「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)

  • 67人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 神山潤
  • 中央公論新社 (2005年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501943

「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成長期の子供の睡眠の大切さを説くと感じた。「早起き、早寝、朝ごはん」が周期24時間の生物としてとても大事な生活習慣である。ゲーム脳では前頭葉が活性化されないとのこと、納得した。

  • 2005年刊行。◆朝日を浴びるのが最高の方法かな。夜更かしの問題は、内的脱同調(慢性時差ボケ//体温・ホルモン・覚醒リズム紊乱)に代表される。そして、夜更かしの結果生じる睡眠不足は老化をもたらし、低セロトニンによって衝動・攻撃性亢進、共感性が欠如していく。なお、学習は繰り返し。

  • 筆者はわからないところは「わからない」と言って、専門分野については誠実なことがわかるけど、それ以外のところが「うーん、」といった印象。ゲーム脳とか持ち出してきちゃってるしね。話半分で読まないといけなさそう。

  • 子どもをもつ人はみんな読むべきだと思う。

    眠ることのメカニズムを説明した本です。
    眠ることの効用というか、生物としての人間にとっての眠りの意味について、様々な観点からの検証も行っています。すべてが明らかになっているわけではないらしく、「こうだから、こうだろう」というレベルの記述も多いですが、逆に断定的ないあたり、良心というか科学者としての姿勢を感じます。

    ただ、専門的な物質名や数値がでてきてて、それはそれで根拠として必要なんだけど、正直、しっかり読めなかった(笑)

  • 人間の体内時計は25時間で、地球時間(=24時間)とはズレが生じるということは最近知られている。
    それを詳しく解説してくれている。

    朝、光を浴びることで、その周期がリセットされ、地球時間に合わせることをしないと、慢性の時差ボケ状態になってしまうようです。
    逆に夜に光を浴びてしまうと、生体時計の周期を長くしてしまい、調整を狂わせてしまうことを、もっと知らなければならないと思った。

    睡眠時間さえとっていればよいというものでなく、暗くなったら眠るというサイクルが必要ということを改めて知る。
    セロトニンがうつ病の薬であることも踏まえ、現在のこどもに多く発症するうつ病や、すぐにキレるという原因は、ここにあるのではないか?との疑問が印象的でした。

  • 朝4時まで起きている夜更かし生活をしていても、正午までしっかり8時間寝ているから大丈夫だと嘯いているあなた。ぜひ一度本書をご覧あれ。気づいていない人もいるかもしれないが、現在の日本は、有史以来人類が未体験の(大げさに言えば人類史上初めての)環境が私たちにどんな影響を及ぼすのか、壮大な実験をしている。人口の減少、高齢者割合30%超、未体験の一人っ子割合や核家族割合、1人1台携帯所持、史上最低の乳児死亡率……。そうした未体験ゾーンが多くあるなかで、過去に例のない「超夜更かし社会」が将来何をもたらすのか、誰も答えを知らない。学生のみなさんは、この先50年の間に、その結果を身をもって体験することになるだろう。

  • ゼミで使用した本なのですが、現代の親・子ども・社会の問題点だったり眠りの重要性だったり…というよりも、どのように睡眠をとればいいのか、どのようにすればよく睡眠できるのか…というところで非常に自分に役立った一冊。
    この本がきっかけで、脳のことや睡眠、人間の見る夢について強い興味を持ちました。
    ただし、この記事を書いてるのが夜中3時な時点で、活用できてるとは言い切れない。

  • 今更。

  • 分類=子ども・脳・睡眠・生活習慣。05年10月。

  • 息子を一刻も早く寝かさなきゃ、と思える本。睡眠はダイエットにも効果的とか。

全10件中 1 - 10件を表示

神山潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

「夜ふかし」の脳科学―子どもの心と体を壊すもの (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする