中国ナショナリズム - 民族と愛国の近現代史 (中公新書)

  • 38人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 小野寺史郎
  • 中央公論新社 (2017年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024374

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

中国ナショナリズム - 民族と愛国の近現代史 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 書籍についてこういった公開の場に書くと、身近なところからクレームが入るので、読後記は控えさせていただきます。

    http://www.rockfield.net/wordpress/?p=9855

  • お堅い文体ではあるが、中国におけるナショナリズムの進展を丁寧に記してある良書。高校世界史程度の知識があれば読み切れるだろう。中共側から見た記述が少し薄いような気がした。

  •  ナショナリズム解説というより近現代の通史だったが、清末以降、漢人と非漢人、政府と知識人と大衆、愛国主義と社会主義、と、ナショナリズムと一言に言ってもその中に異なる、時には対立し得る要素も含んでいる複雑さが見て取れた。その要素は、形を変えつつも、現在の中国ナショナリズムを見る上でも参考になるのかもしれない。
     清末の革命派は藩部や故地とは遠い華南出身者が中心だったため、非漢人への意識は希薄だったという。現在の「中華民族」にはもちろん少数民族も含むという整理だが、漢族中心の歴史や文化に基づくナショナリズムを煽っても、果たしてどこまで非漢族が共感を覚えるのだろうか。
     光緒新政期から民国期にかけ、政府・知識人主導の文明的な「上からのナショナリズム」はあれど、大衆には浸透しにくかったとのことである。共産党は後者を上手く動員できたということだろうか。そして現在、共産党政府は大衆の暴力的なナショナリズムを動員しつつも、統制の範囲を超えそうになるとやはり文明的な「上からのナショナリズム」を重視するという点では昔から変わっていないのかもしれない。
     また、本来国際的な社会主義と一国だけの愛国主義は相反するものなのに、共産党は成立初期から祖国防衛→全人民の救済→プロレタリアートと労働人民の解放、という論理で両者は矛盾していないとしていた。更に筆者は、90年代以降、「社会主義イデオロギーに替わる国家統合の論理」として、民族や愛国が一層強調されているとも指摘している。

  • 二一世紀に入り、尖閣諸島や南沙諸島の領有問題などで中国の愛国的な行動が目につく。なぜ、いま中国人はナショナリズムを昂揚させるのか。共産党の愛国主義教育や中華思想による強国意識からなのか。西洋列強や日本に蚕食されてきた一九世紀半ばから、日本の侵攻、さらに戦後中国が強大化するなか中華民族にとってナショナリズムとは何であったのか。本書は、清末から現代までの一二〇年の歴史のなかで読み解く。

全6件中 1 - 6件を表示

中国ナショナリズム - 民族と愛国の近現代史 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする