南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)

  • 117人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (7)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 唐澤太輔
  • 中央公論新社 (2015年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023155

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
トマ・ピケティ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 三葛館新書 289.1||KA

    南方熊楠とはどのような人物だったのか。熊楠の生涯を大きく6つに区分し、神童と呼ばれた幼少期からアメリカ、ロンドンを経て帰国後の田辺市での日々までを振り返ります。著者は各時代のエピソードを通じて虚実とりまぜて語られる熊楠の実像に近づき、多才な業績の裏にある熊楠の実像に迫ります。
                                  (ゆず)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=87626

  • 「南方熊楠 日本人の可能性の極限」唐澤太輔

    ----------------------------
    百科事典を丸ごと暗記、二十以上の言語を解した、キューバ独立戦争参戦といった虚実さまざまな伝説に彩られ、民俗学、生物学などに幅広く業績を残した南方熊楠。「てんぎゃん(天狗さん)」とあだ名された少年時代、大英博物館に通いつめた海外放浪期。神社合祀反対運動にかかわり、在野の粘菌研究者として昭和天皇に進講した晩年まで。「日本人の可能性の極限」を歩んだ生涯をたどり、その思想を解き明かす。
    「BOOK」データベースより
    ----------------------------

    会社の部長から「南方熊楠は面白い!」と教えてもらいまして、概要を聞いたら確かにかなり面白そうな人だったので買ってみました。

    とりあえず南方熊楠の本を検索し、お手頃価格でわかりやすそうなやつを適当に買ってみたんだけど、作者を確認したら、1978年生まれですって(・Д・)
    まさかの同じ学年。。。
    こういう本を書く人って、自分よりご年配の方々と勝手に思ってしまっていたので、同年代かーーと思うとなんかこう、ビミョーな気持ちだわ。。。


    さてさて、話を戻して「南方熊楠」です。
    確かに熊楠、めちゃくちゃ面白いです!
    この本の作者は、熊楠のことを「極端人」と表現してます。
    また、熊楠と一時期、親交があった柳田国男は、彼のことを「日本人の可能性の極限」と表現していたそうです。
    この人をトータルで表そうとすると、だいたいそんな感じになるみたいです。

    なんだろ、学術的にも超すごいんだけど、人間的にハジけてて、エピソードがちょいちょい笑えます。

    いくつか、振り切ったエピソードを抜粋。
    ----------------------------
    さらには 、夢についても同様のことが言えるのである 。熊楠は 、睡眠中の夢の世界と覚醒時の現実の世界との区別がつかず 、夢見心地のまま 、家族に何か言う (怒鳴る )ことがしばしばあった 。また嫌な夢のせいで 、終日怒りが収まらないこともよくあった 。さらに恐ろしいことに 、熊楠は夢見心地のまま友人を刀で斬りつけようとしたこともあった
    ----------------------------

    なんでしょう_:(´ཀ`」 ∠):
    基本、精神は不安定傾向だったっぽいです。狂人にならないよういろんな研究に没頭したけど、没頭しすぎちゃって、今度は、精神と現実の区別が曖昧になっちゃうみたいな。


    ----------------------------
    ところで 、熊楠が 「てんぎゃん 」以外に 、後の和歌山中学校時代に付けられたあだ名がもう一つある 。それは 「反芻 」である 。熊楠には 、食べたものをいつでも自由に吐き出せるという 「奇癖 」 (武器 ? )があった 。
    ----------------------------

    ついたあだ名「反芻」ってwwww
    しかもその理由wwww
    実際、ムカついた時に反吐を吐くということをちょいちょいやってたみたいで(笑)

    ----------------------------
    和歌山県主催の夏季講習会に参加していた 、神社合祀推進派の県吏に直接会うために 、熊楠は会場へ乱入 、大声を出して 、持参していた菌類標本入りの信玄袋を投げつけるなどの暴行におよんだのである 。このとき熊楠は 、酒を飲み酔っ払っていた 。しかし捕まっても 、ただでは終わらないのが熊楠という人間である 。彼は入牢中 、獄内でステモニチス ・フスカという粘菌の原形体を発見している 。
    ----------------------------

    酒の失敗、数え切れず(笑)


    この他にも、
    アメリカの大学行ったけど喧嘩して辞めちゃった... 続きを読む

  • 枠にはまらない人であった。南方曼荼羅についてはまだわからないことが多い。またネイチャー誌が当時どのようなものであったかが窺い知れるのが面白い。

  • まさしく<何も足さず、何も減らさず>といえる評伝。
    等身大の熊楠がよく描かれているように思われる。

  • 勉強になりました。

  • 南方熊楠ってこんなひとだったのね、とざっくり知るにはうってつけ。

  • 一般社会の評価枠に収まらない人は、いるところにはいるのだろう。
    条件が揃ったからこそ、名前を残されたが、こうはならない可能性もあったのではと思う。

  • まさに「ぶっ飛んだキャラクタ」である.常人とは脳の構造が違っていたようだ.観察力と思考力の両方に並外れたものを感じる.
    本書では,多数の文献をもとに少年期にはじまり各時代の「南方熊楠」を示してくれる.

  • 百科事典を丸ごと暗記、二十以上の言語を解した、キューバ独立戦争参戦といった虚実さまざまな伝説に彩られ、民俗学、生物学などに幅広く業績を残した南方熊楠。「てんぎゃん(天狗さん)」とあだ名された少年時代、大英博物館に通いつめた海外放浪期。神社合祀反対運動にかかわり、在野の粘菌研究者として昭和天皇に進講した晩年まで。「日本人の可能性の極限」を歩んだ生涯をたどり、その思想を解き明かす。

全11件中 1 - 11件を表示

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)の作品紹介

百科事典を丸ごと暗記、二十以上の言語を解した、キューバ独立戦争参戦といった虚実さまざまな伝説に彩られ、民俗学、生物学などに幅広く業績を残した南方熊楠。「てんぎゃん(天狗さん)」とあだ名された少年時代、大英博物館に通いつめた海外放浪期。神社合祀反対運動にかかわり、在野の粘菌研究者として昭和天皇に進講した晩年まで。「日本人の可能性の極限」を歩んだ生涯をたどり、その思想を解き明かす。

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)はこんな本です

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)のKindle版

ツイートする