禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)

  • 11人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田月仙
制作 : 田 月仙 
  • 中央公論新社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502698

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 【速読】植民地時代、南北分断、韓国の軍事政権時代、日本との文化融和と、戦中から激動の歴史を辿る朝鮮半島は、その都度大衆に口伝で広まった音楽があり、そのルーツを探っていたのが音楽家の著者でして、まるで人生をかけているかのような熱情が伝わる文章ですね。西側ではどの国でもそうでしたが、韓国でも赤狩りに対しての大規模な抗議運動があり、そこで広まったのがアマチュアミュージシャンが作った朝露だったてのも、南アで人気になったロドリゲスをある意味凌駕するストーリーだなあと。韓国市場のレコード!正規盤が少ないようで。

  • 日本に植民地化された頃の「アリラン」から民主化を遂げていくまでを追いながら、折々に韓国の人々を鼓舞した歌を紹介する。歌ひとつをとりながら、植民地化された朝鮮半島と日本の関係、2つに割かれてた韓国と北朝鮮、国交回復や経済成長のなかでの韓国と日本、民主化を求めて闘う韓国。それぞれの時代に人々の心を代弁し、励ましとなった歌があった。「歌は世につれ……」というけれど、まさにそんな感じ。

全2件中 1 - 2件を表示

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)に関連する談話室の質問

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)の作品紹介

朝鮮半島では、日本統治時代には民族意識を高揚させる歌が禁止され、戦後も日本的、親北的、退廃的などの理由で数々の歌が禁じられた。それらの歌に込められた思いと、"その後"に迫る。

禁じられた歌―朝鮮半島音楽百年史 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする