俳句と暮らす (中公新書)

  • 49人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小川軽舟
  • 中央公論新社 (2016年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024121

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
森 絵都
東山 彰良
有効な右矢印 無効な右矢印

俳句と暮らす (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 俳人である著者の、日々の暮らしと感じたことのエッセイと、俳句のアンソロジーです。個人的にはお喋りの部分をもう少し短くして下さるとありがたかったかなと思いました。

    著者の俳句だけではなく、師事を受けた方や、その師匠。そして歴代の俳人の紹介もあり、楽しく読みました。。最終章はなはや、松尾芭蕉で締めくくりですね。俳句は楽しい。しかし、奥が深い。細く長く続けて行きたいです。

  • 【新着図書ピックアップ】俳句は私たちの日々の生活と深いつながりがあります。職場や家庭その他いろいろなシーンから生まれた俳句を紹介するこの本には、現代を生きるアナタが同感できる一句がきっとあるはず。

    【Newly arrived】Japanese has long developed haiku at home, workplace and otherwise. The author of this book, a haiku poet/salaryman, shows many contemporary haiku poems composed in daily life, and invite you to enjoy them.

  • 花鳥風月を詠む優雅な趣味の世界――。これが俳句のイメージだろう。だが、日々の小さな発見を折に触れ書き留められるところにこそ、俳句本来の魅力がある。本書では、俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「飯を作る」「会社で働く」「妻に会う」「病気で死ぬ」などさまざまな場面を切り取りつつ、俳句とともに暮らす生活を提案。平凡な日常をかけがえのない記憶として残すための俳句入門。

全3件中 1 - 3件を表示

俳句と暮らす (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俳句と暮らす (中公新書)はこんな本です

ツイートする