古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)

  • 150人登録
  • 3.56評価
    • (3)
    • (21)
    • (15)
    • (0)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 岡崎武志
  • 中央公論新社 (2011年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504067

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
冲方 丁
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古本は好きだけどあくまで安いから、っていうだけの自分としては、ここに記されているようなマニアック道はあまり望むところではない。でも、そこにかける意気込みとか、ハマリ込んだときの奥の深さは、本書で十二分に伝わってくる。時間のせいにばかりしてはいけないけど、時間があれば自分も踏み込んでみたいという気にさせられる。今はもう熱が冷めたけど、かつて散々入れ込んだメタルの世界も、踏み込めば踏み込むほど底なしっていう現実があったけど、どんな世界であれ、凄まじいマニアが存在するものですね。書物としてはとても面白かったです。

  • 即売展、古本カフェ、一箱古本市-のいずれにも行ったことがない。こちらはもうトシか。図書館本

  • 古書店巡りについては荒俣宏さんの本でもちょいちょい目にしていたので古本道に対する免疫はできていたので、ここでは入門書、といった類いにどうアプローチして書いたのか、という点を見るとエッセイのように書いており、入門書の陥る目次、順番、基礎から応用へ、といった展開にこだわらない書き方がなされていてぼくとしてはとても読みやすく且つ興味をそそられました。読み手の古本に対する理解度にもよるかもしれませんが。名前を知らなくても、著者・著書名と値段、古本屋名が出てくるとそこで覚えなくてもちゃんと参考になるのです、後から。

  • この本読んだら、古本屋で、つい本を買いすぎてしまった。

  • 楽しく読ませてもらいました。

  • それなりに楽しかった。
    敷居の高いところは怖いが、今度即売会に行って来たいと思います。

    ノンジャンルの雑本が好きなので、本格的な古本屋にはあまり縁がないけど、掘り出し物を見つけて、至福の時を過ごしたい。

  • 現代古本の手引き書といっていいでしょう。まずはご近所のブックオフ探索から!

  • 全国の古本街紹介がよい。

  • 古本屋では何か安い本でもいいから買って帰るのが礼儀らしい。お賽銭のようなものだ。
    文庫で読んだ本をまた古本で購入する。

  • 図書館で発見。
    でももう持ってる…?
    読みやすい文章の岡崎武志さんの本。

全22件中 1 - 10件を表示

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)の作品紹介

古本カフェ、女性店主の活躍、「一箱古本市」-いま古本がおもしろい。新しい潮流と古きよき世界を橋渡しする著者が、その味わい方を伝授する。店主との交流、個人の日記が売られる理由、神保町案内、さらにブックオフ活用法や古本屋開業の鉄則まで、この一冊で神髄がつかめる。

古本道入門 - 買うたのしみ、売るよろこび (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする