海を渡る新幹線―アジア高速鉄道商戦 (中公新書ラクレ)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 中央公論新社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121500618

海を渡る新幹線―アジア高速鉄道商戦 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 2002年刊行。台湾・中国の高速鉄道導入にあたり、日欧の新幹線技術(リニアを含む)売り込みの経緯、顛末を叙述。台湾は、紆余曲折あるものの日本の新幹線技術を導入。中国につき、本書では日独の競争の過程(日は新幹線、独はリニア)までを描写。中国のリニア導入の熱心さの裏に何があるのかは注視しなければならない(現実は一部のみリニア導入)。他方、日欧に過当競争させた結果が過日の事故だとすれば、高転びに転ぶ式との批判は避けがたいだろう。なお、本論と無関係だが、本書執筆の読売新聞中部支社社会部長は清武英利氏だ。
    また、台湾で、仏側が自国戦闘機を供給していることを梃子に新幹線技術導入を求めた事実は、仏の通商姿勢を窺い知れる。

全1件中 1 - 1件を表示

海を渡る新幹線―アジア高速鉄道商戦 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

海を渡る新幹線―アジア高速鉄道商戦 (中公新書ラクレ)の作品紹介

韓国、台湾、中国と続く熾烈な国際商戦は、商社マンやエンジニアだけではなく、政治家も巻き込んだ。「海を渡る新幹線」に賭けた人々の壮大なロマンと波乱のドラマの行方は…。

海を渡る新幹線―アジア高速鉄道商戦 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする