ギャル農業 (中公新書ラクレ)

  • 145人登録
  • 3.39評価
    • (7)
    • (19)
    • (28)
    • (7)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 藤田志穂
  • 中央公論新社 (2009年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121503329

ギャル農業 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 直ぐに読めてしまった。しかしこういう読みやすさがないといま 文章って読んで貰えないのかな とも思う。

    著者はとても素直な方で,かつ決断力があるのだと思う。
    普通な面を持っていて,真面目な印象を受けます。

    続編が読みたくなります。きっと出版されるのでは と思っています。

  • 「軽い感覚で農業に携わるべきではない」と批判される方のお気持ちは理解できる。だが、注目される立場である事を利用し自分のできる範囲内で農業をやろうとする彼女の姿勢は評価したい。

  • リリース:雅也さん

  • 前半はそれなりに農業についての話だが、後半からはどこぞの社長の啓発本のような内容がつらつらと...

    若者の農業離れに一石を投じるきっかけ作りが趣旨ならば、最後まで農業に関する内容に終始して欲しかった気がする。

  • 2014年現在も活動してるみたいなんで、いいんじゃないでしょうか

  • 824

  • 筆者さん、すごい苦労したんだなあ

    っていうことが伝わってくる文章。
    ギャルなんて・・・っていう偏見に対する反骨精神(それでも相手を否定するわけでは無く、自身は謙虚な姿勢を貫いている)が良い。

    こういう人を大学の農学部に呼んで、講演みたいなことをしたら教授や学生にも刺激になるのではないか?

  • 行動力があるのはすごい

  • 確かに中学とかの頃汚ギャルとか近寄りがたいイメージだったものが、今ではテレビに見ない日はないくらい。それがこの人発信だったかはわからないが。著者がギャルともを農業に誘った時「ふ〜ん、癒されそうじゃん?」ってどこらへんがだ!

全34件中 1 - 10件を表示

藤田志穂の作品

ギャル農業 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ギャル農業 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ギャル農業 (中公新書ラクレ)の作品紹介

茶色い髪にギャルファッションの「ノギャル」(農業をするギャル)が、秋田県大潟村の田んぼや、静岡県富士宮市の畑に登場!一見ミスマッチで不思議なドラマは若者文化の新しい胎動だ。

ギャル農業 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする