日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 - 日露戦争後から敗戦まで (中公新書)

  • 58人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 老川慶喜
  • 中央公論新社 (2016年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023582

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 - 日露戦争後から敗戦まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 日露戦争後、帝国日本の鉄道は第一次世界大戦期の重工業化と国際化によって黄金時代を迎えた。後藤新平を総裁とする満鉄が設立され、シベリア経由「東京発パリ行き」の欧亜連絡列車の運行が始まる。さらに関東大震災以後の都市化の波は小林一三の阪急、五島慶太の東急などの私鉄を発展させた。大正天皇の大喪輸送とともに昭和の幕が開き、大恐慌を経て戦時動員へ。一九〇七年から四五年八月の敗戦に至る怒濤の四〇年を描く。

  • 国鉄の成り立ちというものが漠然としていたため、この本を手に取った。
    国が積極的に鉄道を推進した、というよりも地方各地に私鉄が敷設され、その路線を国鉄に組み入れていく方針であったことは発見であった。
    また各地の有名私鉄はその歴史も古く、戦前より人々の移動を支えていたことも発見であり、国鉄を補うという自分の持っていたイメージを覆された。

    敗戦の日も鉄道はいつもと変わらず走り続けたという言葉が感動的であった。

  •  「幕末・明治篇」に続く老川日本鉄道史の第2弾。鉄道国有化から敗戦までを描く。本書においても,近代日本経済史を,鉄道を中心に見ることで,従来の通史とは異なる新たな解釈が思い浮かばれる。
     とりわけ興味深かったのは,日本経済ないしは北東アジア経済におけるウラジオストックの位置づけだろう。従来の植民地史研究や帝国日本研究サイドに立脚すると,日満間の結びつきは朝鮮半島を軸にしてしまうが,ロシアを視野に入れることで,東京―米原―敦賀―ウラジオストック―満蒙というルートが日本の鉄道史に与えた影響力の大きさに,改めて目を奪われよう。
     「キセル乗車」(174頁)のエピソードは微笑ましく感じられたし,敗戦翌日の1945年8月16日においても「国鉄は時刻表のとおりに動いていた」という最後の一文が,日本の鉄道史を一言で集約できているといえるのではないだろうか。
     なお本書(初版)においても,JR相模線が「JR相模原線」(204頁)と記されていたのは看過できない誤字である。

  • 時に「少し意外!?」と思ったり、「何十年も前じゃないか?!」と驚くような発想が登場していたりと、興味深く読んだと同時に、色々と考えた…
    前作を読んだ際にも、所謂“温故知新”というようなことを思ったが、本書もそうした想いが沸き起こる…
    お薦め!!

  • 西洋の最先端の技術だった鉄道を明治の日本は貪欲に吸収していった。
    私鉄が興り、国鉄に吸収されて、敗戦の日も走り続けていた日本の鉄道は、
     
    日露戦争、第一次大戦、太平洋戦争などと密接に繋がっていたのが分かった。
     
    最初の東京駅の構造が、出口と入り口がそれぞれ両端にあって、真ん中が皇族用の出入り口になっていて、利用客から不評だったというのはトリビア。

  • ●政友会…農村基盤…広軌より鉄道網の拡大
     憲政会…産業界基盤…広軌化、幹線輸送力の拡大
    ●鉄道の高速化には、レールの重量化、エアブレーキ、自動連結器導入
     連結器の交換は決定後、6年をおいて全国同日に実施

全9件中 1 - 9件を表示

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 - 日露戦争後から敗戦まで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 - 日露戦争後から敗戦まで (中公新書)はこんな本です

ツイートする