人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)

  • 532人登録
  • 3.56評価
    • (17)
    • (61)
    • (54)
    • (10)
    • (2)
  • 62レビュー
著者 : 吉川洋
  • 中央公論新社 (2016年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023889

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
アンソニー・B・...
クリス・アンダー...
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筆者の立ち位置はケインズ主義+シュンペーター主義的な折衷的な位置におり、有効重要創出のためには技術革新が不可欠であり、そのために人口一人あたりの生産性を高めることで経済成長は可能であるとする。

    ここまでは至極当然なのだが、どうも最後の方で迷走が始まる。なぜか江戸時代の生活の話や、反知性主義への反論など本来の「人口成長と経済成長」という観点から急遽思想的な話に突入し、わかりやすい経済学の本が、二流の思想本になりはててしまっている。

    反知性主義や反成長主義に対しての反論したくなる気持ちはまだしも、その反論があまり拙い。

  • 漱石(の小説ではなく、よりマイナーと思われるエッセイ類)や老子、内藤湖南などが縦横無尽に引用され、昔風のインテリの著作という印象。こういう該博な「教養」を披瀝する人は、最近少なくなったなあ。
    内容が初歩的すぎるというレビューがあったが、一般向け新書ならそれで正しいだろう。門外漢の私などは、時に声を出して笑いながら、しごく楽しく読ませてもらった。
    「『イノベーション』の具体的提言がない」というのも、著者は起業家にあらず経済学者なのだから当然だろう。「過去の人類史において、人口の増減と経済成長はまったく比例していない」という事実を経済学的手法できっちりと立証してみせているのだから、自分の「仕事」はしっかりとこなしている。一般人が「なんとなく」で捉えていることをきちんと数字で説明する、それが学者と言われる人種の仕事だろう。
    強いて看板に偽りありと言うならば、人口と「日本」経済と言いながら、むしろ「世界」経済と言ったほうがふさわしいようなフィールドの広さだろうか。

    はたして「イノベーション」とやらが万能の秘薬のごとくすべてを解決するのか、それは私にはわからない。だが、すでに若い女性が減りまくっている日本において、人口減少は「必ず来る未来」である。それを恐れたり、嘆いたりできる段階はもう過ぎたのだ。ならば動機は何であれ(著者のような楽観論か、あるいは真逆の悲観論に由来するかを問わず)、昨今の我が国に横溢する「来たらどうしよう…」ではなく、「どのように迎えるか」に思考を切り替えるべきだろうとは思う。
    仮に一部論者が言うとおり「少子化が日本を滅ぼす」のだとしても、20年前に女児の出生を増やしておかなかった私たちに、もはやそれを避けうるすべは存在しないのだから。

    それにしても巻末の謝辞、「娘夫婦」なのに「隆志と桃子」という表記には驚かされた。愛娘がよその男の風下に立たされて平気なのかねえ…。

    2017/6/14読了

  • 現状世界第3位というGDP大国であり、経済成長せずに現状に甘んじることも一つの答えである。その上で、経済成長とは、何のためにあるのかを考えさせられた。

    今以上に生活が便利で豊かになることと、イノベーションによる経済成長は同義である。
    この先、超高齢化していく中で、より少ない若者が年寄りを支えていかなければならない。負担がかからないよう、若者が年寄りを支えずとも大丈夫なくらいに、年寄りが自立できるくらいには生活が便利で豊かになることが必要だ。
    故に、イノベーションによる経済成長を起こしていくことが必要なのである。

    個人的には、他の国の豊かさと比べても、日本は本当に生活水準が豊かであると思うので、これ以上豊かになりたいとまでは言わないが、現状の豊かさはせめて守っていきたいと思う。
    よって、筆者のいう通り、経済成長の果実を忘れて反経済成長になって、今以上に生活が不便になることは嫌だと思うので、国民の生活の豊かさを維持できるくらい程度での経済成長が必要であると思う。

    筆者は老人に対するサービスの向上によるイノベーションを提起していたが、年金暮らしの老人の一人当たりの消費は少ないなるので、財布の紐の固い彼らをターゲットとしたサービスは難しそうではあると思った。

  • 冗長的な解説。
    引用が多いのだが、その使い方が持論を補足するのではなく、紹介に止まっている。
    修士論文レベル。
    当たり前すぎる結論があんまりでは。

  • -

    人口減少が進み、働き手が減っていく日本。財政赤字は拡大の一途をたどり、地方は「消滅」の危機にある。もはや衰退は不可避ではないか――。そんな思い込みに対し、長く人口問題と格闘してきた経済学は「否」と答える。経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、日本が世界有数の長寿国であることこそチャンスなのだ。日本に蔓延する「人口減少ペシミズム(悲観論)」を排し、日本経済の本当の課題に迫る。

  • 人口減少のなかでの経済成長、プロダクトイノベーションが大切という話、自分たちに今何ができるのだろう

  • 久々に当たりの新書。
    人口関連の知識も多く勉強になる。
    また、生産労働人口とGDPに相関性が無いというのは驚きとともになるほどなと。

  • ライフネット生命創業者の出口さんのオススメ本。
    ●レビュー
    ・人口と経済の関わりを、歴史、海外との比較、経済学者などの論考への分析などの多面的に検討する画期的一冊。
    ・人口は増えたほうがいいとか、減ったほうがいいとか、単純な議論ではなく、双方のメリット、現状の問題点などを洗い出している。
    ・人口減少に伴う諸問題(GDP減少懸念、高齢化、長寿問題)に対する解決策は、イノベーションと移民受け入れですって結論は割とシンプル。

    ●ほか
    ・マルサス、アダム・スミス、ケインズ、ミル、漱石、老子、内藤湖南など引用が豊富。
    ・GDPのメリット(経済のサイズを測るに便利な指標である点)とデメリット(家事の価値など)は参考になった。
    ・高度経済は実は内需が支えていた、ってことを仰られていて、その点、野口悠紀雄さんとかが仰ってたこと(キャッチアップモデル、人口増加、圧倒的円安、1940年体制とかだったかな)に対してもう少しデータに基づいて話してくれると嬉しいです。

  • 人口を切り口に経済を考察する。
    経済音痴の私には難しく、眠くなるページが多いが、所々なるほどと思うところもある。
    それにしても三連休はよく読書した。


    以下は読書メモ:
    18世紀の学説では、人は豊かになれば子供をたくさんつくる。生物も、食料が増えれば数が増える。
    しかし、19世紀末から先進国では豊かさの中で人口が減り始めた。
    人口増加に代わって人類が経験したことのないハイペースで平均寿命が延びた。

    経済成長を牽引するのはプロダクトイノベーション、それによって生み出されるモノやサービスが平均寿命の延長に貢献してきた。

    人口が減ってもイノベーションによる経済成長は可能。寿命は生物学的限界かもしれないが、イノベーションにより「生活の質」をあげていくべき。

    日本経済の将来
    労働力人口 年率 -0.6%
    多くの経済学者の考える潜在成長率 0.5%だが、筆者の可能と考える成長率 1.5%、そのためには年率2.0%の労働生産性の伸びが必要
    一人当たりGDPは年率2%なら35年で2倍
    現在30歳の人の生涯所得は現在65歳の人の2倍になる計算
    問題は日本の企業がプロダクトイノベーションを成せるか。現状は日本企業は投資ではなく貯蓄に回している。
    日本経済の将来は、日本企業がいかに「人口減少ペシミズム」を克服するかにかかっている。

  • 人口減少と経済活動との関係性が大局的に理解できる。

全62件中 1 - 10件を表示

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)はこんな本です

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)のKindle版

ツイートする