間宮林蔵・探検家一代―海峡発見と北方民族 (中公新書ラクレ)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高橋大輔
  • 中央公論新社 (2008年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502971

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

間宮林蔵・探検家一代―海峡発見と北方民族 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 本当なら世界地図に名前が残っているハズの「間宮海峡」。
    もったいなし。

  • [ 内容 ]
    世界地図からその名が消えかけている間宮海峡。
    厳寒の地に乗り込み、多様な民族と過ごした林蔵の真の偉業とは。
    発見から200年、現役の探検家がその足跡をたどりつつ、探検の意義を問う。

    [ 目次 ]
    第1章 探検家の揺りかご
    第2章 サハリン追跡
    第3章 失われたデレンを求めて
    第4章 アムール漂流
    第5章 持ち去られた古地図
    第6章 血族
    エピローグ 旅の途中で

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 井上ひさしの『四千万歩の男(二)』を読んでいたら、
    伊能忠敬が間宮林蔵に出会った。
    間宮林蔵は今まで時々私の人生にチラッとかかわっては消えていっていたので、
    この本を書店で見たときには飛びついた。

    読んでみると、とても面白い。
    探検家が書いているので、時々文章にぶれが生じるものの、
    現地へ足を運び、文献に当たるその姿勢は気持ちいい。

    乗り物で読んでいると、入り込みすぎて到着時にあわてることもしばしば。
    今まで知らなかった間宮林蔵のこと、
    著者独特の近しい目線からの人物ぞうも嫌いじゃない。
    ハラハラどきどきしながら、好奇心も満たされる。
    やはり自分で足を運んだ著者だからこそかける文章というのが、この本の価値。
    著者の「物語を旅する」というテーマがよくわかる。

    どうしてこんなに楽しく読めたのかということを考えてみたのだけれど、
    上海のまちを歩いて歩いて陳独秀の足跡を追ったりしてみた、その感覚に似ていたからだとおもう。
    身を切るような思いをして、生死の境界をさまようようなことをするのが探検のイメージだったけれど
    新しい感覚、自分だけの価値観を見出すために自分の足で歩くのも
    これも探検なんだ。というささやか発見に感動。

全4件中 1 - 4件を表示

間宮林蔵・探検家一代―海峡発見と北方民族 (中公新書ラクレ)の作品紹介

世界地図からその名が消えかけている間宮海峡。厳寒の地に乗り込み、多様な民族と過ごした林蔵の真の偉業とは。発見から200年、現役の探検家がその足跡をたどりつつ、探検の意義を問う。

間宮林蔵・探検家一代―海峡発見と北方民族 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする