代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)

  • 206人登録
  • 4.12評価
    • (15)
    • (18)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 待鳥聡史
  • 中央公論新社 (2015年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023476

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 近頃政治をめぐって「民意」とか「民主主義」といった言葉を用いた、罵り合いにも似た言論が盛んである。本書はそうした政治の現状をあくまで比較政治的に、選挙制度の選択×行政権の強さから検証したものである。
    比較政治の妙味であるが、「こうすべき」と言われるような政治制度の多くは、既にどこかの時代のどこかの国で実施されている。それは失敗して別の制度に移行している場合もあれば、時々失敗はしつつも現在までそのままという場合もある。そうした政治制度の幾つかを検討して、「では、今の日本の代議制民主主義は言うほど悪いものか。」と読者に働きかける。
    結局、そうした政治制度の帰結のどの点に着目するのかで結局議論は分かれるのであるが、その議論の前提として本書は活躍するであろう。
    ただ、最初の2章(歴史、大まかな比較)のまとめ方が下手である。それがあまりにもったいない。

  • 今年のベスト本候補。民主主義と自由主義を代議制民主主義のもとでせめぎ合い、運営されていっている、という視座で様々な政体を読み解く。関係ないと思っていたあれやこれがこういう統一的な説明ができるのか、という連続。AとBがあって一長一短ですよね、という中級本にありがちな逃げには走らず、どういう場合/目的の時はどういう方が良い、などときちんと触れてある。

  • ウェストミンスター型と大陸型の理解とかにも勿論

  • 有権者(投票)⇆政治家(政策決定)⇆官僚(政策実施)の委任と責任の連鎖 がポイント。
    小国の例が分かりやすかった。(官僚は時に政策の実施を民間に委任する場合もある。)
    またじっくり読み直したい。

  • イギリスのEU離脱を決めた国民投票の後に知人が勧めていたので気になっていた。米大統領戦がトランプの勝利に終わったのをきっかけにいよいよ選挙というものがよくわからなくなり読んでみた。

    筆者は多数決への疑いから始めて、さまざまな集約ルールやメカニズムについて考察し、それらをどこで、どのように使っていけばよいかを問う。
    さらに筆者は憲法改正の国民投票の充足要件の妥当性や、そもそも行政の裁量で投票という形で国民が意思表示をする機会を与えられない点についても問題を指摘する。
    多数決方式の選挙の問題点をまなび、ボルダルールはじめとする代替手段についてそれを実際に国政選挙に使っている国があることを初めて知った。小学生の頃から慣れ親しんだ多数決よりも公平な方法がありえるなんてこと考えたこともなかったなぁ。

    筆者は特に言及しないが、沖縄の基地問題なんかは「多数決による意思決定」を用いてはいけない例だとおもった。

    常識を疑う機会を与えてもらった。

  • 政治の世界をテレビなどで見ている時に、様々な問題に対する批判や泥仕合を見ることが多いように感じていたのですが。その原因が一体何なのか、政治家が悪いのか、官僚が悪いのか、それとも私たちが勉強不足なのか、わかっていないままに散髪屋の親父と化してしまっていました。それを理解する視点として、代議制民主主義が日本の政治体制であり、その制度の利点や問題点を知ることができたこと、本書を読んで良かったと思いました。世界の政治制度を知ることで、日本だけの問題でもないことを知ることも重要と感じます。
    代議制民主主義は柔軟な制度であり、それゆえバランスをとることが困難ですが、よくも悪くもなる制度であること。その希望について書かれた良書だと思います。

  • 大統領制、議院内閣制、二大政党制。。。政治学の世界に初めて触れた。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:313.7||M
    資料ID:95160067

  • 最近政府に対する批判として時々聞かれる「民主主義的でないという言葉がよくわからず(選挙で選ばれた代表が多数決で決定することがなぜ「民主主義的でない」の?)、かと言って厚い政治学の本を読む気もなく、ちょうど良さそうなタイトルの新書だったので読んでみました。

    ものすごく要約すると、結局のところ、執政制度や選挙制度に一つの正解なんてものがあるわけなく、必要とされていることと、現状の制度のずれが大きくなったら、適宜改革は行っていく必要がある。そのキーワードが「自由主義的素」と「民主主義的要素」のバランスで、極端に寄り過ぎて良いことはない、難しいけどね、というとこでしょうか。

    私は学生時代、政治に興味がなく、この手のことを全然知らなかった(「共和主義」の意味、大統領と首相がいる国ってそれぞれの役割はどうなっているの?、新興国って何で大統領制の国が多いのか?等ふと疑問に思ってもとくに調べはしなかった)ので、単純に勉強になりました。義務教育でこの辺のことをもっとやれば良いのに。

  •  『首相政治の制度分析』でサントリー学芸賞を受賞している京大政治学の看板教授が、初めて一般読者向けに著した政治制度論。同世代の東浩紀や國分功一郎が、議会政治の不調を前提に、その補完的制度を提案していること(東『一般意志2.0』、國分『来るべき民主主義』等)を意識しながら、政治制度の専門家として、代議制(議会制)民主主義の特性を分析し、その優位性を明らかにする。無論、単に現状を肯定するのではない。必要な制度改革のポイントも、理論的背景とともに示される。
     この本で説明される政治学的知見は多岐にわたるが、中でも現在のわたしたちにとって有用なのは、自由主義と民主主義のバランスに着目する視点だろう。権力の集中を防ぎ、多様な利害の相互牽制によって偏った政策決定を排除し、結果として人々の自由を守ろうとする「自由主義」と、有権者の意思=民意が政策決定に反映されることを何より重視する「民主主義」との間には、一定の緊張関係がある。この2つの理念を調合しながら政治を安定化させる機能において、代議制民主主義の意義が積極的に見いだされる。
     先般、「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」というやや自虐的なコピーで民主党のポスターに注目が集まった。これは安倍政権が「民主主義」を守っていないという批判的メッセージを当然含んでいる。しかし、この本を読んだあとでは、安倍政権に批判的な人であっても、それは民主主義的でないからダメなのか、あるいは自由主義的でないからダメなのかと、分析的に考えられるようになるだろう。政治リテラシーを得るとはそういうことだ。選挙イヤーに必要な読書として推したい。

  • 地方議会をはじめ代議制民主主義への批判論や否定論の声が高まる中、代議制民主主義のあり方と意義を改めて考えるという趣旨の本。代議制民主主義の歴史を振り返りつつ、明快な論理で代議制民主主義を分析し、今後の改革の方向について展望している。納得性の高い議論を展開しており、代議制民主主義への理解を深めるには最適の1冊である。
    著者は、代議制民主主義を、エリート間の競争や相互抑制を重視する自由主義的要素と、有権者の意思(民意)が政策決定に反映されることを重視する民主主義的要素の緊張関係を孕んだ存在だと捉え、その本質を「委任と責任の連鎖体系」であると指摘している。そして、代議制民主主義の2つの基幹的政治制度である「執政制度」「選挙制度」に注目し、代議制民主主義を「コンセンサス型(執政制度―権力分立的、選挙制度―比例制高い)」「中間型1(執政制度―権力分立的、選挙制度―比例性低い)」「中間型2(執政制度―権力集中的、選挙制度―比例性高い)」「多数主義型(執政制度―権力集中的、選挙制度―比例性低い)」の4つに分類している。
    代議制民主主義への批判は、委任と責任の連鎖関係が機能不全をきたしていると認識されていることに原因があると指摘し、委任と責任の連鎖関係を円滑に機能させるような改革が必要だと主張している。そして、代議制民主主義は、基幹的政治制度の組み合わせにより多様性が存在するところに意義があり、機能不全が生じても、社会のニーズに適合した基幹的政治制度の組み合わせを変えることによって改善できる可能性が高いと指摘している。

  • 2015年は「民主主義」という言葉が溢れた1年だったように思う。

    とりわけ大きなトピックとして、安保関連法案と、大阪における大阪都構想の住民投票および市長・都知事ダブル選挙があった。

    これらについては、とても奇妙に思える状況があった。


    まず安保関連法案については、憲法学者による違憲という指摘がされたこと、「戦争法案」という批判により大きな運動が起こった。
    しかし、ここで憲法について触れると話がややこしくなるので、以下ではその点はあえて無視をして進めていく。 

    憲法上の問題を無視すれば、少なくとも自民党・公明党は2012年の衆議院選挙、2013年の参議院選挙を経て議席の過半数を獲得し、その上で法案を提出、成立させたのであり、手続き上は何の問題もなかったように思える。
    しかし、これに対して「民主主義」の立場から批判がされた。

    これは不思議な話である。
    なぜ選挙で選ばれた国会議員による内閣の行為が民主主義的ではないのだろうか。
    (立憲主義についての問題を指摘している場合は適切だろうけれど、やはり憲法との関係はここでは触れないことにする)


    また、大阪市を特別区とするための住民投票についても批判が相次いだ。
    しかし、これも不思議な話である。
    住民投票は議会のように間接的ではなく、直接的に住民の意見を反映させることができる機会であり、最も民主主義的な手法に思える。

    ところがこれに反対していたのは「民主主義」を叫ぶ人々であったように見えた。
    その反対勢力(なんと自民党から共産党まで)の言う「民主主義」がどういったものなのかは不明瞭で、住民投票は否決されたものの、その後の大阪市長・都知事ダブル選では、都構想の実現を目指し続ける大阪維新の会が圧勝した。
    大差をつけて票を得た大阪維新の会が選挙で訴えた政策を行うことは、民主主義的に思える。

    ちなみに人気のある政治家、あるいは政策に対して「ポピュリズム」と批判されることがあるが、ポピュリズムとは「人気取り政治」のことではなく「人民主義(反エリート主義)」のことである。

    では、議席多数の与党の政策や、直接民主主義的な住民投票、そしてポピュリズム(人民主義)を批判し、安保法案や大阪都構想に反対する立場が訴える「民主主義」とはいったい何なのだろうか。


    本書はその疑問を解きほぐすのに役立つかもしれない。


    ちなみにタイトルである「代議制民主主義」とは新しい民主主義の形ではない。

    本書のいう「代議制」とは「議会制と大統領制」を含んだ制度のことである。
    議会議員も大統領も、有権者の投票によって選ばれ、政治的行為を委任された代議士という点では共通しており、それを一括りにしているだけだ。

    本書は、現在の政治の問題点を認めながらも、「熟議民主主義」や「一般意志2.0」といった新しく提唱されている民主主義の形に対するカウンターとして、旧来の代議制民主主義が優れている点を、各国の政治制度やその現状を紹介しながら、比較政治学を用いて主張している。

    代議制民主主義がどのような理由で何が優れているのか、逆に内包している問題は何か、という点は本書を読んでいただくことにして、ここでは本書の知見を用いて冒頭の疑問、つまり「なぜ民主主義と民主主義が対立するのか」を考えてみたい。


    その前段として、まずは政治制度を改めて整理してみる。

    1.「君主制」「神権政治」「独裁制」
    最も非民主的な政治制度と言って良いだろう。
    これらはそもそも「国民主権」という考え方自体が存在しない。

    2.「全体主義」
    本書ではこれを「左の全体主義としての共産主義」と「右の全体主義としてのファシズム」の2つに分類している。
    これらについて本書では詳しく言及されていない。

    3.「立憲君主制」
    君主は存在しながらも、その政治権力は制限されてお... 続きを読む

  • 請求記号:313.7/Mac
    資料ID:50081142
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 京都大学大学院法学研究科教授の待鳥聡史(1971-)による比較政治学の観点からみる代議制民主主義論。

    【構成】
    序章 代議制民主主義への疑問 議会なんて要らない?
    第1章 歴史から読み解く 自由主義と民主主義の両輪
     1 近代議会の成立と発展
     2 大統領制と議院内閣制
     3 拡大する代議制民主主義
     4 代議制民主主義の黄金期
    第2章 課題から読み解く 危機の実態と変革の模索
     1 動揺の時代
     2 変革の試み
     3 目立つ機能不全
     4 危機への対応
    第3章 制度から読み解く その構造と四類型
     1 代議制民主主義の基本構造
     2 代議制民主主義を分類する
     3 制度と政党
     4 四類型を考える
    第4章 将来を読み解く 改革のゆくえ
     1 三つの「症状」
     2 執政制度の改革
     3 選挙制度の改革
    終章 代議制民主主義の存在意義 バランスの観点から

    今日の日本では「民主主義」「民主政治」と言えば、普通選挙による議会政治による立法行為を差すことが多いように見受けられる。

    本書では今日先進諸国で多く採用されている「代議制民主主義」を「自由主義」「民主主義」に分解する。そして、それぞれの要素が形成される歴史的背景、第二次大戦後、冷戦終結後の環境変化によって構成要素に生じたジレンマを紹介することで、当たり前のように受け止められている「代議制民主主義」の特徴を明示し、課題を整理する。

    第1章は歴史的背景である。「有権者の民意を反映すること」を主眼に置く民主主義、王権による財産権の侵害を防ぐことからはじまったロック的自由主義、権力を分立させることでエリート間のチェック&バランスを志向したマディソン的自由主義。

    現代政治のように、決定に高度な専門的知識を要する政策判断において、専門知識を持たない有権者が常に妥当な結論を出せるわけでもないし、個々の立法・財政措置を一々国民に諮るということも非現実的である。そこで有権者は政治家に、政治家は官僚にそれぞれの領域を委任し、委任事項に対して各々が説明責任を負う「委任と責任の連鎖」の仕組みが構築される。

    問題はこの委任の範囲がどの程度であるかという点であり、本書ではこれを第3章で中心的に論じる。選挙制度と執政制度を軸にした、レイブハルトの分類をもとに各国の代議制民主主義を区分する。選挙制度にあっては、大選挙区や比例代表制などの「比例性が高い」制度か小選挙区などの「比例性の低い」制度なのか。執政制度にあっては、権力分立的な大統領制か権力集中的な議院内閣制かというのが大まかな分類。
    それに続いて、さらに細かく分類と考察がされる。小選挙区で権力集中的なウエストミンスター型は「多数主義型民主主義」と呼称され、選挙により多数派政党(および首班)に権限を委任した後は基本的には政権の運営に対してチェックがききにくいが、短期的な民意(利害)に関係なく、長期的な視点での政策決定も可能となる。このモデルでは与野党それぞれが内部に厳格な規律を強いて、党の一体性が保たれやすいとされている。

    一方で、コンセンサス型の典型は大選挙区制と大統領制の組み合わせで、政権の拠って立つところは与党ではなく、有権者の直接的な支持となる。議会にあっては、大統領とは意見を異にする党派・会派が多数存在するため、政策決定は時として短期的・地域的利害により停滞を余儀なくされるなど議会運営に時間と労力を割くことになる。しかし、一方で選挙時に多数党となった政党だけでは円滑な立法は困難であるため、多様な意見をくみ上げながら、妥協点を探るという点もある。さらにこの中間型や中央-地方政府の関係などポイントを絞って解説が加えられていく。

    結局のところ、代議制民主主義は、現代政治を運営す... 続きを読む

  • 代議制民主主義とは何かということについて、議会をめぐる民主主義と自由主義の緊張関係から読み解いていく本。
    なるほど!と思うことは多いが、ちと難しいのが難点、抽象的な議論を扱っているから仕方ないが。またじっくり読みたいと思う。

  • 執政制度を権力分立(大統領制)・権力集中(議院内閣制)と選挙制度(比例代表制、小選挙区制)の2つに分けてマトリックスに分けたりしている。

    筆者は、国家の究極目的として代議制民主主義は不可欠であると考えており、議会そのもの是非ではなく現在の機能不全を考えるには、執政制度と選挙制度の双方を考える必要があると主張してる?

  • “有権者が選挙を通じて政治家を選び、政治家が政策決定を行う。これが代議制民主主義の仕組みである。議会の発展、大統領制と議院内閣制の確立、選挙権の拡大を経て定着したこのシステムは、第二次世界大戦後に黄金期を迎えた。しかし、経済成長の鈍化やグローバル化の影響を受け、今や世界各国で機能不全に陥っている。代議制民主主義はもはや過去の政治制度なのか。民意と政治家の緊張関係から、その本質を問い直す。”


    著者:待鳥聡史(アメリカ政治)


    【目次】
    目次 [/]

    序章 代議制民主主義への疑問――議会なんて要らない? 001
    目に余る惨状  高まる議会批判  熟議民主主義  住民投票・国民投票  「一般意志2・0」  代議制民主主義とは何か  本書の関心

    第1章 歴史から読み解く――自由主義と民主主義の両輪 017
    1.1 近代議会の成立と発展 017
    議会と民主主義が結びつくという「常識」  古代民主主義から近代民主主義へ  議会と君主権力  共和主義と民主主義
    1.2 大統領制と議院内閣制 027
    アメリカの共和主義者の苦悩  大統領制の誕生  マディソン的自由主義――権力分立と多元的政治観  アメリカ政治の民主化  民主主義の不足か、行きすぎか  議院内閣制の確立  労働者の政治参加
    1.3 拡大する代議制民主主義 045
    ヨーロッパにおける政党政治の確立と「凍結」  後発近代化諸国の立憲君主政  大統領制の広がりと多様化  代議制民主主義の確立  全体主義による挑戦  ファシズム諸国の崩壊と再建
    1.4 代議制民主主義の黄金期 060
    戦後和解体制と福祉国家  行政国家化  利益集団自由主義  異議申し立ての噴出  ガヴァナビリティの危機  新興諸国の政治的不安定  凍結の終焉

    第2章 課題から読み解く――危機の実態と変革の模索 077
    2.1 動揺の時代 077
    決定的変化点としての一九八九年  日本の政党政治への影響  個人レヴェルの変化
    2.2 変革の試み 084
    制度改革への志向  新自由主義と代議制民主主義  既成政党の変化  新党ブーム  激変するメディア環境  政治の「大統領制化」
    2.3 目立つ機能不全 098
    日本の「失われた二○年」  アメリカ政治の「分極化」  ユーロ圏の危機と負担  グローバル化の光と影  扇動政治家の台頭  新興民主主義国の混迷
    2.4 危機への対応 115
    自由主義と民主主義の不整合  失望と反撥  焦点としての議会  一時的な答えだったのか

    第3章 制度から読み解く――その構造と四類型 123
    3.1 代議制民主主義の基本構造 123
    委任と責任の連鎖  誘因から考える  委任の誘因構造  責任の誘因構造
    3.2 代議制民主主義を分類する 134
    権力分立は何を目指したか  制度はなぜ重要なのか  二つの基幹的政治制度――執政制度と選挙制度  執政制度の分類――大統領制・議院内閣制・半大統領制  執政制度と政官関係  選挙制度の分類  「比例性」への注目
    3.3 制度と政党 150
    代議制民主主義における政党  選挙制度と政党システム  選挙制度と政党組  織執政制度と政党
    3.4 四類型を考える 164
    レイプハルトの分類  代議制民主主義の四類型  多数主義型  コンセンサス型  中間型1  中間型2  国政と地方政治の不整合  日本の執政制度と選挙制度  参議院と地方政治制度の影響

    第4章 将来を読み解く――改革のゆくえ 191
    4.1 三つの「症状」 191
    円滑さを欠く連鎖関係  国政の「決められない政治」と「決めすぎる政治」  地方の「過剰な制約としての議会」と「無駄な議会」  広すぎる裁量と... 続きを読む

  • 有権者が選挙を通じて政治家を選び、政治家が政策決定を行う。これが代議制民主主義の仕組みである。議会の発展、大統領制と議院内閣制の確立、選挙権の拡大を経て定着したこのシステムは、第二次世界大戦後に黄金期を迎えた。しかし、経済成長の鈍化やグローバル化の影響を受け、今や世界各国で機能不全に陥っている。代議制民主主義はもはや過去の政治制度なのか。民意と政治家の緊張関係から、その本質を問い直す。

全21件中 1 - 21件を表示

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)の作品紹介

有権者が選挙を通じて政治家を選び、政治家が政策決定を行う。これが代議制民主主義の仕組みである。議会の発展、大統領制と議院内閣制の確立、選挙権の拡大を経て定着したこのシステムは、第二次世界大戦後に黄金期を迎えた。しかし、経済成長の鈍化やグローバル化の影響を受け、今や世界各国で機能不全に陥っている。代議制民主主義はもはや過去の政治制度なのか。民意と政治家の緊張関係から、その本質を問い直す。

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)はこんな本です

代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書)のKindle版

ツイートする