続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)

  • 412人登録
  • 3.57評価
    • (24)
    • (59)
    • (76)
    • (5)
    • (3)
  • 60レビュー
著者 : 早坂隆
  • 中央公論新社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121503091

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界の中の日本人ジョークの最初の本のほうがおもしろかった。かなり期待していたのでこの評価です。

  • 筆者の的確な分析力がよい。安定感がある。

  • 前回はずいぶん古いイメージの話だったけれど、新しいイメージも加わりおもしろいです。

  • 「あれ?この本は。」

    宇宙兄弟のムッタが真剣に読んでた本みたいだな~。と、
    20円箱の中からチョイスしてきた。

    世界が日本に対して抱いているイメージを
    (勤勉、モノづくりに優れている、真面目、自己主張をしない、皆に合わせた行動をとりたがる…)

    を、皮肉ってジョークにしたもの。

    HAHAHAと、笑えはしなかったが、
    上手いこと言うなぁ~とは思った。

  • 1は日本人の国民性やステレオタイプをジョークにしたものが多かったのですが、今回の2では日本人の「有名な人(政治家やスポーツ選手等)」をジョークにしたものが多いように感じました。どちらも面白いですが、個を皮肉るジョークよりは、日本人のステレオタイプを風刺した1のほうが私は読んでいて面白かったです。

  • 日本人、日本のイメージって・・・。
    今は多少変わってきてはいるだろうけれど、
    やっぱり日本人の根っこって本にある通りなんだと思う。

    電車の中で読むと不審者扱いされそうなにやつきがでる本です。

    ジョークの意味が分かった瞬間ニヤニヤする(笑)

  • 前著に続き、センスの高い一冊。

    確かに、近年の諸外国から見る日本観、日本人観は実に多種多様になっている。

    国内メディアの自虐的な自国叩きよりも、余程、ジョークに昇華される方が建設的だな。

    改めて、日本人とは...なんて堅いことは考えず、日本って良いよね!と楽観的になれる一冊でした。

  • ジョークは、時々「ん?」と思うものも少なくないが、面白かった

  • 日本人がどのように見られているかがジョークを通してわかる。勤勉,真面目,お堅い,押しが弱い,空気を読む…。

  • 軽い内容で、さっと読めてしまい、面白い。

全60件中 1 - 10件を表示

早坂隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有川 浩
有川 浩
有川 浩
村上 春樹
日丸屋 秀和
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする