競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)

  • 119人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 大竹文雄
  • 中央公論新社 (2017年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024473

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
J・モーティマー...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 競争はない方がいい。
    みんな一緒に、分け隔てなく、の考え方に根本的な疑問を抱いている自分がいる。
    そもそも、人間は競争なくして成り立ち得るのか?

    競争社会については最初の方に触れながら、徐々に経済学的な見方という軸の方にシフトしていく。
    その見方や例示に、なるほど、と結構思わされる(笑)

    他店が1円でも安ければ値下げします、の意図や。
    ご当地グルメは何故売れるのか。
    先に報酬を貰って返すことと、後から報酬を得られることの人間心理など。
    ひとつの見方を与えてもらうことで、これを自分の分野に生かせないかな、と考えていた。イノベーティブな気持ちになれる一冊かもしれない。

    数字は事実だが、切り取り方によってはマジックにもなり得るので、最後の方の所得の話は半分に読んでしまったけれど。
    経済学とは縁のない人ほど、読んでみると面白いんじゃないかな。

  • これからの競争社会をどのように歩いていくべきかという内容ではなく、現代の社会課題を経済学の視点から見るとどうなのか、また、経済学的な考え方をビルトインした制度設計にする可能性等について論じられている。
    臓器移植のドナーの同意のところは、同意をデフォルトにすれば提供者が増えるところはそうなのだろうが、同意をデフォルトにしてよいか、というところで大きな議論があることには全く触れられていないのが個人的には気になった。
    手に取った動機とは異なる中身ではあったものの、経済学の考え方が身近に感じられ、勉強になった。

  • 期待した内容ではなかった。記憶に残らない話。出だしのチケット買占め、転売を経済学的に語るところは面白かったのだが。

  • とても話題の中公新書から。大竹先生は、僕の大学の指導教員の大学院時代の指導教員ということで勝手に少し親近感を抱いてしまってます。

全6件中 1 - 6件を表示

競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)を本棚に登録しているひと

競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

競争社会の歩き方 - 自分の「強み」を見つけるには (中公新書)はこんな本です

ツイートする