日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)

  • 116人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (15)
    • (11)
    • (4)
    • (2)
  • 19レビュー
著者 : 堀啓子
  • 中央公論新社 (2014年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121022851

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店やテレビドラマ、映画など日常生活でミステリーに触れる機会は多い。欧米で誕生したミステリー小説がいかなる工夫の基に日本に流入し、日本固有の文化と結びつきながら発展してきたのかが読みやすくまとめられている。
    (材料系材料コース M1)

  • ミステリー好きには非常に面白く読める1冊。
    著者の専門からして、明治から大正あたりが中心かな。
    戦後に関してはわずかしか触れられていないのが残念。
    (もっとも存命の方もいらっしゃると思うので、なかなか書けなかったのかもしれませんが…)

  • 細かな知識に埋もれず大きな流れもわかりやすい。ミステリ好きな人ならもっと興奮して読めるだろう。個人的にはこの本に書かれた時代よりも後が読みたかった。積まれた新書を消化するキャンペーン⑦。

  • 20170722

  • 図書館本。89

  • もとは近代文学が専門という1970年生まれの著者による、明治から昭和中期にかけての日本のミステリ史。それなりのミステリ好きを自称しつつ、日本のもので読んでいるのは、まさに本書で取り上げられている横溝・清張・仁木悦子「以後」という私のような読者にとっては、特に揺籃期の、翻訳(というより翻案)からスタートした日々はすこぶる興味深かった。
    ミステリマニアとしての著者の経歴は寡聞にして知らないが、どこそこ大学の推理小説研究会出身、などと麗々しく書かれてはいない。それかあらぬかマニア臭さとは適切な距離を置きつつ、きちんとフェアな筆致には好感が持てる(巻末近くに至って、ややゆるみが見られるが)。資料の散逸も多いだろう大衆小説のジャンルにあって、よくぞ調べたものだと思う。
    作風が多岐に渡ろうとも、とりもなおさず「ミステリ作家」と看板を掲げる人が大ベストセラーを連発する現在にあって、このジャンルのルーツは意外なほど世に知られていない。そのことを、改めて浮き彫りにした良書と言える。

    2015/3/9〜3/12読了

  • 読了。

  • タイトルどおり我が国における推理小説の変遷と文学史に埋もれた逸話を紹介する。海外のミステリ賞候補にさえなる佳作を生み、英語圏以外の翻訳作品を手軽に愉しむことができる今があるのもここに紹介された先達の功績によるところが大きいのだろう。海外ミステリの翻訳にまつわる歴史と当時の作家たちの奮闘に多くのページが割かれている。

  • シェイクスピアからの推理小説の起源から日本の松本清張辺りまでの歴史を辿る本。
    大岡越前のような裁判モノが江戸時代は主流とか黒岩涙香氏が翻訳家、著作家として探偵小説の父に相応しいのが分かった。

  • 2015年1月新着

全19件中 1 - 10件を表示

堀啓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)の作品紹介

江戸後期、大岡越前の裁判小説が人気だったように、日本人は元来、謎解きが大好きだった。だが、ポーの「モルグ街の殺人」にはじまるミステリーが受容され、国産の推理小説が定着するためには長い茨の道が必要だった。黒岩涙香による本邦初のミステリー、探偵小説でデビューした泉鏡花、『新青年』と横溝正史、社会派という新ジャンルを切り開いた松本清張や「日本のクリスティー」仁木悦子まで、オールスターで描く通史。

日本ミステリー小説史 - 黒岩涙香から松本清張へ (中公新書)のKindle版

ツイートする