君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)

  • 36人登録
  • 3.35評価
    • (1)
    • (4)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 養老孟司 王敏
制作 : 王 敏 
  • 中央公論新社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502179

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 日本と中国の一面を垣間見るかとができる作品。中国の原理原則の思想観と日本の仏教的無の思想観。根本が違っているので、完全な友好はできない。だけども政治の話でも90度ずらして話す というのは面白いと思った。
    説明しようとすること、発信しようとすることは必要だな と考えさせられた。

  • [ 内容 ]
    「原則」重視の中国vs「以心伝心」の日本。
    この世界観の対立こそが「壁」の本質だ。
    環境、漢文教育、死生観の違いなど、多岐にわたるテーマを徹底討論。
    180度の真っ向対立は防げるか。

    [ 目次 ]
    序 中国を論じることの困難
    第1章 「白髪三千丈」の中国・「以心伝心」の日本
    第2章 「日中異文化」のススメ
    第3章 三千年来の都市文明
    第4章 平行線でもケンカをしない法
    第5章 世界のなかの華語文学・日本文化
    第6章 原理原則から「感性」へ
    終章 変貌中国に追いつく眼を―日中を論じることの困難

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 死生観、宗教観、史観だけでなく酒の度数、お茶のつぎ方など細かい違いがある中国。でも欧米などと比べたら風土も人も似ているのだから、仲良くやっていけると個人的には信じている。

  • プチ鎖国状態だったので、それを開こうと読んでみた。そして、日中は、かなり違う国であり、大きな壁があることを理解した。日中について、かなり生の意見を知れる。

全4件中 1 - 4件を表示

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

君子の交わり、小人の交わり―日中関係を90度ずらす (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする