後藤又兵衛 - 大坂の陣で散った戦国武将 (中公新書)

  • 36人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 福田千鶴
  • 中央公論新社 (2016年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023728

後藤又兵衛 - 大坂の陣で散った戦国武将 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 戦国時代、黒田官兵衛・長政の二代に仕え、武勇を謳われた後藤又兵衛。豊臣秀吉の九州攻めや朝鮮出兵、関ヶ原合戦で活躍するも、長政に疎まれて主家を去った。長い牢人生活を経て、秀吉の遺児秀頼の招きに応じ、一六一四年、大坂城に入城する。徳川方に比して劣勢明らかな豊臣陣営に加わったのはなぜか。大坂の陣でいかに奮戦し、壮絶な討死を遂げたか。後年、歌舞伎や講談などで快男児として描かれた武将の実像に迫る。

全3件中 1 - 3件を表示

後藤又兵衛 - 大坂の陣で散った戦国武将 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

後藤又兵衛 - 大坂の陣で散った戦国武将 (中公新書)の作品紹介

戦国時代、黒田官兵衛・長政の二代に仕え、武勇を謳われた後藤又兵衛。豊臣秀吉の九州攻めや朝鮮出兵、関ヶ原合戦で活躍するも、長政に疎まれて主家を去った。長い牢人生活を経て、秀吉の遺児秀頼の招きに応じ、一六一四年、大坂城に入城する。徳川方に比して劣勢明らかな豊臣陣営に加わったのはなぜか。大坂の陣でいかに奮戦し、壮絶な討死を遂げたか。後年、歌舞伎や講談などで快男児として描かれた武将の実像に迫る。

後藤又兵衛 - 大坂の陣で散った戦国武将 (中公新書)はこんな本です

ツイートする