読売新聞 朝刊一面コラム「編集手帳」〈第10集〉 (中公新書ラクレ)

  • 14人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 竹内政明
  • 中央公論新社 (2006年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502223

読売新聞 朝刊一面コラム「編集手帳」〈第10集〉 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 2015年6月読了。九年前に起きたことを思い起こしながら、空間も時空も超越した鋭くも暖かい視点と、切り捨てるような厳しい視点を感じられた。いつも以上にスパッと切られたような余韻が残る題が多かった印象。
    「黄金色の誘惑の前で踏みとどまれるだけの倫理観を、借り物ではなく身の血肉として持っているか否か」村上ファンドのを切り捨てた一文が響いた。

  • 読売新聞に掲載されたコラム集。2006年1月から6月までが掲載されている。この時期に起きた出来事、トリノオリンピックやWBCの制覇などのスポーツや全国で多発した幼児虐待の事件など、それに関する内容となっている。

  • 著者の竹内サン最高。導入からは予想できん珠玉のオチ。こんな文を書きたい。☆10個。

全3件中 1 - 3件を表示

竹内政明の作品一覧

竹内政明の作品ランキング・新刊情報

読売新聞 朝刊一面コラム「編集手帳」〈第10集〉 (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

読売新聞 朝刊一面コラム「編集手帳」〈第10集〉 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

読売新聞 朝刊一面コラム「編集手帳」〈第10集〉 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする