すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)

  • 157人登録
  • 3.24評価
    • (5)
    • (15)
    • (49)
    • (3)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 茂木健一郎
  • 中央公論新社 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502339

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 雑誌連載コラムの集成なので、内容は多岐に渡るが浅い。クオリア、偶有性と云った重要な概念を理解してから詠むべき。脳化の話は養老孟司に近いものを感じる。

  • 今までと違う視点から物を見ることを教わった一冊。
    自分の学問の軸を持ちつつ、冷静に色々なことを考える姿勢を私も見習いたい。

  • 「脳」にまつわるいろんな小話をまとめた本。
    もともとは連載の記事だったのを本にまとめたみたい。

    私見だからずれているかもしれないが、総じて、「快」が脳にいいという印象を受けた。
    生活のいろんな場面を切り取ってみました、という感じ。

    連載ものだからしょうがないけど、一冊かけて何かを伝えたいというメッセージには欠ける印象だった。

  • これは以前レビューした茂木さんの本、
    「それでも脳はたくらむ」の前編に当たる本。
    三部作のうちの二作目。

    三部作全てに言えることですが、
    この三部作は、脳について
    初心者向けにわかりやすく書かれたものです。
    日々の生活の中から茂木さんが感じたことに対して、
    脳科学のエッセンスを散りばめながら書いた
    エッセイって感じでしょうか。
    茂木さんの感受性の高さに驚かされる一方で、
    茂木さん自身の仮説も多く、科学的な根拠が知りたい人には、
    この三冊は向かないかもしれません。
    念のため。

  • 茂木さんのエッセイ。脳の本かと思うと違うのでご注意を。読んでみると、話題にされることやキーワードに見覚えや聞覚えのあるものが多かったりします。そういう言葉や知識を少々補完してくれるような本でもあります。

  • [ 内容 ]
    お笑いブームから憲法、ウニの味からIT社会まで。
    世界に満ち溢れる多様な“クオリア”を愛でつつ、すべてを脳から見つめ、真の様相を明らかにする。
    ダイナミックな思考の光が漲る一冊。

    [ 目次 ]
    第1章 脳の中の「私」は宇宙よりも広い(笑いを支える安全基地 低俗にして高尚な「私」 ほか)
    第2章 他者と関わることではじめて得る自由と不自由(見える才能と見えない才能 脳にとっての「最大の報酬」 ほか)
    第3章 「日本」というシステムは思考の糧となるのか?(「脳化社会」の思わぬ弊害 数字過信の恐ろしさ ほか)
    第4章 そこに、多様性の海が開けている(正義の味方は、なぜ男なのか 「紫のふくさ」と「バンザイ!」 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 読売ヨミー 広告

  • 脳は快楽主義者である。何か行動を起こして、その結果、脳の中で報酬を表す物質であるドーパミンが放出されると、祖の行動が強化される。
    私たちの脳は、難しいことを考えたり、仮想の世界に没入するときには、むしろ、その活動を絞って、そのモードに集中することを選択するようになる。大切なのは、その集中するモードがどのようなものであるかということで、必ずしもたくさんの脳の領域が活動すればよいわけではない。
    読書は脳の活動を絞ることで、私たちをまだ見ぬ世界に連れて行ってくれるものである。
    人間の脳は喜びによって変わっていく。何か嬉しさを感じたときに、その原因となった行動が強化されるというのが、脳が変わる強化学習のメカニズムである。

  • 多く考えさせられた 生き方とか

  • いまや大人気の茂木先生です。社会の様々な事象に対するエッセイに、時折脳の働きをからめて、読みやすいです。「プロフェッショナル仕事の流儀」で様々な仕事のプロに会って、ますます興味の幅が広がっているように思えます。それにしても本を読んでいる時の脳はどう働いているのでしょうか?様々な感情を呼び起こし、時空を越えて広がっていったり深まっていったり、不思議です。

  • コラム的な本。
    1つ1つがもう少し長く、深ければより面白いと思う。

  • 茂木さんの文章ってなんだかすごい惹かれます。

  • 脳に関連する本が多数出るようになった昨今、茂木さんはそういうジャンルでは有名な人。学生時代に勉強したことがあるため、ついつい関心を覚えて購入しました。

  • 茂木健一郎が読売ウィークリーと中央公論で連載していたエッセイを1冊に纏めたのが本書です。多くの人が心のどこかで抱いている漠然とした感覚を、実に解り易い言葉で形而下させていく彼の才能には、毎回の事ながら脱帽です。本書のキーワードは「多様性」…自然の中の多様性に、私たちの脳の中の複雑系が呼応する。その事実を、お笑い、憲法、ウニの味、ITなど、あらゆる方面から解いていく内容には一気に引き込まれます。盛り込まれているコラムも必見!

  •  正直なことをいうと、社会生活を送っている片であれば、普通に思うことが書いてあります。
     ごく当たり前なのことを脳顔紺っているわけなので、当たり前なのですが。
     意図がよくわからない本です。

  • 読売ウィークリー、中央公論で連載していたエッセイが纏められた本。雑誌で読んでいた内容もあったけど、復習のためにも買ってみた。全体に共通しているテーマは「多様性」を認めよう、ということだったように思う。

  • 軽く読み飛ばす。

  • 最近話題の脳科学者。難解な分野を平易な文体と内容でわかりやすく解説してくれる。健康の問題は脳・心の問題と大きく関係している。この分野について勉強することで前向きな思考を身につけたい

  • 【2007/2/3】
    ぼんやりとした思いや、まとまらない考えの輪郭をはっきりとさせてくれる茂木さんの言葉。
    なるほどノーベル賞に一番近い日本人と言われる人だわ!と
    仰ぎ見たくなるフレーズもあれば、
    割と普通の人なんだなぁと親近感を覚える場面も。
    平易な文章でわかりやすく書かれているので
    深く考えずにさらりと読めるのもいい点だと思う。

全20件中 1 - 20件を表示

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)の作品紹介

お笑いブームから憲法、ウニの味からIT社会まで。世界に満ち溢れる多様な"クオリア"を愛でつつ、すべてを脳から見つめ、真の様相を明らかにする。ダイナミックな思考の光が漲る一冊。

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)はこんな本です

すべては脳からはじまる (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする