女流棋士のONとOFF (中公新書ラクレ)

  • 27人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 高橋和
  • 中央公論新社 (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121503725

女流棋士のONとOFF (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女流棋士は食えない仕事とはわかっていましたが、
    それにしても大変だよなぁ~と再認識。
    LPSAができたり色々ありましたが、
    普及を頑張るしかないのかな?
    高橋さんもshogiotomeで頑張っていますし。
    (何せ、現状女性は将棋を指す場所すらない・・・。)

  • 2011-049。
    見た目と考えていることのギャップに少し驚き。

  • 女流棋士の生活感に興味があり読んだのですが、やはりというか想像通り、生まれつき相当負けず嫌いな性分の方のようです。趣味の手芸までも勝負事にしてしまうとは・・・なんかわかる気はしますが。

全3件中 1 - 3件を表示

高橋和の作品

女流棋士のONとOFF (中公新書ラクレ)の作品紹介

女流棋士と男性棋士、「金」づかいはどう違う?千日手が現れるのは対局中だけではない?引退後も将棋の普及に努める著者が、棋士の日常と非日常を自然体で綴ったエッセイ集。

女流棋士のONとOFF (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする