新治る医療、殺される医療―医者からの警告 (中公新書ラクレ)

  • 12人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小野寺時夫
  • 中央公論新社 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121500045

新治る医療、殺される医療―医者からの警告 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    なぜ医者は手術をやりたがるのか。
    大病院なら安全なのか。
    医者選び病院選びのポイントは。
    ―医療の現実を語りながら患者の「なぜ」に答え、よりよい医療を受けるためにはどうすればいいのかを詳しく説いた評判の一冊。

    [ 目次 ]
    第1章 ゆがんだ医療の実態
    第2章 医療を改善できるのは患者
    第3章 必要ながんの常識
    第4章 「お医者さん」の“お”は軽蔑と憎しみ
    第5章 医者のつぶやき

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

新治る医療、殺される医療―医者からの警告 (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新治る医療、殺される医療―医者からの警告 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする