原子力と報道 (中公新書ラクレ)

  • 37人登録
  • 2.93評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 中村政雄
  • 中央公論新社 (2004年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501578

原子力と報道 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • どうして原子力と題名に入れたのか良く分からず、マスコミの罪悪は原子力やエネルギー報道に限ったことではないと思うのだが?インパクトが強いからか?

    46
    原子力の利用(戦後から)は、アメリカの金儲けのため≧特許がある。(特許が)なければ作る。
    49
    国の壁は厚い≒自分勝手。ドイツ⇒技術力、志向、マイスター、物つくりに優れている。例ではロケットを取り上げている。アインシュタインの頭脳、合理的なのは国民性だ。日本は勤勉、明晰、無駄をなくす、再利用、努力をする国民。
    50
    戦後の占領から、日本は反抗できないようになった。
    56
    原子力の利用、ドイツ× フランス○ スイス○ フィンランド○

    オイルショックでの石油報道、マスコミは扇動した。事実無根、調査データが無い。

    98
    新聞記事(各社)でも多勢が勝つ。
    104
    記者にも専門があり、越えることはできない。(他の記者からクレームがつく)
    123
    政治家は当選するためには、自説を変える。
    166
    後から振り返って考えると、役に立たないマスコミ。正確な報道は出来ない。何を信じ、何を書くのか(ex.東海村臨界事故)
    182
    地震について、原発の考えをよそに、津波により崩壊した。

    目次から
    原子力;開発当初は大歓迎されたが、いつの間にか反対ムード、チェルノブイリ以降加速した。
    超大国による核不拡散論理で再処理できず、脱原発が国際トレンドとなっている。
    ミスリード、誇大報道、隠蔽など、マスコミの宿命。

  • 正力松太郎の影響を知った。

  • 企画コーナー「今、原発を考える時」(2Fカウンター前)にて展示中です。どうぞご覧下さい。
    貸出利用は本学在学生および教職員に限られます。【展示期間:2011/5/23-7/31】

    湘南OPAC : http://sopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1408638

  • 日本の原子力報道が危険性を強調することにばかりとらわれ、真実を伝えていないことを訴える本書は、2004年に元読売新聞の記者によって書かれた。
    2002年にニュース23で原発に対する地震のリスクを懸念するコメントをした筑紫哲也に対して筆者はこう反論している。『確かに地震は恐い。地震で原子力発電所は大丈夫かな、と思うのは当然である。だから専門家たちが耐震性を検討し、安全と認めたのである。それを浅い知識で「危険だ」と切り捨てることは、テレビの影響力から見て感情的リスクだ。』
    福島第一原発事故のあとでは、不勉強で感情的な筑紫哲也の大ざっぱではあるが的を射たコメントと本書筆者の積み上げた知識にもとづく精緻な大間違いが際立って仕方ない。筆者の意見は決して間違っていない。
    この状況においても論理は正しい。ただ現実におこった悲劇を前にして論理的な正しさは人を救えないという事を、僕らは今回の事故から学んだのだ。

  • 資料ID: C0026454
    配架場所: 本館2F文庫・新書書架2

  • 177ページ
     イギリスBP(ブリティッシュ・ベトロリアム)社のBP統計によれば、世界の原子力発電量は毎年増加を続け
        ◆ベトロリアム→ペトロリアム

  • 4121501578 189p 2004・11・10 ?

  • 日本の核燃料サイクル事業はアメリカに翻弄された。
    1971年日本が濃縮ウラン製造を国産化しようとすると、アメリカの濃縮技術を提供すると言われ独自技術開発を中断したが、実際には提供されず、日本の開発が遅れた。

    1974年にアメリカの濃縮ウラン供給力の限界から、原子力発電所で副生するプルトニウムを濃縮ウランの代用に使うことを義務付けたのに、1977年になると、核拡散防止の観点から高速増殖炉実験炉「常陽」と再処理工場実験施設の試運転を延期するよう要請してきた。

    ワシントンには日本とドイツにプルトニウムを利用させないことを目的に情報活動している団体が二つあり、新聞の論説委員や反原発派に、ウラン燃料は十分ある、プルトニウム利用に経済性はなくワンスルーすべき、などの情報を提供している。

    ヨーロッパでの反原発運動の背後にもアメリカの影が見え隠れしている。スーパーフェニックスの反対運動ではカリフォルニアからの反対派が退去して押し寄せた。西ドイツでも原発反対運動が激化したが、ブラジルへの原発輸出認可を政府が延期すると、何故か反対運動は鎮火した。

    日本が真に独立国家たるためには、何としても再処理施設を安定運転させる必要がある。

    原子力は社会的関心が高いことから政争の具とされる。
    スウェーデンでは1970年に一院政となり、小勢力だった中央党が原発反対をシンボルに勢力を伸ばして与党となると、推進派だった社民党も原発反対を主張し選挙に勝った。国民投票で原発の段階的廃止が決まったが、現実として廃止は延期され、原子力継続支持派が81%と増えてきている。

    オーストラリアでは与党社会党がチェルナーフェルド原発の運転開始認可をすると、半年後の選挙に不利となるため国民投票に責任を持ち込み、僅差で否決された。国民はその結果に驚き、反動で社会党は圧勝した。

    イタリアでは3基の原発が稼動していたが、肉体美を売り物に選挙運動して名を馳せたチチョリーナ率いる急進党が国民投票を呼びかけ、推進派だった共産党も社会党も反対に政策を変えた。その結果、フランスからスイス経由で電力輸入することになり、2003年の猛暑で大停電が発生した。今年に入って原発を推進することを大統領は表明している。

    国がどうあるべきかよりも政党にとって有利か否かが論点とされるのはいかがなものか。

    原子力の事故は事件になりやすい
    1974年に原子力船「むつ」が実験航海に出た時に、原子炉熱出力1.4%で微量の放射線が出て大ニュースになり、帰港できないどころか最終的には廃船になってしまった。

    直接原因は上部の遮蔽不足だが、漏れた放射線量は腕時計の夜光塗料から出るくらいの微弱なものであり、人にも周辺海域にも全く問題がない。

    実験航海だから、問題を出し尽くして改善するのが目的のはずだが、事故が事件になり、日本が原子力船を運航させる機会を永遠になくしてしまった。

    1981年に敦賀原発で浦底湾の海藻からコバルト60などの放射性物質が検出された時にも、人への影響は全く考えられないレベルだったにもかかわらず、通産省が真夜中に「明朝6時に重大発表がある」と言ってマスコミを召集したため、事故が事件になり、風評被害まで発生した。

    いずれも、リスクが全くないような事前説明と、影響レベルの伝え方に問題があったと思われる。

    日頃からの情報公開とリスクを分かりやすく説明することが求められる。

    報道のあり方
    かつて日露戦争終結後のポーツマス講和会議において、サハリンと遼東半島が割譲され賠償金が得られなかった時に、マスコミは戦争継続して賠償金や領土の拡張を主張した。しかし、疲弊していた日本にとって戦争継続は出来る状況ではなく、その状況を淡々と伝え講和条約の妥当性を論... 続きを読む

全8件中 1 - 8件を表示

原子力と報道 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

原子力と報道 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

原子力と報道 (中公新書ラクレ)の作品紹介

原子力の報道はこれまで正確かつフェアになされてきたのか。近年の原子力報道を徹底検証し、ゆがみを生じさせた要因に鋭い分析を加えたメディア批評の秀作。

ツイートする