自宅で大往生 (中公新書ラクレ)

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 中村伸一
  • 中央公論新社 (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121503527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
宮部 みゆき
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

自宅で大往生 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 自宅で 死にたいと 願っていても
    できるのかなぁ・・・と 思ってしまう。

    だいたい 素晴らしい ドクターなり ヘルパーなり 
    ケアチームなり 地域なり が ありました。

    で、終わってしまいがち。

    この本は そこで着地して終わらずに 地域で何が必要か
    実践者としての 届く言葉で 語られている。

    看取る ということと 離れた日常だけど、
    自宅で 看取られようという 選択もありますよ
    と、少し 近づけるような そんな1冊。

  • 大学を出て研修医を終え、最初に赴任した人口3000人の村の診療所。
    そこでたった一人の医者として働きはじめ、家で最期を迎えたいというお年寄りや家族の希望を叶えるために
    村の医療介護のしくみを村民と一緒になって作り上げてきて、
    結局支えてきたのは自分ではなく、自分が支えられてきたのだと気づく。

    村人との心の交流にも感動したけど、学ぶことが多い本だった。

    臨終の場で
    さようなら、おつかれさまでした。そのうち僕もそちらに行きますから
    と、声をかけてしまうのだそうだ。

    たくさんのお年寄りを見送ると、死生観が変わるんだと思う。

    良い本だったな…。

  • [ 内容 ]
    自宅で逝くためには何が必要か。
    家がもつ不思議な力とは。
    住民の日常に寄り添う医療を展開する総合医が在宅での看取りを綴る。
    自宅で見事な大往生を遂げた人々のエピソードも多数収録。

    [ 目次 ]
    第1章 自宅で逝くということ(人生のゴールで;「家」をめぐること;看取りのいま・むかし)
    第2章 在宅看取りを支えるために(私が看取りにこだわるワケ;医療の限界から行政との愉快な連携へ)
    第3章 地域=コミュニティーの医療を考える(地域医療の抱える問題;医療崩壊から医療再生へのヒント)
    第4章 お互い様とおかげ様―名田庄における医療危機と患者‐医師関係(名田庄の地域医療、三つの逆風;支えるつもりが支えられ)
    第5章 「先生」を看取る(いつだって、患者さんが先生だった;もしも家逝きを決めたなら;医者泣かせの逝き語録)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ベトナム滞在中に読んだ。ベトナムの村で、温かい人たちと、温かい繋がりに出会えたあとだったから余計に、この本の言葉がやたら心に響いた。

  • 第1章 自宅で逝くということ
    (人生のゴールで「家」をめぐること看取りのいま・むかし)
    第2章 在宅看取りを支えるために
    (私が看取りにこだわるワケ医療の限界から行政との愉快な連携へ)
    第3章 地域=コミュニティーの医療を考える 
    (地域医療の抱える問題医療崩壊から医療再生へのヒント)
    第4章 お互い様とおかげ様―名田庄における医療危機と患者‐医師関係 
    (名田庄の地域医療、三つの逆風支えるつもりが支えられ)
    第5章 「先生」を看取る
    (いつだって、患者さんが先生だったもしも家逝きを決めたなら医者泣かせの逝き語録)

全7件中 1 - 7件を表示

自宅で大往生 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自宅で大往生 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

自宅で大往生 (中公新書ラクレ)の作品紹介

自宅で逝くためには何が必要か。家がもつ不思議な力とは。住民の日常に寄り添う医療を展開する総合医が在宅での看取りを綴る。自宅で見事な大往生を遂げた人々のエピソードも多数収録。

自宅で大往生 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする