海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)

  • 77人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 桃井治郎
  • 中央公論新社 (2017年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024428

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)の作品紹介

古代ギリシアのヘロドトスは海賊たちを英雄とみなし、ローマのキケロは「人類の敵」と罵倒した。スペインとオスマン帝国が激突したレパントの海戦の主役は海賊であり、大英帝国を裏面から支えたのもカリブ海に跋扈するバッカニア海賊だった。19世紀、欧米の覇権主義で海賊は滅びたが、現代のソマリア海賊として甦る。キリスト教とイスラームの対立、力と正義の相克など、多様な視座で読み解く、もう一つの世界史。

海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで (中公新書)はこんな本です

ツイートする