大戦の時代背景を織り交ぜつつコンパクトにまとめられている。



    余談。興味深いというか怖ろしかったのが、スターリンが行った幹部の大粛清。
    スターリンはソ連を工業化するために農業を犠牲にした。しかし集団農場化という政策は大量の飢餓者を出し失敗した。これらをスターリンの間近で見てよく知っていた側近たち。彼らが次々と粛清されていく。つまり独裁者の粛清とは意のままにならない政治的反対者を排除するために行うのでなく、トップの失敗を知り過ぎたがゆえに殺されるというところにその核心と怖さがある。

  • ダメ。脱落。当然のごとく全く面白くない構成と文章で、先へ進めるのが苦痛だった。

  • 非道の独裁者として、ヒトラーや毛沢東と並び称されるスターリン。
    政敵への粛清、農村からの収奪・飢餓…
    しかし一方で、五か年計画などによる重工業化の推進と軍備の整備は第二次大戦の戦勝国に結びつく。
    ロシアでもその評価は大きく分かれると言ふ。

  • スターリンについての本。スターリンについて知りたいって人についてはこの本で彼の実態に迫ることができる。だけど、分厚い本と比べてみると描写が簡素化されている部分があるので個人的には物足りなかった。

  • “スターリン”の少年期から晩年に至るまで、様々な研究や論考や史料に依拠しながら、行動と性格、或いは行動の理由と性格形成のようなことも交えて語っているものである。また全般に、「スターリン視点で語るロシア革命と大戦間期と第2次大戦や戦後の通史」という体裁でもあり、非常に興味深い。

  • <あらすじ>
    スターリンについては褒貶の声の方が多いように思われる(非道の独裁者…etc)
    しかし、スターリンの死に際して、多くの市民が涙を流したのは本当である。
    スターリンはどこにでもいる、平凡な優等生であった。父の虐待におびえながら、母親や家族に愛情を示すようなエピソードが本編でも綴られている。神学校時代に反体制運動に傾倒し、以後社会主義運動に身を置く事になる。
     彼は国外逃亡エリート組とは異なり、国内で地下運動を続け投獄と脱獄を繰り返す(ここで人格的に大きな影響を受けたことは想像にたやすい)
     彼はレーニン指導期の下、実務家として能力を発揮し、かつどん欲に知識を吸収した。そして一国社会主義革命を進めるために、重工業化を推し進めた。
     この政策は多くの餓死者を生むと共に戦争に勝利する契機を生んだのでもある。

    ・権力欲=自身の権力維持=国家の維持につながるという政治観を、スターリンをはじめ周辺も共有していた。
    ・戦後、アメリカの攻勢が増すなかでスターリンの猜疑心は強まり、統治能力を喪失したと言える。

    <コメント>
    スターリンの肯定的エピソードも伝えつつ、スターリンが第二次大戦までは非常に冷静・客観的な議論に徹していると言える。

  • スターリンとか独裁者はイメージがつけやすいから、みんな知ったような気になっている。とりあえず悪党。でもロシアでは偉大な人でもある。こういう人物こそきちんと知っておかなければいけない。

    大事なのは、なぜ悪いのか。なぜ悪いことをしなければならなかったのか。冷静に知識を得ること。

     この本は広く浅くスターリンを知る本である。そしてスターリン寄りのところもある。各歴史的事件についてウィキペディアを見ながら読むといい。

    _____
    p14  父の暴力、母の愛
     スターリン(ソソ)は幼少期に酒飲みの父に母子ともに暴力を振るわれたと言われる。それ故に優しくしてくれた母への愛と英雄思想が生まれたという研究もある。しかし、当時のロシアでそういう家庭は珍しいものではなかっただろうから、それが決定的とは言えないから注意されたい。


    p27  スターリンの性格
     スターリンの性格を幼少期から検討しているものは、独裁者としての彼のイメージに合致する資料を用意してきているように思える。詩才などをみても、幼いころからそんなに暴力的だとは判断できないと思われ。
     むしろ、学業も優秀で、詩の才能もあり、家族を愛する手紙など、多彩な才能の持ち主であったことだけはわかる。

    p33  クリミア戦争
     クリミア戦争で英仏に敗北したロシアはヨーロッパでの後進性が露呈した。アレクサンドル2世は近代化政策をとり、農奴解放などを実施した。当時の知的エリートはクリミア戦争での敗北をきっかけにヨーロッパの先進的思想に強い興味を抱き始めた。社会主義や無政府主義など新しい社会にあこがれ、それを獲得するには革命が必要であるという考えに至った。クリミア戦争が大事な契機である。


    p56  スターリンの若かりし頃
     スターリンの若き日々は革命の実行部隊だった。社会主義の勉強は浅かったようで、漠然とした革命的ロマンティシズムに没頭する男だった。若いころから功名心や支配欲に囚われた腹黒い人間というよりは、もっと単純な人間だったようである。


    p59  スターリンと十月革命
     ボリシェビキが権力を集めた1917年十月革命。この時スターリンはボリシェビキの古参の党員として頭角を現し始めた。それまでは理論よりも実行力を重視する革命家だったが、1903年シベリア流刑から徐々に経験に基づく革命思想を持ち始めたようである。


    p90  スターリンの論文(民族自決について)
     スターリンは民族自決についての論文を書いており、ロシアに多数散在する少数民族の自決権を社会主義は擁護すると述べている。この主張がロシア共産党のその後の少数民族からの指示につながった。


    p92  スターリンとレーニンの考えの違い
     レーニンはヨーロッパの先進的社会主義をロシアでも実現させることを考えていた。理論重視だった。
     スターリンは理論よりも現実の社会主義革命の達成を優先していた。革命が達成すればスムーズに社会主義への移行が始まると単純に考えていたようである。この点、小難しい理論派よりも活動的なスターリンの方が民衆にとって身近で理解しやすい存在であったようである。


    p144  組織腐敗のしくみ
     ロシア共産党の人事制度に「ノーメンクラトゥーラ制」というものがあった。建前上階級の存在しないソ連では政治の要職に就くものを名簿(nomenclatura)に登録し、そこから順次割り当てるという制度にした。その結果、その名簿に載って要職に就くのは共産党に忠誠を尽くす者のみになり、共産党の一党独裁は完成した。これは1923年から始められ、早い時期から共産党の支配が可能な仕組みができていたのである。
     「スターリン詣で」という役職斡旋のご機嫌伺いもあった。

    ... 続きを読む

  • ロシアで歴史認識を二分するスターリンの評価。倫理と政治を峻別していた当時の風潮を強調し,急進的な農業集団化と工業化が不可避であったこと,それが第二次世界大戦の勝利に直結したこと,フランス大革命など変革に際して混乱が伴うのは普遍的現象であること等を挙げてスターリン擁護に回る歴史学者も少なくない。
    本書は今も物議を醸し続ける独裁者スターリンの評伝。生い立ちから,革命思想への傾倒,内戦,権力闘争,膨大な死者を出した穀物調達と大テロル,ヒトラーとの,そしてアメリカとの戦争まで辿っていく。
    二人の妻を病と自殺で亡くし,母親の葬儀にも行けず,息子はドイツの捕虜収容所で死亡,晩年は老化と猜疑心に悩まされるという,まあ当然だけど個人としては不幸な人生だったんだなぁ。もちろん餓死したり粛清された犠牲者,抑圧された国民の方が不幸ではあるのだが,権力者の悲哀もそれはそれであるわけで。そんな環境を作り出す人間社会というものの闇に想いを馳せつつ読了。

  • 勉強になりました。

  • 青年期から殺伐とした革命運動に身を投じた結果、政治における組織論の重要さに早くから気づき、また組織内の敵・味方を峻別する鋭敏な感覚を身に付けていったスターリン。その結果、彼は革命成就後も「社会主義-資本主義」という国家外部におけるイデオロギーの対立を国家組織内部の「体制-反体制」という構図に投影してしまう。これが第一次世界大戦におけるそれよりも多くのロシア国民犠牲者を出し、後世まで彼の評価が定まらない最大の原因である「大粛清」に繋がったと著者はみる。

    本書の出色はレーニン没後の共産党内部における権力闘争の記述。第一次世界大戦により荒廃した産業の再建策についての深刻な対立の結果、スターリンが政敵として後に追い落とすトロツキー等の主張に結局は沿った形で(しかし方法としては比較にならないほど苛烈なやり方で)農業を犠牲にし工業の発展を優先するに至るまでの経緯が、当時のロシアを取り巻く国際情勢やスターリン自身の性向と絡めながら理路整然と描写されており、非常に判り易い。

    本書で紹介されるスターリンの少年期の詩や、レーニンの著作を詳細に読み込んでいたというエピソードからは、自分が心酔する対象に無心に打ち込む「素朴な優等生」というイメージが浮かび上がる。この一途さが農民の虐待や大粛清等に寄与した一方で、(政治的要請によるものではあっても)少数民族の権利を尊重し、ロシアそのものの国内事情を重視する「一国社会主義」の提唱、さらには工業化の成功による第二次世界大戦の勝利など、ロシア国民によりアピールする結果に繋がったのは間違いないだろう。ある国における最大の成功と最大の失敗の原因が同時に一指導者に帰せられるとしたら、彼に一体どのような歴史的評価がなされるべきなのだろうか。

全31件中 1 - 25件を表示

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書)の作品紹介

「非道の独裁者」-日本人の多くが抱くスターリンのイメージだろう。一九二〇年代末にソ連の指導的地位を固めて以降、農業集団化や大粛清により大量の死者を出し、晩年は猜疑心から側近を次々逮捕させた。だが、それでも彼を評価するロシア人が今なお多いのはなぜか。ソ連崩壊後の新史料をもとに、グルジアに生まれ、革命家として頭角を現し、最高指導者としてヒトラーやアメリカと渡りあった生涯をたどる。

ツイートする