ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)

  • 76人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 福間詳著
  • 中央公論新社 (2017年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024329

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 借りた本

  • 今までストレス障害と内因的うつ病の違いが分かっていなかった。経験談が多くてわかり易く、よく理解出来た。

  • わりと科学的な話が多かったかな。
    こういう本を読むと何故か安心して、読んだ後、自分のストレスも軽減された気になる。不思議だけれど。

  • ストレス障害は、限界を超えた時の体の反応が怖いものと感じているが、そのような状況にならないように個人も社会も正しい理解を持たないといけない。

  • 自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しない。家族や地域社会との良好な関係も重要だ。第二の人生をどう充実させたらよいか。シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じ、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるためのヒントを提示する。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)の作品紹介

ハラスメント、過労、育児、介護、人間関係…現代はストレスに満ちている。誰もが受けるその正体は何か。脳や体は実際にどう反応し、何を引き起こすか。本書は、25年にわたり自衛隊精神科医官を務めた著者が、研究の歴史からうつ病とストレス障害の違いまでわかりやすく解説。自衛官をはじめとする多くの診療経験にもとづき、対策を具体的にアドバイスする。心に悩みを抱える人たちにおくる、ストレス"攻略法"の決定版。

ストレスのはなし - メカニズムと対処法 (中公新書)はこんな本です

ツイートする