歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))

  • 34人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 中央公論新社 (2005年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501776

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))の感想・レビュー・書評

  • 対話形式になっているので読みやすい。
    77人の海軍大将の事跡を追っているのだが、マニア以外に読む人いるんかな?(笑

  • 帝国海軍が始まって以来の、全ての海軍大将についての考察が書かれている本です。

    兵学校のクラスヘッドであっても、中将から大将に昇格するのは非常に大変です。そこでこの著書は、大将に昇格できた要因を、戦果や歴任してきたポスト、どのような人間で構成される派閥に属していたか等のヒントをもとに考えていきます。

    ロンドン海軍軍縮条約や軍令部の権限強化について、「この提督が1枚噛んでいなければ・・」と思わせるような、戦争責任を負ってもおかしくない大物提督に注目して読まれると、帝国海軍の敗因が少し見えてきます。

  • 全ての海軍大将の履歴が載っていてこの価格。コストパフォーマンスの高い一冊です。

全4件中 1 - 4件を表示

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))の作品紹介

初代西郷従道から井上成美まで。77人の海軍大将の事跡を追いながら、主要事件・海戦の内容も網羅、紹介する。日本海軍の建軍期から終焉までを一冊で鳥瞰した、海軍史の決定版。

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))はこんな本です

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))のKindle版

ツイートする