日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)

  • 308人登録
  • 3.75評価
    • (9)
    • (29)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 磯田道史
  • 中央公論新社 (2017年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024558

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古文書オタクとも称する著者の本領発揮ともいえる、古文書から解き明かした「日本史の内幕」エッセイ。
    歴史好きの読者なら、見逃せない一冊。
    目次だけを見ても、興味津々となる。
    「城の便所の天井は高く」「美女処刑と信長の死」「龍馬が導いた西郷書状」「吉田松陰の複雑な側面」「江戸期の婚礼マニュアル」…etc
    歴史の実像は、古文書という一次情報からしかわからないと、著者は説く。
    歴史を語る一方で、現代の課題にも言及する。
    古代の中国人韓信の自制の故事を引いて、かつて日本は大和魂を叫び中国を馬鹿にして韓信の自制を失って失敗したが、いま大国意識を振りかざす中国も、自制を失うと同じ陥穽にはまるのではないかと。
    さらに、他のアジアの国々と違い、日本が植民地とならずに独立を保ってこられたのも、江戸時代が世界一の「書物の国」で自らの出版文化を持ち独自の思想と情報の交流が行われたからと説き、粗雑本を濫造する現状の出版界を自戒する。

  • 東2法経図・開架 B1/5/2455/K

  • 3.6

  • 帯には「小説や教科書ではわからない魅力」とある。
    著者ご本人も、まえがきで「教科書的な、表向きの歴史理解にとどまって、歴史常識を維持したい方は、読まれないほうが良い本かもしれない」と述べている。

    自分はどちらかというと、「歴史は暗記」というイメージを持ち続けていた。これは学生時代の教師が良くなかったのだと、本書を読んでやっとわかった。小学校や中学校の先生が、著者のような先生だったら、きっと歴史の授業は楽しくて仕方がなかっただろう。

    著者は、古文書を読める。ダイレクトにその時代と接点を持つ。誰かから聞いた間接的な情報ではなく、自分の目で直接真実を追求し、そこから見えてくるものをさらに深堀していく。

    通りいっぺんの教科書の歴史は無味乾燥だが、本書を読めば、生々しい当時の真実にアプローチする著者とまるで一緒に古文書を読んでいるかのようで、もっと言えば時代をさかのぼってその時代の現場までいってしまったようなリアリティを感じることができる。

    卑弥呼の時代には卑弥呼の時代の現実があり、家康の時代には家康の時代の現実があったんだな。今とは異なる戦国時代のトイレの実情があったんだな。戦いだけが歴史ではなく、能にも、香にも、生け花にも、そういう文化的なものにも歴史というものがあるんだな。・・・とそういう風に、リアリティを感じさせてくれるのが、磯田氏の歴史であるなと思う。

  • 古文書から事実に辿りつこうとする姿勢が、随所に出てくる。

    色んなことを発見されているが、それは平素からの探究心と人脈形成の為せることだと思います。

    著者の好奇心の強さが、よく分かるし、それがどんどん伝わってくる。

  • 古文書を読んできた著者だからこその歴史エッセイ。

    本職は大河ドラマの時代考証できるほどの歴史学者。そして、歴史ファン、同じファンを拡大するための宣教師、という著者の多様な面が見れる。

    古文書を調査・分析・活用し、歴史を発掘する学者の目線は、本当に鋭く、初見の話ばかりである。
    驚愕すべきは、古文書収集のネットワークを持つ著者の説得力が尋常ではない。寧ろ、狂気すらから感じる。笑

    静岡県民と愛知県民の徳川家康への考え方の違いは、印象に残った。

  • 新聞連載や雑誌掲載の文章をまとめたもので、一つ一つが短いのでとても読みやすい。電車内で読むのにピッタリなカンジ。 読んでるうちに、古文書が読めると楽しいだろうなぁと思えてくる。一般庶民の生活を直に感じることができてとても楽しそう。
    ただ、連載で字数制限があるためか、アッサリと終わってしまうテーマも多く、文章の終わり方が唐突だったりもして、物足りない気持ちにもなる。
    ま、「入り口」として読んで、興味を持ったテーマは各々ほかの本で掘り下げましょう、ということだろう。

  • 真のパワースポットは浜松にあり

  • 短編で1つ1つがすごく読みやすい。
    最近まで放送していた直虎に出てくるキャラクターをはじめ、日本史上の古今東西の有名人について事実をもとに見解が書かれている構成。
    古文書ってそんなにポロポロ見つかるのかとも思った、

  • 古文書に基づく歴史小ネタ集。日本人は筆まめであり、またそれらがよく残っているもんだ。

全24件中 1 - 10件を表示

磯田道史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
恩田 陸
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)はこんな本です

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)の作品紹介

豊臣秀吉と徳川家康が転機を迎えた「史上最強のパワースポット」とは。秀頼は本当に秀吉の子なのか。著者が発見した龍馬や西郷の書状の中身は。「昭和天皇を育てた男」の和歌集に秘められた思い――。当代随一の人気歴史家が、日本史の謎の数々に迫る。古文書の中から見えてくる、本当の歴史の面白さがここに!

ツイートする