入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)

  • 128人登録
  • 4.16評価
    • (10)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 秋吉貴雄
  • 中央公論新社 (2017年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024398

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  政策問題とは「社会で解決すべきと認識された問題」である。ここで気をつけなければならないのが、社会での「望ましくない状態」が自動的に「問題」とはならないということである。「望ましくない状態」=「問題」ではないかと違和感を覚えられるかもしれない。しかし、「望ましくない状態」があったとしても、誰かが気づかなければ、もしくは、それを「望ましくない」と認識しなければ問題とはならないのである。(p.36)

     ポリシーミックスにおいて重要なのは、複数の手段による「相乗効果」を発揮させることである。例えば課徴金という単独の手段のみで個人や企業に負荷をかける行為を制限したとする。基準や金額を厳しく設定すればある程度制限できるが、抜け道を探すような個人や企業が出てくるかもしれない。しかし、地道な努力であるが、環境保護の意識啓発を同時に行うことでそのような個人や企業が行動を変えるかもしれない。すなわち、複数の手段をうまく組み合わせることで、政策目的を達成できる可能性が高まるのである。(pp.81-82)

     政策を適切に実施するためには、実施の仕組みのデザインとマネジメントが不可欠である。まず、政策が「実施可能性」の観点からデザインされていなければならない。また、マニュアルや主体間の調整といった実施の仕組みを現場からの視点でデザインする必要がある。そして、実際に実施していくうえでは組織間のコミュニケーションが必要であり、さらに、評価と連動したマネジメントによる改善が求められる。(p.211)

  • 各節や章の最後にその都度内容がまとめられていて素人にもわかりやすかった。
    政策による社会問題解決のための学問、とのことだったが、一般的な問題解決の手法としても応用できそうだった。(たとえば問題の要因の分析や、政策実施後の評価の方法など)

  • 公共政策学ってなんだろうと思って呼んだらとても面白い本だった。理論と実践のバランスの良い学問だなと思ったし、自分の仕事にもヒントとなることが書いて会ってとても勉強になった。

  • 公共の内容と政策学の内容についての解説。具体的な政策を例に説明している
    政策手段の区分は直接供給・直接規制、誘引、情報提供の3つ。直接介入、仕組み設計、情報提供。
    費用便益分析で、費用便益費は1以上であるべきで、1.5以上が求められるものもある。

  • 社会で対応すべき「政策問題」の解決案としての「公共政策」を改善するための学問である「公共政策学」の特性と具体的な内容について解説。
    公共政策学の来歴を振り返った後、「政策問題の発見と定義」→「解決案の設計」→「政策の決定」→「政策の実施」→「政策の評価」という政策のプロセスの各段階ごとに、少子化対策、中心市街地活性化政策、生活保護政策などの具体的な政策をモデルケースとして、公共政策学の基本的な考え方や手法を説明している。最後に、公共政策の改善に向けた方策を検討している。各内容のポイントを適宜まとめながら次のステップに進んでいくなどわかりやすい構成となっているなど、入門書として非常に優れた内容になっている。
    公共政策の改善のポイントとして、政策分析における非専門家知識の取り込み、政策問題のフレーミング戦略の重要性、政策実施の仕組みのデザイン、マネジメントの必要性などが大切であるとよく理解できた。

  • 書名が示すとおり「公共政策学」の入門書
    網羅的に説明されているために理解が難しい用語や事象
    の説明に不足を感じる。
    新書という形式のため仕方ない面もあるが、さらに学習したければ紹介されている参考文献等を読み込む必要がある。
    政策の形成は中央省庁で執行が自治体という構図がやや強調されすぎている嫌いがある。
    組織間の協調の必要性を説いているが、第一線からの政策形成もありうることにも言及して欲しかった。

  • 20170826〜0908

  • 本書は、公共政策学(公共政策を改善し、政策問題を解決することを目指す学問)の成立過程を述べるとともに、国や地方自治体において、政策問題がどのように発見され、政策がどのように設計され、決定され、実施され、評価されるかを具体的な政策を元に述べるものである。本書を読んで痛感したのは、自らの興味関心が公共政策学や行政学ではないのだなということ。しかし、現役の公務員が公共政策学を学ぶことも大切かなあと思う。

  • 何をするにしても利害関係者が増えてきて、それらを説得する理由探しの学問だという事。確かにそれはそうなんだけれども、その分スピードが遅くなっては意味がない。大事な考え方であるのはわかるが、即断即決する重要性を忘れてはいけない。

  • 公共政策学の学問の成り立ちや、政策問題の設定、政策設計、決定、実施、評価の過程について、具体的かつ身近な事例に基づいて説明されています。

    専門的な用語もわかりやすく解説されていますし、各章・チャプターごとにまとめが入っていたのもよかったと思います。

    個人的には、政策問題のフレーミングの重要性や、現状だけでなく将来予測に基づいて政策設計をすること、さらには政策設計にも戦略が必要という辺りが特に印象的でした。

全16件中 1 - 10件を表示

秋吉貴雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)はこんな本です

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

入門 公共政策学 - 社会問題を解決する「新しい知」 (中公新書)の作品紹介

社会問題はますます複雑になり、既存の学問では十分な解決策を提示できない-そうした意識から生まれた「公共政策学」。政治学や行政学、経済学など多分野の知識を総合化した新しい学問だ。専門家のみならず、市民の「知」も取り入れるなど、問題解決に役立つ学問へと進化している。本書は、少子高齢化、シャッター商店街、生活保護、学力低下など、日本の課題を例に取り、公共政策学のエッセンスを伝える入門書である。

ツイートする